デジタルカメラの「画素数バトル」の次は??

私がいつも読んでいるニュースサイトにて、タイトルのような記事が取り上げられておりました。

確かにデジタルカメラといえば、まずは「画素数」が思い浮かぶことが多いと思います。
一時期は「○○○万画素搭載!!」というキャッチフレーズと共に、様々な新製品が紹介されましたね。
まったく無くなったわけではないにせよ、一時期のような画素数だけを売りにした商品宣伝は無くなったように思えます。
(気のせいかもしれませんが)


画素数の次のウリは?ということで、ニュースサイトのほうでは様々な投稿がありました。
まぁこれはどのような用途でカメラを使っているか?によって、ほしい機能が変わるわけですから、投稿も十人十色になるだろうけど、私としては
「軽量化」
「小型化」
を図りつつ
「シャッターチャンスを見逃さずにすむ」
ような新しいインターフェースができてくれるといいなぁ~って思います。

サイクリング最中にネコ様と遭遇し、急停止して(たいていここで逃げられますが(笑))、バックからカメラを取り出して、電源を入れて、ピントを合わせて撮影……・ってやっている最中に逃げられてしまうこと多数……(つД`)

ヘッドマウントディスプレイのようにカメラをヘルメットにとりつけて、ボタンを押したら即撮影!!みたいな事できないかな。


ちなみに、長年愛用していたCANON IXI DEGITAL400を無くしました…(つД`)アー
去年の12月から、サイクリングに出かけても写真がとれてません。
ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
スポンサーサイト

Comment

[2039]

まだまだ高画素を売りにしている
メーカーは多いですよ。
しかも普及クラスでのことが多く、
言葉は悪いですが素人騙しの感じがしています。
(双眼鏡の場合は倍率が素人騙し(笑))

デジタルカメラを選ぶ基準は、
画素より撮影素子サイズですが、
1/1.63型とかになると、
コンデジでもそれなりのお値段に
なるんですよねぇ・・・。

どうしてもタイムラグを生ずる
電子シャッターでは、
撮影チャンスを逃しがちです。
昔のフルメカニカルカメラなら、
シャッターボタンとシャッターが
ダイレクトにつながっていたんですが・・・。

[2040]

■ 瑞閏殿
まだまだ画素数宣伝は多いですか~。
でも画素数って、確かにわかりやすい指標でもあるんですよね。
数が多ければ鮮明に(というか、細かくなるというのが正しいかな?)写るのは確かですし。
そういう意味では、双眼鏡や望遠鏡の倍率に確かに似てるかも。
倍率が高いから鮮明に見えるわけではないのですが、どうしても気になってしまいますし。(^^;



デジタルカメラを使用する限り、タイムラグは仕方ないことなんですね。
様々な利便性により、既存のカメラを駆逐する勢いのデジタルカメラですけれども、どうしても及ばない点はあるっていう事でしょうか。(^^

[2042]

>数が多ければ鮮明
ところがどうもそうでもないらしいです。フィルムに比べて明らかに小さな撮影素子を細かく分割すると、一画素あたりの受光量が減って美しい画像にならないんだとか。

たくきよしみつ氏は以前にご紹介したことがある(と思います)デジタル方面のライターですが、「デジカメに1000万画素はいらない」という本がそこそこ売れているらしいですよ。
http://takuki.com/

倍率が高いと無駄にぶれるだけで、手持ちの双眼鏡では10倍が限度のようですね。私は今日も8倍双眼鏡持参で鳥見歩きをしてきました(笑)。

[2044] 撮影素子サイズ

■ 瑞閏殿
なるほど!
画素数が増えたことことによって、一画素あたりの受光量が減ってしまうわけですね!!!
あ~、それならすごく納得できます。
それで撮影素子サイズになってくるわけですか~。

「デジカメに1000万画素はいらない」
は、確かに一読の価値はありますね。
あれで私も考えが変わった部分が多かったですし。


「倍率が高い=拡大する視野が狭くなる=ブレが大きくなる」
ということですよね。
週末に、天体観測会があったので、またまた行ってきたのですが、フィールドスコープでも土星が見えることにびっくりしました。
ただ、さすがに手持ちということはできないので、三脚に固定して使う形になりますが、あのくらいの性能が発揮できるのであれば・・・とますますほしくなってきてしまった次第です。
でも、そのときに使用していたフィールドスコープって、対物レンズがすごく大きいんですよね。たぶん82mmというやつだと思うのですが・・・。
ためしに値段を調べてみたところ、15万!!!(゚Д゚ )!!!

