「お江戸でござる」 再発信っ!!(≧▽≦)

CSファミリー劇場にて
「お江戸でござる」
の再放送が始まりましたーーーっ!!!


久しぶりにあの
「ちゃらら・ちゃっちゃちゃ~ら・ちゃらら~ら」
というおなじみのBGMが流れると、何とも言えない気持ちになっちゃいましたね。
やっぱり私はござるが好きだったんだなぁ~。(つД`)

「お江戸でござる」が終わってから、「道中でござる」になって・・・そしてそれが終わってから数年が経過。
再放送がまったく期待できなかっただけに、こうやって再会できることが非常に嬉しいっ!!


さぁ、それでは1995年版の「お江戸でござる」についての気づいた点をいくつかご紹介です。
長年見続けていた番組だっただけに、
「あれ?最初はこんな感じだったのか?」
と、様々なところの違いが見られました。
そういう意味では、非常に新鮮な感覚でみれた「ござる」でしたねっ!( ^▽^)



やっぱり「お江戸でござる」はいいなぁ。


■徳次ぃぃーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ
伊東四朗殿が扮する「徳次」の登場っ!!
途中から降板してしましましたが、やはり彼の存在は非常に大きいね。
えなり君や金造さんも良かったけれども、やはり芝居を締める意味でのまとめ役としては、年期の違いを大いに感じます。
私自身、数回ぐらいしかこの「徳次」を味わったことがなかっただけに、非常に新鮮な配役でございました。

そうかぁ~・・・これがかの「徳次」だったのかぁ~。Σ(゚Д゚)


金造さんがまだ番組に慣れていないなぁ~という所も、番組初期ならではのことなんだろうね~。(^^



■魁さん・重田さんがいないっ!!
これも驚きっ!!
てっきり金造さんと同じように、最初からレギュラーだったのかな?と思っていたら、どうやらそうでは無かったみたい。
栗田貫一殿が、どうやら最初はレギュラーだった模様。
歌についても、香西かおりさん一人で独占だったようです。



■テーマ曲が微妙に違う
これは番組が続く事に、少しずつアレンジされていったのでしょうね~。
番組中盤以降の音程・リズムになれてしまった私には
「あれれ?」
とちょっと違和感が。(笑)




■大人数の出演者
ちょっ!!!!Σ(゚Д゚)
っていうくらいに、すごい数の出演者です!
通行人という方々まで出演者にしていたんですね~。
番組中盤以降には、こういう形での出演者はいなかっただけに、あまりの大人数ぶりに驚きました。





そ・し・て・・・

杉浦日向子先生


の登場でーーーーすっ!!!
うほーーーいっ!!
と喜んだ瞬間でしたっ!

■杉浦先生が着物姿じゃなーーーーいっ!!!Σ(゚Д゚)
「ござる」の場においては、初めて見たーっ!!
着物姿ではない杉浦先生っ!!
洋服姿の先生もたいへんお綺麗ですっ!
そして、相変わらず可愛いですね~!!。(≧▽≦)

すーーぎーーーうーーーらーーー先生ぇぇぇぇっ!!!ヽ(`Д´)ノ
(↑少々壊れ気味(笑))


番組最初の頃だから、杉浦先生も慣れていないんじゃないのかなぁ~って思っていたら、杉浦先生は相変わらずのマイペース。
あのゆったりとした口調で、親切丁寧に江戸の話をしてくださいました。」
いつ聞いても、何回聞いても・・・いいなぁ。


お話の内容は、「おもしろ江戸話」となっておりましたが、
「本日の間違い」
というところから、江戸の話に発展しておりました。
(つまり、○○事情という独立したコーナーは無かったみたい)

「もっと話を聞いてみたい!」
という要望が多かったのかもしれませんね。




■出演者への質問がない
杉浦先生のお話が終わった後にあるかと思ったら、そのまま番組が終了してしまいました。
「お江戸でござる」の出演者への質問は結構好きだっただんだけどなぁ~。
(「道中でござる」の時は、場当たり的な話題作りだったので嫌になりましたが)

まぁこの分、杉浦先生の話が長くなってくれると、非常に嬉しいんですけどね。(笑)







久しぶりの「ござる」を見ていたら、我が心に何かふつふつと燃えるものが。
素晴らしい燃料の投下によって・・・武之介の動力機関は再度動きだしちゃったのかも知れませんっ!!!

最近はサイクリングやバドミントン等の運動系ばっかりでした。
これを基点に
「江戸の男」
に舞い戻る時が来たのかもっ!(笑)
江戸が私を呼んでいるぅぅぅ??(゚Д゚)b
(テンション高ぇなぁ~おい)



今回の放送分および、2回目放送分(まだ見てない)については、後ほどHPにも掲載いたしますっ!



が~ん~ば~る~ぞぉぉぉぉぉぉっ!!!!!!ヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト

Comment

[1453]

江戸スイッチが入っちゃいましたねぇ(笑)。

[1454] 楽しめる番組があっていいなぁ・・・

お江戸のこともそうですが私、毎年楽しみにしているものがありましてね、“ルマン24時間”なんですが数年くらい前まで夜中から朝方までやってくれていた番組があったのですがこのごろ数字が取れないのかやっていない!それで先週が予選、決勝でもう終わってしまいました。(T_T)それでDVDなんかをネットでブッショクしてるんですが中々日本製のがないのですよ。ヨーロッパで人気の耐久レースの映像は日本では中々目に入らないのが残念であります。“パリダカ”もしかりなんですよ。v-1

[1455] 楽しめる番組

■ 瑞閏殿
スイッチが入ったのはいいかもしれませんが、これが一時だけで終わらないようにしたいものです。(^^;


■ 椿三十郎殿
私はTVをあまり見ない人間なので、
「見る番組=好きな番組」
という図式がほぼ当たってしまいます。
そういう意味では、楽しんでみれる番組は結構あるのかもしれませんね~。

「ルマン24時間」も一時期は大好きでよくみていたのですが、あれほど長時間だと見ているほうも疲れてしまうような。(^^;
ナイトレースのシーンなんかを一杯みたかったのですが、中継は昼間とかばっかりで・・・

日本勢も応援したいですけれども、基本的に海外勢の走りばかり注目してしまうので、日本ばかりを集中して中継するような番組にだけはなってほしくないなぁ~っと思います。

[1456] 初めて見ました

へー、こういうのだったんだ。という感じで見ました。
伊東四朗、野川由美子はさすがベテランの貫禄で安心して見てられますです。
ちっちゃい舞台だけど古紙買い屋とか薬屋とかの調度(書き割りだけど)頑張ってましたね。
歌謡ショーにはびっくりだけど。
日向子センセかわいい!

[1458] ござる

私も1995年版(初期)頃のござるは初めてでした。
書き割りのセット(中期ごろになると、セットがもっと本格的になります)とかなど、いくつか時代が下がるに従って、改善されているんだなぁ~と思う部分があったので、そういう部分を見つけるのも楽しかったですね。

伊東四朗、野川由美子の両名は、確かに演技はさすがですよね。
野川さんは番組後半になっても出演し続けておられましたので、金造さん同様に、一番の古株。
てっきり途中から出演されたものかとばかり思っていたので、驚きでした。


そしてもちろん・・・日向子センセかわいい!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/634-5ebcf954

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する