スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザークの「チェロ協奏曲」を聴いて、チェロのすごさを改めて思い知らされました

最近パンフルートばかりになっているけど、しっかりとクラシックも聴いているよ~!

今宵、N響アワーで放送された
「チェロ協奏曲」(ドヴォルザーク)
がカッコイイ!!
(今宵はドヴォルザーク特集でした)

今までチェロってオーケストラ内に置ける脇役程度にしか見ていなかったのですが、このチェロ協奏曲内でのチェロの音が素晴らしすぎる!!

チェロ凄い!
チェロ凄いよ!!(゚Д゚;)



(3:28あたりからのチェロの独奏は素敵すぎます!!)

第一楽章は銀河英雄伝説でも使われていた曲でもあったので知ってはおりましたが、改めてチェロという楽器に注目してみると、その音色の何と柔らかいことか。
曲調が激しく勢いのあるメロディなだけに、チェロのソロ演奏がより際だつように感じられます。




(0:20あたりからのチェロ独奏がやっぱりカッコイイね!)

第三楽章もいいねぇ。
第一楽章ほどの派手さはないけど、チェロの豊かな音色とでも言うのでしょうか?
そんなチェロの独奏に続いてオーケストラ全体が追従してく箇所があるのだけど、そのシーンが鳥肌が立つほど好きかもしれない。(^^;
最後の盛り上げるシーンもかなり好きかもーーー!!!



バイオリンほど華やかな音ではなく・・・コントラバスほど重低音を奏でる訳でもない。中途半端な楽器だなぁ~とだけしか見ていなかったチェロですが、私が大変バカでした、すいませんでした。m(_ _)m
今後は今までとは違った感覚で、オーケストラを楽しめるかもしれません。



このCD、図書館にあれば借りてこようっと♪


しっかし、ドヴォルザークの曲ってかっこいいなぁ!!
番組内で、解説の西村朗氏が
「豊かなメロディを作り上げる」
(うろ覚えだけど、こんな感じだったはず)
と言っていましたが、今日の放送を聴いてナルホド納得です。

同じく番組内で放送された「交響曲第9番 新世界から」も銀河英雄伝説ではおなじみの曲なのですが、オーケストラで聴くと、これがめちゃめちゃカッコイイ!!!(≧▽≦)
ホルンとトロンボーンの力強い演奏に加え、気分を焦らすかのようなスピーディーな弦楽器やティンパニが入ると、否が応でも曲が盛り上がります!
くはっ、この「新世界から」の第4楽章をぜひ生演奏で聴いてみたい・・・

そんな素晴らしい曲を作ったドヴォルザークですけど、西村氏の話によれば
「鉄道マニア」
だったとか。(笑)
意外だなぁ~!!!


あと、言い忘れましたが、銀英伝最高!!
スポンサーサイト

Comment

[2135] 銀河英雄伝説

これを観たという人を結構よくききます。面白かったという評がほとんどです。自分は観たことがないのですが、一回見てみたいものです。個人的にはジ○リ、ガ○ダム、ボ○ムズなどしか観たことがないもんでして。うわさによると人間ドラマが見ものとか聞いております。
ドヴォルザークですか。図書館で探すのもいいかもしれませんね。昨日もギターのCDを購入したのですが、時々オーケストラに戻るときがあり今だとチャイコフスキーのCDを聞いて満足しています。もう少し交響曲みたいなのを増やそうかと考えていたのでこれも選択肢にいれてみようかと。e-432

[2136] 銀英伝は最高です

■ 椿三十郎殿
今までたくさんの本を読んできましたが、その中でも最高の作品であると思っています、私の中では。
銀英伝をはじめて読んだのは高校生のときでしたが、授業中だろうがお構いなく、夢中になってむさぼるように読んでたなぁ。
おかげで、その時のテスト結果がすごい結果だったのも覚えておりますが(汗)

ジ○リ作品をいきなり吹いておりますが、実をいうとジ○リ作品をあまり見たことがなかったりするんですよね。
劇場版でみたのは、「茄子 アンダルシアの夏」が最後でしたし。
そんな訳ですから、せっかくの楽譜も半分くらいは知らない曲ばかりです。(^^;

私の場合、
「聴いて楽しめるか?」
がクラシックを選曲する場合の判定になるので、こういったクラシック番組で放送してくれるのはありがたいですね。
チャイコフスキーも名前ぐらいしか知らないので、どういう曲があるのかさっぱりです。(^^;

交響曲や協奏曲といったさまざまなジャンルがあるみたいですが、正直な所、どれがどう違うのかすらあまりよくわかっていなかったりしてます。(^^;
あまり肩肘を張らずに、純粋にメロディを楽しんで、その上で曲自体を好きになれたなぁ~なんて思いますね。

[2137]

チェロ、いいですねぇ。
ひとの声に近く、
暖かみのある音色がたまりません。

中音楽器と言うことでは、
私が放擲したトロンボーンも同様ですが、
こちらは今ひとつ影が薄いです(笑)。

[2139] 中音楽器

■ 瑞閏殿
チェロっていうと引き立て役みたいな存在でしか捉えていなかっただけに、本当にビックリです。素敵な音色ですね~、暖かみのある音色というのは同感です。

トロンボーンも難しい楽器だなぁ~って思います。
吹奏楽などにおいては、トランペットよりも下でホルンよりも上に位置するのでしょうか?まだ知識が浅いので、どういった役どころなのかわかりかねますが、なかなか表には出てこない楽器ですよね。
こんな風に少しずつ少しずつ、1つずつの楽器に着目していくと意外にオーケストラって面白いのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/982-58d4978d

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。