スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パンフルート演奏】WAVEの音声波形によって知る演奏の違い

今日もいつも通りに広場で練習してきた結果がコレ。




























「20090524時点でのアメイジンググレイス」






























「20090524時点でのカントリーロード」

まぁどちらの曲も相変わらず吹き間違いやら、ピー!鳴らしている時点でまだまだなわけですが・・・ちょっと音声編集している最中で面白い事を発見しました。

それは
「WAVEファイルの波形」
です。
過去の演奏音声の波形と比べてみると、意外に変わっている場所が多くてびっくりしました。


まず比較した音声がコレ。



























「アメージンググレイス 新型パンフルート初お披露目版」
(5/16日の日記より)


本日吹いた音声の波形と、この演奏音声とを比較してみます。

20090524_01.jpg
(上の波形が本日、下が5/16版)

まぁどっちもたいしたことない演奏なのであまり見るべきところはないのですが、一番の変化が見られていると思われるのが、□で囲った場所

5/16版の方では、音がブチンッと切れてしまっています
しかし本日版の方は、多少ですが音を弱めつつ切れていくように努力の痕跡がみえます。(笑)
歌詞でいえば

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

青色の部分になります。
音声を聴いてみるとわかるのですが、確かに違うのです。(気のせい?)

まぁこれが良いのか悪いのかわかりませんけど、少なくとも
「ブツ切れ」
状態からは少しずつ改善されているんじゃないかなぁ~なんて思っています。
まだまだ音の入りがいきなり「ピー」とかなっちゃって強弱関係無しに入っている部分が多いし、ブツ切りもたくさんです。
部分的に少しずつ修正していって、その結果、曲全体が滑らかなメロディに仕上がってくれればなぁ~なんて思っています。



ちょっと科学的(?)な検証でございました。(笑)
こうやって検証でもしてやらないと、自分のやっている事に自信が持てないので。(^^;
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/983-7019a984

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。