「魔術師ベルガラス」 読了



銀狼の花嫁―魔術師ベルガラス〈1〉
魔術師の娘―魔術師ベルガラス〈2〉
王座の血脈―魔術師ベルガラス〈3〉

(武之介評価:★★★★



「ベルガリアード物語」の中で中核の存在となっている「魔術師ベルガラス」の生い立ちの話。
村でのけ者にされていた少年が、世界の運命を担う魔術師となっていく・・・
同じく世界の運命を背負った兄弟達や妻や娘らと共に、予言書に記された「光の子」の誕生を待ち続ける為の歴史を守っていくことになります。



日本のファンタジー戦記物に近い雰囲気を持っているため、非常に読みやすい。
「ロードス島戦記」や「デルフィニア戦記」が好きならば、たぶんイケル作品です。
「指輪物語」といった海外ファンタジーをいろいろ読んできましたけど、その中でも抜群の面白さですね!
海外ファンタジーの入門ということにしてみてもいいかも?


このシリーズを読んだら、そのまま「女魔術師ポルガラ」シリーズにも突入しそうな勢いです!!

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/602-81400b05

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する