NHKスペシャル「激流中国 富人と農民工」

NHKスペシャル「激流中国 富人と農民工」を見ておりました。

貧富の差による様々な姿が描かれておりました。
経済成長の波にのって、富裕層となる人々。
わずかな費用にすら事欠き、出稼ぎに頼らざるを得なくなる貧困層の人々。

そのあまりにもの生活の姿の違いには、言葉すら出ません。




親と別れて学校で生活する子供達がおりました。
まだ小学校低学年にも満たない幼い子供達が、親と別れて共同生活しつつ、必死に勉強している・・・。
彼らの姿をみていると、自由に生活し自由に学べる日本の環境はなんて素晴らしいんだろうかと思えてしまいます。
「勉強をして、大学をでて、いい仕事について、父と母に恩返しをしたい」
という将来の夢を語る子供達の姿は、なんとも言い難い光景でした。
私が学生の頃、そのような事を考えたことがあっただろうか。

学費のため・・・治療費のため・・・すべては金のため・・・
家族が分離していなければならないという姿は、本当に痛ましいかぎりです。

「勉強がんばれよ」
という言葉を残して出稼ぎにいく父親の姿がありましたが、あれは辛かったなぁ。


そうかと思えば、旧正月あけにビックプロジェクトを立ち上げ、さらなる収益をあげようと奮起する者もいる。
富の集まるところに人も集まる。
そのプロジェクトパートナーとなるべく、奔走する会社の社長や投資家達。
彼らの目には、前途ある将来が開けているのでしょう。
貧困にあえぐ人たちのみる明日と彼らの見る明日は、同じ明日であっても全然違うものなのでしょうね。


「良い・悪いの問題ではない」
ことはわかりますけど、何とも言えない気持ちになってしまいます。
日本においても「ワーキングプア」などが叫ばれつつあり、他人事ではないはず。
明日は我が身かもしれない、がんばらないとなぁ~という、何とも言えない気持ちにさせられた新年度第一日目の夜でございました。


大人になればなるほど、勉強の大切さというのを実感するっていわれるけど、まさにその通りであると実感します。
・・・今更だけど、もっと勉強しよう。(つД`)
スポンサーサイト

Comment

[1315]

v-280“お父さん、お母さんに恩返し”ということが言えるのはやっぱり親の背中をちゃんとみていたからだと思います。今、日本でそれだけ見ることができた若者、壮年くらいの人間はどのくらいいるのだろうか、とおもいます。私なんかは見ていたつもりでしたが結局、理解できていなかった。ということなのかなぁとちょっと自分にがっかりします。そう言えば学校通っていた頃将来設計なんて考えたことなかったもんなぁ。今になってあまり稼げていない自分を見てちょっと後悔しております。家族とはなれても自分を見失ってなければテレビに映っていた人は大丈夫だと思うのですけどもね。生活の大変さを忘れずに生かれますのを願います。

[1316]

初めまして。私もこの番組を見ました。内モンゴルの小学生たちが泣きながら作文を読んでいる場面には何とも言いようの無い気持ちになりました。そもそもがTV番組なので、片や資産1500億、片や900円の家賃の支払にも事欠く出稼ぎ労働者という極端な構成でしたけど、これが今のあの国の現実なのでしょうね。いったいどうなっていくのか?何て事を考えてしまいます。

[1317] 何とも言えない思いにかられます

■ 生活の大変さを知っている殿
番組の中で、富裕層の人が
「子供の教育として、将来は外国に留学させる」
ということを言っておりました。
たどたどしいながらも、英単語を面白そうに発音する子供には、輝かしい未来があるように思えます。

それに対し、出稼ぎの父親のはげましを糧として、クラスで上位の成績をとる子供がおりました。
しかし来年の学費を払うことができず、苦悩するしかない。

「勉強ならば、運命を変えられるかもしれない」
という言葉で必死に勉強している姿などは、まさに涙ものでございます。
同じ子供の教育でも、こうも違ってしまうとは・・・

番組を思い返してみるだけでも、何とも悲しい気持ちになってしまいますね。


■ 名無し殿
わずか7歳ぐらいの子供達が、両親と離されて暮らしているのです。
作文の内容とはいえ、両親の事を考えると悲しくなるのは当然ですよね。
例え日本人の子供といえども、同じような思いを抱いたことでしょう。

裕福と貧困という二つの対極に位置する人々の姿を描いただけあって、その生活の違いには天と地との差がありました。
経済発展・資本主義という考え方からすれば、それは仕方がないことと割り切れるのでしょう。
でも人間的な視点から見ると、何と無情なものであろうかと思いたくなってしまいます。


「生きるって事は、こうも難しいことなのか」
そういった思いを痛感させられた番組でございました。(つД`)

[1318] 失礼しました。

武之介さん、名乗りもせずに失礼しました。仕事柄、中国関連のTV放送は見ていますので、先日の放送を見た方はどんな感想を持つのかな?と思い検索していて武之介さんのブログを見つけました。とても読みやすい文章ですし、私もコメントしてみたい、と思ったのですが、こういう事(コメント)を初めてしたので名乗るのすら忘れてました。今後、楽しみに拝見させていただきます。

[1319] ありがとうございます

■ 横田 敦殿
お名乗り頂き、ありがとうございました。
BLOGを書いている身としては、いろんな方からコメントいただけるだけ、十分嬉しいです。
今後も何か気になる記事がございましたら、よろしくお願いいたします。

>中国関連のTV放送
ちょっと気になったのですが、この
「中国関連のTV放送」
というのは、どういったものなのでしょう?
差し支えなければ、教えていただけると幸いです。

このNHKスペシャルと通して、現在の中国の姿というものに興味を持ち始めています。
今まで中国といえば
「中国の歴史」
にしか興味持たなかったのになぁ~。(^^;

[1320] すいません上の書きこみ・・・

私です。いまさらながら・・・v-63

[1321]

武之介さん、こんにちは。「中国関連のTV放送」って、NHKスペシャルの中で、中国ネタものって意味です。すみません、表現が下手で・・・・。NHKスペシャルって結構多いですよね?中国を取り上げることが。シルクロードなんかもやってますし。やはり国営だから取材許可も下りるのでしょうかね?よく撮影できたな、と思う場面が多々ありますものね。先日の放送でも、インサイダー?みたいな場面もありましたよね?

[1322] NHKスペシャル

■ 横田 敦殿
なるほど。
確かに最近のNHKスペシャルでは、中国のことをシリーズ化でもしたのか、いろいろな中国の姿を放映した番組がありますよね。
シルクロードについては、いよいよ新シリーズが始まります。
非常に楽しみです!!
(実は見たことがなかったり(^^;)

NHKスペシャルは、大自然物宇宙物遺跡歴史物とかの場合に限ってよく見ておりました。
しかし、少し前に放送された「Google革命」以来、結構頻繁に見るようになりましたね~。
よ~く見てみれば、なかなか面白い話題を取り扱ってくれるだけに、こういったあたりは
「さすがはNHK」
と思ってしまいます。

>インサイダー?みたいな場面
ありましたね~、露骨に。(^^;
実際の取引においても、そういうのが
「水面下で動くのは当たり前」
ということになっているのかもしれませんね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/588-c23afef6

NHKスペシャル 映像の世紀 SPECIAL BOX

激動の20世紀を映像で記録したロングセラー作品が、豪華解説書とDVD別巻を加えてリニューアル!2000年12月の発売以来、15,000セット(16.5万枚)を販売した「映像の世紀」がリニューアル発売。「SPECIAL BOX」には、DVD別巻と、130ページにもおよぶ詳細な解説書を追加して再

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する