スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『後北條龍虎伝』 読了しました



後北條龍虎伝』(海道 龍一朗)、読了しました。
(武之介評価:★★★★★



信長の野望好きなら、これを読めぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!ヽ(`Д´)ノ

まさにこの一言に尽きるんじゃないかって思いますね。
それほど、面白かった~。


北條氏康・北條綱成って、一般的にはあまり知られていない武将だと思うんですよ。
「武田信玄」なんかを見た人ならば、有名な
『甲相駿三国同盟』
の時に名前は聞いたよっていうこともあると思いますが・・・。
(今放送中の「風林火山」も、ちょうどこの本の物語の時代とマッチしているので、そういう意味も含めて読んでみると面白いですよ!)
「マイナー」ではあるのですが、信長の野望シリーズでは
『関東の雄として多大なる力を持っている』
だけに、毎回毎回苦戦させられる相手です。
それゆえに
「どういう人物だったのかなぁ~」
という興味をずっと持っていたんですよね。

その北條家の3代当主・氏康と、その友であり家臣でもある綱成の二人の男の物語。
幼き時から共に稽古で切磋琢磨し合い、当主・家臣という間柄になってからもその根本的な関係は変わらない・・・。
そんな二人の青春物語です。


偉大なる祖父・北條早雲
関東への足がかりを作り上げた父・北條氏綱
その後を継ぎ、関東の覇者たるべく関東の地を目指して邁進する氏康。
そんな巨大な勢力に成長した北條家を危ぶんだ上杉家による
「北條大包囲網」

西から押し寄せる
「東海一の弓取り・今川」
「甲斐の虎・武田」
の連合軍。
それに加え、川越・江戸を奪還すべく
「足利・上杉連合軍8万」
が押し寄せるという絶望的な状況。
さすがの氏康もいかんともしがたく敗北やむなし・・・と思えた状況でしたが、戦国史上
『日本三大夜戦』
ともいわれる大奇襲作戦で奇跡の大勝利を得てしまうのです!!


「地黄八幡よぉぉぉぉぉ!!!ヽ(`Д´)ノ」
(読めば、なぜ私がこう叫びたくなったのかが、よ~く分かるかと)




「足利公方が2人いる理由」
「応仁の乱にいたるまでの戦国の流れ」
といったなかなか興味がそそられる内容も記述されているため、信長ファンにはたまらない内容です。
欲を言えば
「川越夜戦以降の北條家の姿も読んでいきたい」
ということがありますね。
並み居る強敵を退け、さぁこれから関東進出だ!というところで物語が終わってしまうところが、本当にもったいないです!!
あぁ~・・・続編とか書いてくれないかなぁ~。(つД`)



あぁ・・・今宵の「信長の野望 天翔記」は、北條家でPlayしよう。
そして、氏康と綱成で天下を統一するんだいっ!!!ヽ(`Д´)ノ

それにしても、海道龍一朗って面白い作品が多いなぁ。
『真剣』
(http://takenosuke.blog32.fc2.com/category4-6.html#entry81)
も★★★★★だったし・・・。
要チェック作者さんなのかもしれませんね!(゚Д゚)b





ちなみに、北條氏康と北條綱成の関係が、銀河英雄伝説における
「ラインハルト・フォン・ローエングラムとジークフリード・キルヒアイス」
の関係とかなり似てるので、それだけでも非常に嬉しかったりして。(^^


スポンサーサイト

Comment

[1212] 血湧き肉躍る(笑)

裏切り者ののど頸に食らいつかんとする地黄八幡の姿に、
こぶし握りしめて熱く共感してしまいますでしょ(笑)。

[1216] 二人セットで

■ 瑞閏殿
この本を読んで以来、ますます「信長の野望」で、北条家がいとおしくなってしまいました。
氏康を配下にした場合は、かならず綱成もセットで戦場に送っております。(笑)

この気持ち・・・読んだ人ならわかるはず。(^^


これだけ気持ちの良い戦国物も久しぶりでしたね。
海道龍一朗、恐るべしっ!!ヽ(`Д´)ノ

[1505]

またまた勝手に古いエントリーをよみがえらせました(笑)。
「風魔/宮本昌孝」が面白うございまして・・・。

北条が潰れるのは既定通りなのですが、
北条を支えてきた風魔一族の頭領小太郎の、
風のような爽やかさが印象的です。

仕えるべきは北条の血を引く古河公方氏姫のみ。
勇猛果敢な忍び軍団が有力大名に臣従しないでいるため、
大名にとっては強力な邪魔者となり、
かくて徳川一味との確執が開始されます。
風のように自由に生きたい小太郎にとって、
ただほっといてくれればいいだけなのですが、
徳川にとっては不安の種でしかないのですね。
この駆け引きが面白く、悪辣な脇役もキャラ立ちしていて、
なかなか読ませましたよ。

北条好きの武之介さんにおすすめです(笑)。





[1506] 風魔小太郎!

■ 瑞閏殿
瑞閏さんのチョイスには、いつも感服するばかりです。
今後とも何かあれば、教えて頂けますと嬉しいかぎりですよ。

北條は大好きですが、なるほど・・・風魔小太郎が主人公なのですね。
風魔小太郎といえば、北條家5代に渡って仕えたそうですが、彼ら風魔一党の協力は、北條家にとってはかなりの援助になったのでしょう。
『後北條龍虎伝』の中にも風魔小太郎は登場してきましたけど、侮りがたい存在でありつつも飄々としているその人物像が好きでした。
今回の作品では、「風のような爽やかさ」とおっしゃいますか~。
小太郎に対するイメージがかなり変わりそう(笑)

北條関連もいいのですが、逆の立場で、北條を敵として生涯戦い続けた人なんかにもスポットを当ててくれると、嬉しいかぎりですね~。
「太田資正」
「里見義堯」
あたりを主人公にして、VS北條家との熱い戦いの姿を描いてくれちゃったりしたら・・・武之介大喜びしちゃいそうです。


ご紹介いただいた本につきましては、チェックしてみます~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/544-34995572

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。