スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハ長調、ト長調、ヘ長調、変ホ長調・・・・・・Part2

『「白鍵だけの演奏」=「半音がない」=「ハ長調」』というのは何か違う気がする・・・。(--;

なんかトンデモナイ勘違いをしている気が当社比300%くらいシマス。


長調は
「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」
で音が上がっていくわけだから・・・ハ長調、ト長調、ヘ長調をそれぞれピアノの鍵盤でイメージすると、画像のようになるのかな?
20090614_01.jpg
Wikipediaより抜粋

ハ長調は、ハ(C)から始まるので、すべて白鍵でOK。
ト長調は、ト(G)から始まるので、Fが半音上がって黒鍵の位置になっている。
ヘ長調は、ヘ(F)から始まるので、Bが半音下がって黒鍵の位置になっている。


つまり・・・ト長調の場合で鍵盤のCから弾く場合は
C、D、E、F(半音あげるため黒鍵の#)、G,A,B,C・・・

へ長調の場合で鍵盤のCから弾く場合は
C,D、E,F,G,A、B(半音下げて黒鍵の♭)、C


あーー!!
ヘ長調だからFが第一音。
だから、ドレミファソラシドのドをFの位置から弾くというわけではなくて、ドレミファソラシドはあくまでもCDEFGABであり、その音程をあげていく際にに
「主音からの全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音であげていった場合の鍵盤を押す」
ということになるため、Fが黒鍵になるというわけか!(つまり#)



だ・か・ら!!(゚Д゚)



パンフルートは「ト長調で音程が上がっていく」
つまり、F管が黒鍵の位置で固定(F#)されてしまっているので、

ハ長調を演奏する場合は、Fは白鍵で弾く
そのままだとF管が半音上がって黒鍵(F#)になっている.
→F管を吹く時に半音下げる(♭)

ヘ長調を演奏する場合は、Fは白鍵、Bは黒鍵で弾く
そのままだとF管が半音上がって黒鍵(F#)になっている。
→F管を吹く時に半音下げる(♭)。
そのままだとB管が白鍵になっている。
→Bが半音下がっているので、B管を吹く時に半音下げる(♭)


よって、
・ハ長調では、F管を半音下げて演奏。
・ヘ長調では、F管、B管を半音下げて演奏。
ということになるのかっ?!!Σ(゚Д゚)



うぉぉぉ~、何か分かってきたかも!
完全に理解したわけじゃないけど、何となくつじつまが合ってきているのが分かります。もうちょっと、もうちょっと勉強すれば、なんか手応えがつかめる気がしてきたゾ!!ヽ(^∀^ )ノ


学生時代の音楽の授業では、こういう事を勉強していたハズだったのか!!
如何に不勉強で音楽にタイして無関心の学生時代を送っていたかがよ~くわかります。
全然覚えてないどころか記憶の欠片すらありませんです、とほほ。(つД`)

スポンサーサイト

Comment

[2177]

音楽理論は数学みたいですよねぇ。

音は物理法則に支配されているので、
音楽理論にはかなり理数系っぽい
感じを抱いておりますが・・・。

[2179]

■ 瑞閏殿
音は物理法則に・・・確かに。
そうかんがえると、音楽理論もつきつめていけば、物理世界の話になってしまうのでしょうね。(^^;


演奏するなんて、
「単純に楽譜どおり演奏するだけジャン!」
なんて軽く考えていたのですが、その見込みの甘さに今は非常に苦労しています。
む、難しや~(ToT)

[2180]

細かいところはよくわかんないけど、鍵盤の画像と「主音からの全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音であげていった場合の鍵盤を押す」を見る限りでは、おおむね合ってるっぽい気がします。

成長が早いw

[2181] 「楽譜を読む」って想像していた以上に難しいことなんだなぁ

■ 志田殿
偉そうに記事を投稿しているけど、まだ頭の中が???な状態。
キーになったのは、志田殿から教えてもらった
「長調は全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音で」
という箇所だね。これが無かったら、たぶん今でもワケワカラン状態だったと思う。これを理解するまでに時間がかかりすぎたよ。(つД`)

「楽譜を読む」って想像していた以上に難しいことなんだなぁ~ということが、演奏する側になってから初めてわかりました。
合唱の時はさほど気にしなかったのになぁ~(^^;

[2191] 追伸

G管パンフルートを持っている人が
武之介さんの楽譜で「カントリーロード」を吹く場合は、出だしのファの音から普通に吹いちゃだめで、半音さげて吹いてやらないといけないわけです。ファの音がでてくるたびにです。ですから 移調して「レミファ(♯)-で演奏したほうが楽なんです。

[2193] C管

■ おじゃまします殿
ほ、ほんとだ・・・
C管だったとしたら、白鍵盤が基本となるわけだから、「カントリーロード」のファは

『そのまま吹かなければならない』

はず。(゚Д゚)←管を傾けて無理に演奏していたオバカな男


ファが出てくるたびに#の音を出さなければならないとういのは、確かに大変。
その為に移調して演奏しやすくする・・・と。



『移調』?



わからないので、Wikiで調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%BB%E8%AA%BF

!!!
なんと、管楽器などでは
『移調に合わせ、調弦そのものをスライドさせる』
というトンデモナ事!(演奏の世界では当たり前の事なのでしょうが、私にとっては世界がひっくり返るくらいの大事件!!)がおきてるわけなのですかーーー!!!

鍵盤をイメージして考えると、確かにおっしゃる意味がわかります。
移調したほうが吹きやすいというケースが存在することも、なんとなくですがわかってきました。

大変わかりやすい解説を連続で投稿していただき、ありがとうございます!!
さらにこの辺りについては、いろいろ勉強してみます!
あとでわかりやすくなるよう自分なりにまとめてみるつもりですので、お時間があるときにでもみてやっていただければ、嬉しいかぎりです。
本当にありがとうございます、感謝感激です!(ToT)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/998-938de533

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。