本日より復活します~

長らくお休みしていたBLOGを、本日より復活します~。
といっても本格復活にはほど遠い、プレ復活ですが。(^^;

3月に入って家族が緊急入院することになり、ちょっとWebどころじゃなくなっていたため、HPもBLOGもお休みしておりました。
体調も落ち着いてきて、退院の日も見えてきそうなくらいに回復してきたので、ようやく落ち着きましたところです。
いやぁ、初めて救急車というのを呼んだわけですが、救急隊の方々の手際の良さには感服しましたよ。
彼らには、心の底から感謝したいものですね。( ^▽^)


辺りはいつの間にか、ぽかぽか陽気が続く春の季節に突入。
花粉もかな~り飛んでいるようで、毎朝起きると
「鼻づまりがぁぁぁぁ~」ヽ(`Д´)ノ
という日々になっておりますが、春の陽気というのはそれがあるだけでも心がワクワクしてくるものですね!!


春うららかな陽気に囲まれつつ、コーヒーを飲みながら、北方謙三の「水滸伝」を読むのがここ最近の楽しみになってます。
めちゃくちゃ楽しいです、水滸伝~♪
ゲームで愛用していたキャラクターが活躍する様などを読むと、これまた嬉しいものですね!
魯智深や武松があれほどまでにカッコイイやつだったとは・・・
ただの荒れくれ者だとばかり思ってた。(^^;



今後もコソコソっと更新していきます。
どうぞよろしく。
スポンサーサイト

Comment

[1748]

ご復活おめでとうございます。
ご家族の入院とは大変でしたね。
肉体的疲労の上に精神的ストレスも大きいですからね。

私の家族も、昨年大変に救急車にお世話になりましたが、
本当に手際よくて助かりました。

タクシー代わりのような、必要のない救急車要請によって
当市の救急出動はパンク寸前らしく、トリアージを導入するようですが、
結果的に必要なかったと分かったら有料化しても良いんじゃないかと思っております。

[1749] 救急

■ 瑞閏殿
付き添いのときに水滸伝を読むのが、ひそかな楽しみだったりします。(^^


一度でも家族が急病で救急車にお世話になることがあれば
「安易に救急車を呼べないよな」
って普通なら思うと思いますけどね。
タクシー代わりに使うだなんて、信じられませんよ。
有料化という話が出たとしても、こういうことであれば仕方ないなって思えます。

トリアージなんていうものまであるのですね。
理解はできるものの、いざっていう時のことを考えると、さすがに考えてしまうところがあります。(^^;

医療の世界って本当に難しいなっていろいろ経験させられましたよ。

[1750] そんなことになっていたとは...

しばらく更新がなかったので、何かあったのかと思っていました。体調が落ち着いたとのことで何よりです!

家族の心配もいいですけど、自分も気をつけてくださいね。僕は最近9時には帰るように…、限界になる前にストレッチとかセルフマッサージとかするようにしておりますです。だめになったら温泉と鍼灸。

[1751] リフレッシュ

■ 志田殿
人間、何が起こるかわかったものじゃないね~。
本当、健康だけは常日頃から気をつけたいと思うよ。

仕事疲れ以外にも、日常生活上で様々なストレスがたまるはず。
そういったストレスの発散も大事だよね。
温泉と鍼灸かぁ~、なんか普段の志田殿からは創造できないようなリフレッシュ方法だね。
どちらかというと、私寄りの手段に思えるけど。(^^;


今度、近場で毎週土曜日の早朝に
「太極拳」
の講習があるみたいなので、ちょっと参加してみようっと思っていたりしてます。
ストレッチっていうほどじゃないけど、太極拳のようなゆったりした動きで朝日を浴びつつ体を動かすのは、いいリフレッシュになるんじゃないかなぁ~と。
問題は、早起きできるか?になるけどね。(^^;

[1752]

念のためですが、トリアージって言っても、
救いようがないから放置する訳じゃありませんよ(笑)。

要請があった際の質問項目を増やして、
自力で行けそうなら遠慮して貰うとか、
出動人員(現在は一律4人)の数を
適宜増減するとかして、
何とか余裕を作ろうとしているみたいです。
これ以上予算は増やせない、
いっぱいいっぱいの状態のようですから。

