「十三人の刺客」にビックリっ!Σ(゚Д゚)

今日は、久しぶりに時代劇専門CHを見てしまいました。
その名は、「十三人の刺客」(仲代達矢主演)。



もうね?


ひたすら
「スバッ!」
「グサッ!」
「ドバッ!!」
っていう惨殺音の連続っ!!

そのあまりの凄さに、武之介も真っ青&大喜びです!!
(どっちなんだ(笑))



すごい・・・こういう時代劇もアリなんだね?(゚Д゚)


ラスト20分ぐらいからみたので、物語の流れはよく分かりませんが、何やらお殿様を葬るため、十三人の手練れ達が殿様の家臣達との大合戦を繰り広げる。
(それも街中(どこかの宿場?))

狭い路地に追い込んで、少数という不利をカバー。
落とし穴や材木倒しなどで、家臣を分断し、各個撃破。
屋根に上っていて、通り過ぎたのを確認・・・突如飛び降りての一撃必殺っ!!ヽ(`Д´)ノ
最近でみられないような荒々しい殺陣シーンの連続に、武之介の顔は思わず

Σ( ゚ Д ゚ )


モンです。


もう血糊も飛びまくるなんて、生やさしいものではありませんっ!!
そんな連中なら、そこらの地面に嫌と言うほど転がっております。(^^;
落とし穴の竹槍に串刺しにされていたり、建物を押して移動させ(!)通路を狭くしたり、障子ごと串刺しにされていたり、樽の中に押し込まれて串刺しにされていたり・・・串刺しだらけの斬られ三昧という近年の時代劇には見られないもの凄い殺陣っ!!
(ヴラド・ツェペシュも真っ青っ!!)

どういった経緯で、このような凄惨なデストロイを迎えたのかわかりませんが、一度ぜひ見直してみたいなぁ~っと思ってしまいました。



最近は、人情物や感動系、そして見せる時代劇が非常に多いのです。
でもたまには、こういった荒々しく、それでいて荒唐無稽な殺陣も悪くないですね~!
こういうのを見ると、やはり漢たるもの、血湧き肉躍ります。(笑)
殺陣シーンはあまり好きではないけれども、あまりにも無さ過ぎるのもちょっと物足りなさを思うときもありますから。


ある時はあるで、このように
「これでもかっ!!」ヽ(`Д´)ノ
っていうぐらいやるからこそ、メリハリもつくんだと思います。
こういった殺陣があってこそ、時代劇の良さも光るんじゃないのかなぁ~。
そういうことをわからずに、ただ
「殺陣はチョット・・・」
なんてヌカしていやがる武之介は、まだまだ青いようです。(つД`)



面白い時代劇は一杯あるはず。
「鬼平」ばかりみていちゃ、やっぱりダメだなぁ~。(^^;
もっと一杯見ないとね!
スポンサーサイト

Comment

[1440] BS2にて・・・

仲代達也主演といえば毎週火曜よる7:45よりBS2で“清佐衛門残日録”をやっています。“十三人・・・”とは対照的ですがまったり、ゆったり物語が進行しています。“日残りて暮るるに今だ遠し”、このせりふにノセラレて見ております。武之助さんも一回いかがですか?ちょっと大人な感じのドラマですがやっぱりよく見てみると“大人でもないかなぁ”と思ったり。しかしいい感じで進行しております。御覧あれ。ビデオにとって。

[1441] 清佐衛門残日録

■ 椿三十郎殿
「清佐衛門残日録」は、時代劇専門CHで見ておりました。
(全部見たわけではないのですが)
あのゆったりとした進行は、あの作品独特でもありますよね。
確かに、「十三人」とは、対照的な作品だと思います。(^^;

図書館にDVDがおいてありましたので、機会があれば、レンタルしてこようかなぁ。

[1444] シブい時代劇

じみ~な時代劇をちょっと推薦します。
火曜日の夜七時からテレビ朝日で放映中、「八州廻り桑山中十兵衛」北大路欣也主演です。
最近はアクの強い役柄の多い北大路欣也ですが、この中では妻を早く亡くし、小さな女の子を育てながら取り締まりに精を出すおとーさんです。
梶芽衣子の姉上に後添いを貰いなさいとチクチク言われて困り気味です。
寺島進、笹野高史とかレギュラーも地味です。
よかったら見て下さい。

[1446] 佐藤雅美原作!!

■ きちえもん殿
「八州廻り桑山中十兵衛」は、佐藤雅美原作なので知っておりました~。
ただ、火曜日はバドデーになっているため、見れたためしがなく・・・(^^;
ビデオに録画しておいたのですが、いつの間にか「よろずや平四郎」が上書き録画されちゃってました。

寺島進、笹野高史というキャストは、なかなか私好みですね~!!!
とくに笹野高史は好きな俳優さんの一人であったので、興味がむくむくっとわいてきました。

今度は上書き録画しないように注意して、見てみようと思います。

同じ佐藤雅美原作ということで、「物書同心居眠り紋蔵」も放送してくれないかなぁ~。
きちえもんさんは、
「この原作をドラマ化してほしい!!」
と思うような作品ってありますか?

[1447] あれれ…

失礼しました。「桑山中十兵衛」ではなく「桑山十兵衛」が正しい名前です。佐藤雅美さんごめんなさい。
武之介さんに聞かれてちょっと愕然。時代小説を全然読んでないじゃん!特に最近。
資料みたいな本にばかり目がいってるなぁ。
特に最近やってる古文書が、面白いんだけど難しくって、下調べにえらい時間くってます。
文久二年の大坂の田畑ががすごく荒廃してるんですよ。
農民とかもう耕さない。植えるけど面倒見ないから収穫も少ない。田地がなければ、これ幸いだって…
まだ途中なんで、えー!そんでどーなるのーって感じ。
この話ちゃんとオチがあるのかなぁ。
ー詳細がわかり次第また報告します。

[1448] 農民の農耕ばなれ?

■ きちえもん殿
あれ?ほんとだ。桑山十兵衛ですね。(^^;

私も最近時代小説を読んでいないんですよね~。
特に江戸関連になると、さらに読んでいないかも。
戦国物とかはちょくちょく読んでいるんですけどね。

読んでみたいなぁ~と思うものはいくつかあるので、今読んでいる本を読了しだい、手に取ってみようかなって思います。

>古文書
ほほぉ~っ?!
それは面白い展開になっているようですね!
そうやって話の内容がわかってくると
「次はどうなるの?」
みたいにわくわくしてきて、作業もはかどるかと思います。
詳細がわかりましたら、ご報告いただけますと、大変うれしく思います。
よろしくお願いします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/631-10e44eca

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する