スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルビデオカメラが欲しい・・・( ゚д゚)ホスィ…

『欲しい欲しい病』

が武之介体内に蔓延している模様。(--;
年明け早々、物欲全開ダダダッ!!ヽ(`Д´)ノ

コーヒーメーカーに引き続き、今度は「デジタルビデオカメラ」も欲しいという思いがグングングンッ!!

「デジタルカメラを持っているのであれば、必要ないんじゃ?」
なんて思っていたのですが、元旦スキーを経験して改めて思ったのです。
『自分のプレイスタイルを客観的に見てみたい』
と。

様々なスポーツで言えることなのですが、練習の時に
「鏡を見てフォームをチェックしろ」
と言われます。
鏡に映った自分の姿を見て、自分のフォームと上手い人のフォームの違いを見つけるのが狙いなわけですが、そのような鏡などはなかなかありません。
となると、自分のPLAYを録画するのが一番。
しかしビデオカメラとなると、機材もさることながら、録画テープなども結構な荷物になってしまいます。
というわけで、欲しいながらも敬遠していたのですが、ふと店頭に並べられていたデジタルビデオカメラを見てみたら

「最近のビデオカメラはここまでの性能になったのかっ!」Σ(゚Д゚)
「デジタルなら、録画テープなんて不要じゃん!」Σ(゚Д゚)

ということで、長年暖めていたビデオカメラへの恋心が一気に大噴火!(笑)
カタログ片手にフムフムと頷きつつ、Web上のデジタルカメラ関連のサイトを閲覧する毎日がSTART。


主な用途は
「バドミントンのPLAY録画」
「サイクリングの走行映像の録画」
を今のところ考えております。
(他にもいろいろな用途に使えそうですからね!!合唱もイケルのではっ!!)
それゆえ、デジタルビデオカメラに求める性能は
・携帯性
・耐久性
をまず第一に。
それ以外については、まぁそれなりの性能があればOKというレベルです。
この条件にみあう製品はないものか?と、夜な夜なWEBサイトを渡り歩いております。(^^;


もし購入ともなれば、それなりの出費は覚悟しなければなりません。
それゆえ、商品選びは慎重にいきたいものです。
じっくりデジタルビデオカメラについてを勉強しつつ、後悔のない商品選択をしたい。


どこぞか良いサイトをご存知の方いらっしゃいましたら、教えてクダサイ。m(_ _)m
スポンサーサイト

Comment

[1681]

ケンコーというカメラ用品メーカーでは
本体も細々と作っていますが、
昨日、ディスカウントショップに
1万円のデジタルビデオがありました。
http://www.kenko-tokina.co.jp/dsc/index.html

スペックに関してはあまり期待しない方が良いでしょうが、
とにかくこの価格で売れると言うことに驚きです(笑)。

[1683] 一万円っ?!!

■ 瑞閏殿
1万円のデジタルビデオカメラっ???Σ(゚Д゚)

確かにスペック的にはあまり期待はできないのでしょうが、その値段は驚きですね~。
練習用に買ってみても良いかもしれません。
実際に使ってみて、「○○な機能がほしい」みたいな洗い出しもできそうですし。

高い買い物だけに、いろいろと迷ってしまいます。
迷っている最中が、一番楽しいのかもしれませんが。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/752-53f8f3fb

エグゼモード、720p対応ビデオカメラ「DV580HD」

KFEは、SDカード対応のデジタルビデオカメラ「DV580HD」を2008年1月10日より発売する。 41(幅)×68(高さ)×111(奥行)mmで質量約227gの小型軽量ボディに、1/2.5型503万画素CMOS/3.0型液晶モニタを搭載。H.264方式に対応し、720p(1280×720画素)のハイビジョン撮影が可能...

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。