昼間は混んでいるからという馬鹿げた理由で
気軽に救急診療に訪れる患者も
救急医療崩壊に拍車をかけていますが、
無駄な救急要請と根っこは一緒でしょうねぇ。


さて、北方水滸伝は格別面白いですが、
最近面白かった本のご紹介を置いていきますので、
ご笑覧ください。



のぼうの城/和田竜

武州忍城(おしじょう)の攻防を描いたものです。
城代成田長親のキャラが傑作で、
鈍重で才気も武勇もなく、領民たちから
でくのぼうを縮めて「のぼう様」と呼ばれるくらいに
冴えない中年男ですが、
北条征伐の秀吉軍に攻められるにあたって
意地だけは貫き通すのでした。
好漢の活躍する歴史小説という点では
ありがちかもしれませんが、
読後の爽快感は良うございましたね。

忍城を攻めるのは石田三成ですが、
冷淡卑怯な小才子というありふれた人物像ではなく、
美意識が高いあまり自他に厳しいエリートで、
彼も一個の好漢でした。

[1753] 成田長親

■ 瑞閏殿
トリアージって、要するに緊急医療時における優先度の決定のように思っておりましたが、そういうことですよね?
せっかく救急医療にお世話になったのだから、こういう事を少しは調べておいてもいいのかもしれませんね。
ちょっと調べてみよう。

>のぼうの城
成田長親についてはあまりよく知らないのですが、成田というと、どうしても上杉謙信との確執があった成田長泰に目がいってしまいます。
「信長の野望」でもまぁまぁの能力値でしたから。(笑)

「のぼう様」と呼ばれるくらいのさえない男が、絶体絶命の際に見せる意地っていうあたりがなんとも面白そうですね!
マイナー武将を取り扱うあたりも私好みですし、今の水滸伝を読み終えたらチェックしてみようと思います。
さっそくチェックリストに追加ですっ!

[1754]

「トリアージとは」で検索したらトップに表示されましたが、
この第3順位の患者が救急(車も医療も)を使うのが多いんでしょうね。
http://www.yokosukashi-med.or.jp/topics/saigaimanual/3.htm


↓猫キャバならぬ猫カフェです(笑)。
http://nekonosumika.com/

[1756] ご苦労様でした

ご家族に急患の方が出られたのですか。びっくりされたでしょう。自分も十年近く前でしょうか。母が急患で救急に運ばれることになったとき付き添いで一緒に乗ったことがあります。v-451

[1759]

■ 瑞閏殿
トリアージを決定する場合も、相当な知識と経験が求められるように思えますね。
そう簡単には決められないことだけに、本当に大変な仕事だと思えます。

>猫カフェ
Σ(゚Д゚)

(´∀`*)


■ 椿三十郎殿
びっくりしましたね。
一緒に乗ることはありませんでしたが、救急車のありがたみを、骨の髄から感じましたよ。

タクシー代わりに気楽に使おうだなんて、到底考えられませんよね!

[1761] わたしもぼちぼち…

 ごぶさたです。
 わたくしも、今年に入ってから目の回るような忙しさに翻弄されておりましたが、やっとお役目が済みました。
スロースターターなのでぼちぼち参加です。
 今年の江戸検は一部テーマ問題が出されるとか。「江戸城ー将軍と大奥」
うーんどうしよう。今年は一級受けようかまだ悩んでます。去年結構とんでも問題で痛いめ見ちゃったし…
ていうか、テキスト内容あらかた忘れてしまった(ガックシ)
ぜんぜん関係ないけど、昨日数十年ぶりにバドミントンやってみたら、腕痛、腰痛、足痛でヨレヨレです。
 やっぱりお家で「モンスターハンターポータブル」がよかったかな。
っていうか、きょうは古文書でした。復習終わってないし。

[1762] テーマ問題

■ きちえもん殿
お仕事ご苦労様でした。
これからはやっと、ゆっくり江戸に取り組めますね!(^o^)

江戸検は一部テーマ問題ですか・・・。
「江戸城ー将軍と大奥」
う~ん・・・庶民文化が好きな私としては、ちょっと雲の上の話であるため、いざ受験したとしても難しいでしょうね。(^^;


数十年ぶりにバドミントン!!!
それは確かに体中が筋肉痛になりますよ。
私も始めてバドミントンをやったときは、腕やら足やら腰やら・・・もう体中が悲鳴あげてましたから。

「モンスターハンターポータブル」
といえば、私の身の回りでも始めた人間がいるんですよね~。
面白いのかなぁ~?
水滸伝にはまっている私ですので、水滸伝がらみで何か面白いゲームが出てきてくれないかなぁ~とひそかに思っていますけど、望みは薄そうだなぁ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/771-82d4e0fd

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する