「星の王子様」を読んでみたい!

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの「星の王子様」が気になってます。
実は、今の今まで読んだことがなかったのですよっ!!(゚Д゚)b


天体観測会が中止となったため、プラネタリウムを鑑賞することになったのですが、そこで放送されたのが
「星の王子様」
と題した番組。

「大きな象を飲み込んだ蛇の絵」
を見て、私も帽子にしか見えなかったことに唖然。(゚Д゚)
そして
「私も子供の心を失ってしまった大人の仲間入りしていたのかーーっ!!」
とショックッ! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


せっかく興味を持ったことでもあるし、これを機会にこの名作について触れてみるのも悪くないはず。
せめてあと5時間ばかり早く出会っていれば、図書館が開いていたのになぁ~。
読みたいけど、購入するとまでなると、二の足を踏んでしまいます。

お昼休みにでも抜け出して、借りて来ちゃおうかなっ?
スポンサーサイト

Comment

[1486]

切な~い気分になる小説です。
何となく児童文学の括りになっていますが、
本来は大人のための寓話でしょうね。


[1490] 星の王子様

■ 瑞閏殿
プラネタリウムで流された番組も、なんだか切ない気分になるアニメでございました。
児童文学だろうと面白いものは面白いと思うので、やっぱり読んでみたいです。
今週末は図書館にれっつ・ごー!ヽ(`Д´)ノ

[1492] いいですね!星の王子さま

私は保存用と読む用の二冊持っています……
(≧ω≦)b

手放しで「いいよ!」とは言えませんが、なんか知らんけど泣けます…。
子供心を忘れてしまった自分が、恥ずかしくて泣けるのかもしれないな~
( ノД`)

[1493] 子供心

保存用と読む用の二つっ!!Σ(゚Д゚)
その愛着ぶりがひしひしと伝わってまいります。(笑)


プラネタリウムで放送されたアニメも、なんとなく切ない気分にさせてくれる物語だったので、
「原作の方もこんな感じなのかなぁ~」
って思っておりました。
大人になってしまって忘れていることって、かなり多いのでしょうね~。
子供のころに感じた「感覚」っていうのを、今一度体験しなおしてみたいものです。
そういう意味もあるので、これからもいろんな知らないことに触れ続けて生きたいですね。
きっとわくわくドキドキするはずですから!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/642-d68b25e1

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する