スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ふたご座流星群』を見てみよう!

天文好きにとっては、これまた楽しみな
『ふたご座流星群』
が到来しております!

(国立天文台のページ:ふたご座流星群を眺めようキャンペーン

HPによりますと、もっとも流星群が顕著にみえるのは12/13の今夜となるのですが、残念ながら天候不順なため、見られる地域は限られてくるようです。(つД`)
とはいえ、流星群は15日あたりまで見ることができます。
14日あたりからは天候が回復するらしいので、きっと素晴らしい流星群が見れるはずです。
(今年は月明かりもないので、更にいいかもっ!!)


詳しいことは国立天文台のHPを見てもらえばわかりますが、観測するポイントとしては
<道具>
・望遠鏡、双眼鏡は特にいりません。

<場所>
・外灯などの照明があまりない場所が良いかと。

<時間>
・夜であればたいてい見れるはず。(特に指定なし)

<見る方向>
・夜空の全方位となります。(特に指定がありません)
(※理由については、HPにて詳しく書いてあります)
『特に視点を絞るようにみるわけではなく、広い視野で夜空を眺めるような感じ』
で見ることをオススメします。



<※注意点※>
・真夜中の観測になるので、防寒装備を十分にしてください。
・車などの交通事故にも気をつけて。
・お一人での観測はせず、できるだけ数人での観測を。
・野外に出ても、目がなれるまで15分ほどかかります。


これらに十分気をつけた上で、夜空を流れる『ふたご座流星群』をご覧になってくださいね!( ^▽^)
スポンサーサイト

Comment

[1653] 流星群というと・・・

ペガサス流星拳!!ではなく“ペガサス流星群”と言うのがあったような気がしますがありましたっけね?違うような気が・・・。この間の火星のときは見逃したままなので観てみたいものです。“夜空全域”というお話なので見つけやすいでしょうか。“ふたご座”と聞くと自分の生まれ月がそうなので気になります。昔、空を見てみてもみつけられたのは“オリオン座”のみであとはよくわかりませんでした。まぁとりあえず空が晴れてくれないと話にならないので明日の夜晴れてくれたらいいのですが・・・。

[1654]

■椿三十郎殿
「ペガサス流星拳」は別物っす。(笑)
とはいえ、あれを見ているだけでも、様々な星座が登場してきますから、興味の対象を選定する大きな理由になるのではないでしょうか。
「そんな星座あるのかよ?」
っていう星座まで登場してきますし。


私も星座に関しては詳しくは知りません。
せいぜい有名な星座を知っているだけです。
でも、観測のコツとしては
「春・夏・秋・冬の代表的な星座を1つずつ覚えておく」
ということだけでも、かなり違ってくると思いますよ。
今の時期だと、オリオン座を基点とすれば、様々な星座を探すことができますからね。

そこから先は、やはり興味を持っての勉強が必要となってくるのでしょうが・・・なかなか勉強とまではいかないところが私の限界かと。(^^;
でも機会があれば、本格的に勉強してみたい分野でもありますね。
興味だけは、今後もずっと持ち続けていたいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/730-03be899e

流星 を一語で検索

流星での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。