アカンですたい(ToT)

[2045]

私は、購入した低価格双眼鏡の性能がわりあい良いので、ビクセンのファンになっているところです(笑)。

ニコン、コーワなどの一流メーカーに比べ、多少は遜色があってもコストパフォーマンスは高いという評判もありますね。

で、いずれはフィールドスコープも欲しいなぁと考えており、下記の激安品などが気になっているのでした(笑)。
http://www.vixen.co.jp/fs/index.htm

[2046] ジオマII 82-A!!

■ 瑞閏殿
ビクセンの「ジオマII 82-A」がいいなぁ~って思ってました。
ビクセンって、コストパフォーマンスに優れたメーカーだったのですか。(゚Д゚ )

私の用途は野鳥観察ではなく、スカイウォッチングになります。遠い天体は無理でも、近くの天体であれば十分使えるし、望遠鏡のように持ち運びに不便さを感じないので、フィールドスコープを考えていました。
フィールドスコープの購入の際には、対物レンズや本体の大きさ・重量程度しか考えていなかったのですが、他に気をつけるような点ってあるのでしょうか??

[2047]

フィールドスコープに関しては良く分からないのですが、やはり野外に持ち出すものなら双眼鏡同様に防水であるべきなんでしょう。その点、ジオマII 82-Aは大丈夫みたいですね。

デジスコにはEDレンズでないと色がきれいに出ないという話ですが、ジオマのもっと上位シリーズでないとEDレンズは付かないみたいですね。
防水でなくともいいから、安いジオマのEDレンズ付きジオマII ED52-Sが欲しいかも・・・(笑)。

あと、「口径÷倍率=ひとみ径」ってあるでしょう。要は対物レンズの大きさに関わることですが、ひとみ径が大きいほど光を集めやすいそうですから、星空用には大口径ということになるんでしょうね。

因みに私の双眼鏡のひとみ径は3.1mm(アイレリーフ20mm)です。現物を確認せずにamazonで購入したのでやや不安だったのですが、鳥見には十分でした。

[2048]

■ 瑞閏殿
防水ですか。
雨の日は基本的に夜空を眺めることはできないでしょうから、夜露とかの対応策みたいなことになるのでしょうか?

EDレンズ??
という状態だったので調べてみましたが、低分散性、異常分散性のレンズということなのですね。色収差の少ないということらしいですが。
これがあるとないとでは、どのくらい変わるのかがわからないところですが、もっと上のランクでないと付かないということは、よっぽどのものなのでしょうね、はぁ。(つД`)

確かに光を集めやすければ集めやすいほど、夜空を眺めるには良いと思います。
なるほど・・・そういうところも要チェックですね。う~ん、まだまだ勉強不足が多いなぁ。
レンタル等があればちょっと使ってみて・・・ということができるのですが、そういうのがあるのかなぁ。

[2050]

そうでした、星空観察に防水は不要でしたね。野鳥観察には必須かもしれませんが・・・。

レンタルは分かりませんが、星空観察会のような催しで、実際に覗けたりするんじゃないでしょうか。ビクセンにも「トナかい」というクラブがあって、観望会を催しているそうですよ。
とりあえず下記で無料のメルマガ会員登録をしてきました。
http://www.vixen.co.jp/tonakai/index.htm


以前に「大江戸花鳥風月名所めぐり」という新書ノンフィクションを読んだことがありますが、江戸時代からバードウォッチングってあったんだなぁと思います。あぁ、フィールドスコープ欲しい・・・(笑)。

[2051] 江戸時代のバードウォッチング

■ 瑞閏殿
瑞閏さんのおっしゃる通り、いろんな観測会で実物をのぞける機会は多いですよね。
あせって購入するよりも、そういった観測会でいろいろ聞くことをまずやってみようと思います。
せっかくフィールドスコープによる天体観測もやっているわけですからね。

江戸時代からバードウォッチングですか!!
そういう視点で江戸を見たことがなかったので、それは驚きです。
確かに名所を絵として残しているのは知っておりましたが、花鳥風月を題材にしたものまであったとはなぁ。
自然を相手にした楽しみが多かった(とういか、それしかなかった)江戸時代なわけですから、バードウォッチングはある意味当たり前のことだったのかもしれませんね。


>あぁ、フィールドスコープ欲しい・・・(笑)。
瑞閏さんも、私と同じく欲しい欲しい病の発病!(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/930-9b015ce0

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する