スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇都宮市でバドミントンの試合観戦

宇都宮市河内町体育館にて行われた、バドミントン大会の観戦に行って参りました!
20070930_01.jpg





地区大会ということもあって、私のように観戦目的で来ていた人はほとんどおりませんでしたが(みんな関係者ばっか)、試合自体はかなり熱い展開の目白押しでした!
私自身もバドミントンの試合観戦がこれで4回目。
試合観戦にも慣れてきたようで、スタンドに座りながら
「コーヒーうめぇ~。おにぎりうめぇ!」(≧▽≦)
とモグモグとやりながら、じっくりゆったり観戦です。(^^;
(慣れたというより、単純に怠けているだけか?(笑))


バドミントンの試合には、他のスポーツにはみられない
「極端なスピードの変化」
という特徴があります。
そんな、バドミントンの試合について、今日はちょこっと語ってみます。(笑)





スマッシュなどの強打では、
「初速が300km/h」
というとんでもない速度を誇ります。
逆に力を抜いてネット際に落とし込むショットは、ふわ~りと飛んでいきます
シャトルスピードがこれだけ変化すると、打つ人間の方でもそのスピードに見合った対応をとらざるを得ません。
相手のスマッシュには、まさに瞬間で対応せざるを得ません。
ハイクリアなどであれば、ゆったりと構えて打ち込むことができます。
それゆえ、試合展開自体にも自然と緩急が生まれてくるわけです。


こうやって試合展開にスピードが生まれた上に、今度は
「駆け引き」
の要素が加わってきます。
「スマッシュを打ってくるか?」
「ふわりとした緩いショットを打ってくるか?」
「右か?左か?」
「奥か?ネット際か?」
スピーディな展開に加えて、こういった相手との駆け引きを考えなくてはならないところが、バドミントンの難しいところであり、面白い所なんだと思います。



「バドミントンの試合を見たことがない」
という人は結構いるんじゃないのかなぁ~。
ぜひそういう人には、一度で良いから生の試合を見てもらいたいなぁ。
試合展開の多彩さにきっとビックリするはず。
そして興味を持ってもらったら・・・バドミントンを実際にPLAYしてみる・・・と。(勧誘だ(笑))




あー、見るだけじゃなくて、バドミントンがやりたいよぉ~。(つД`)

この燃えたぎった心は、プールで1時間ほど泳いでさましましたとさ。
スポンサーサイト

Comment

[1555]

スポーツにおいては相手の出方の「予測」が大事だと思うのですが、
速度変化の激しさが予測しづらさを生むスポーツでしょうか。
それだけ、駆け引きが面白くなりそうですね。
野球のチェンジアップみたいっす(笑)。



[1557] 相手の動きを予測する難しさ

■瑞閏殿
確かに相手の動きを「予測する」ということは、多くのスポーツにおいて必要なことですね。
バドミントンは、身体的能力も必要ですが、一打一打を
「考えて打つ」
という難しさもあるんだそうです。

駆け引きの面白さもわかってくるとますます面白くなると思うのですが、まだまだ修行不足のようです。

もっともっとがんばります(笑)


チェンジアップ以上に落差が激しいですよ~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/680-b696e8ad

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。