新シルクロード ≪第3集 オアシスの道は険し≫

シルクロードの度は、まだまだ続きます。
舞台は中央アジアへ!!


キルギス、ウズベキスタンという国を旅していくことになりますが、シルクロードの影響力の大きさを、ここでもいろいろ知ることができました。
それと同時に、
「中国」
という国の影響力の大きさをも、感じ取れた内容でしたね~。




キルギスの奥地でも、荷物を山積みにしたトラックが数多く走っておりました。
ああいった場所でさえも、あれほど多くの経済活動が行われているとは・・・
中国の影響というのは、計り知れないものがあります。

シルクロードの旅において、中国という名前を聞かないことは一度もありません。
今は中国産の製品が云々ということが叫ばれているけれども、これらの製品なくして現在の経済が成り立たないのも、また事実。
中国製品によって、経済低迷がつづく地域にも「仕事」が生み出されているんだそうです。
「悪い」と叩かれているものではありますが、物事ってたやすく判断できないものなんだなぁ~。(゚Д゚)




「6月4日の悲劇」
オシュで行われた民族間での争い。
そういった軋轢も、経済活動が行われるようになれば、そのことも忘れて兄弟のように付き合うことができる。
「内線になっていたかもしれない」
という事態すらも解決してしまうのだから、経済の影響ってスゴイ。



ウズベキスタンの綿花畑のお昼休みに披露される「伝統の踊り」。
踊り子のおねーさん、綺麗だね~。(^-^)
そこで働く女性達の想いは
「お金をためて、洋服をかいたいんです」
「息子の結婚のために、お金を貯めている」
と、日本で働く女性達と何ら変わらない
がんばっているその姿と笑顔は、本当に綺麗でした。
ああいう笑顔で、日頃私も生活したいものです。
やっぱり、がんばっている人って素晴らしい・・・。



経済発展の恩恵を絵ながらも、イスラム教・ユダヤ教など、宗教を心のよりどころとしている人たち。
私は宗教はまったくの無宗教なので、そういった宗教に対する思いの深さがわかりません。
けれども、きっと想像もできないような深いものがあるのでしょうね。
そんなイスラムとユダヤが共存するブハラ。
そしてここでも中国製品の影響が。
ユダヤ人達の生業としてきたものが、安い中国製品に取って代わられる
職を無くした人々は、故郷を捨てることを選択するしかないという。

仕事を生み出してきた中国製品が、ここでは仕事を奪っているという事実。
しかしそれでも、中国製品無くしては今の生活を維持することすら出来なくなってしまうのでしょう。



文化と歴史が混在するシルクロード。
新たな時代のうねりの中に生きる人たち。
シルクロードがもたらすものは、歴史と文化を位置づける
「時代の変化」
なのかもしれません。
それがどのようなものなのかは、時代によって異なります。
ですが、そういった変化の基点をもたらすものとしての存在は、過去も現在も、そして未来も変わらないのかもしれませんね。

スポンサーサイト

Comment

[1439] 自分で自分の・・・

一生懸命自分の幸せのために働くのはどこいっても万国共通ですね。しかし豊かになってみたが今度は自分らの生活が追われるようになるというのも万国共通のようです。今の日本も似たような感じです。豊かになぁれと働いてきた人々の“年金”が払われなかったり、通貨価値の問題や輸出輸入の問題がかつてあったり、まぁ資本主義社会というのはこういうもんなんでしょう。
中国では今食品の関してですが“安全な”嗜好がはやっているそうです。より安全より安心なものを求めている富裕の人々がいるそうです。そのうちそういう運動とか起こったらいいのにとか思っていますが、中国がそういう運動に走ったらまたすごいことになりそうな気がしますね。中国製品はあんまり品はよくないそうなのでそのうち不買になったりとか言うことになりそうに思います。そういうことにアジアの人々が気づき、また安全なものへの欲求が高まればすごい運動になる事間違いなしです。そういったときに弱い経済でもちゃんとした生産力、流通ができる国になっていないと困ることでしょう。日本に限らずみんなそうなっていってほしいものです。

[1442] 中国

■ 椿三十郎殿
豊かになればなるほど、より利益を追求する形がシビアになっていくのでしょうね~。
その結果、生活が追われるような感覚を負わされているのかと思います。
江戸の生活と見比べてみると、平成の人々と江戸の人々の時間間隔の違いに驚かされることがしばしばありますが、これも
「時間に追われている」
ということで捉えられるのかもしれませんね。
(もちろん、良い面も多々あると思いますが)


>“安全な”嗜好
ネットの情報やTVの情報を鵜呑みにするわけにもいきませんが、そういう事も起きているというのも、事実の一つなんでしょうね。
現地の人ですら「○○のものは食べない」というものが、平気で輸出されてこないことを祈るばかりです。(--;

中国製品の不買運動なんかが広まったら、それこそ世界経済がとんでもないことになるような気がします。
そうならないことを期待したいものですが、中国という国が広すぎるため、政府自体もすべてを管理しきれていないのかも・・・

[1443] 新シルクローソ

581 :世界@名無史さん:2007/06/17(日) 22:05:12 0
つまんなかった。
こないだやってた「アジア大回廊」もそうだけど
「アジア諸国はどこも中国製品が席巻しています
中国経済すごいでしょう!」っていうプロパガンダに
しかなってない。失望した。

582 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 00:25:05 0
同意
露骨でわらえた。
中国製品のおかげで町はさかえ民族融和もできたと強調するが
ユダヤ人が廃業に追い込まれたときはたんたんとナレーションいれただけ(w

583 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 10:23:00 0
唐突に、中国との交易で仕事が作られていますというようなナレーションが
入ったのが異様だった。
番組を作り終えた後、このままでは中国のせいで仕事が奪われている
という番組になってしまうと検閲が入り、そこであの不自然なナレーションを
挿入したのではないだろうか?
中国の忠犬NHKらしいぜ。

584 :世界@名無史さん:2007/06/18(月) 10:28:50 0
国名にスタンとつく国で親中の国などひとつもないと聞いたが、
それでも中国との交易で潤っているような印象操作を続けるNHK。
世界中の途上国は中国製品の氾濫で地元産業が破壊されているのに、
そういう事実は一切伝えないNHK。ほんと終わってる。

[1445] シルクロード

■ やまぎし殿
コメントありがとうございます。

「シルクロードが中国に依存している」
みたいな雰囲気は、確かに感想を書いているときには強く感じましたね。
中国製品で喜ぶ者もいれば、なく者もいるということなんだと思います。
もちろんあの映像をすべてそのまま鵜呑みにできないということは認識しておりますが、そこまでの裏読みはできておりませんでした。


もっとシルクロード均衡の国を調べた上で、もう一度「新シルクロード」を見直してみると、また違った感想を持つかもしれませんね。

また何かありましたら、コメントいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/630-0d49e98b

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する