スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「風林火山」・・・上杉謙信大丈夫??

2007年の大河ドラマ「風林火山」がいよいよ放送されました!

信長の野望好きとしては
「個人的にはもうちょっとマイナーな人物を・・・」
という要望があるものの、大好きな戦国物であるだけに楽しみな時代劇です。

板垣信方や鬼美濃・原虎胤といった「武田二十四将」。
北条氏綱・氏康といった武田以外の武将まで登場してくるだけに、信長の野望好きにとっては非常に嬉しいことでございます。
(氏綱・氏康が登場してきたときは、めちゃくちゃ喜んでました(笑))

ただ、その中で一つだけ心配事が・・・



「上杉謙信がひ弱そう」

って思えたのですが、気のせいでしょうか?(゚Д゚;)
もうちょっとがっちりとした人じゃないと、戦国武将としては舐められそうな気がするんですけれども・・・。
山本勘助が活躍した時代(1493~1561)とあり、上杉謙信(1530~1578)とは年の差30以上
勘助からしてみれば子供みたいに見えるため、このようなキャストになったのかなぁ。
ヴィジュアル系ということで選んだことではないことだけを祈りたいものです。
こうまで細身の謙信であれば、いっそのこと
「上杉謙信女性説」
に則った謙信も面白いかなぁ~と思ったのですが、国民的ドラマでもある「大河」でこれをやったら、ものすごいブーイングが起きそう。(^^;
(2時間ドラマとかでやってくれないかなぁ~とひそかに期待)



去年の「巧妙が辻」も開始当初はいろいろ叩かれた作品でした。
(特に舘ノブナガ様が・・・(^^; )
でも結局最後まで見てしまった面白い大河だっただけに、今年の作品にも大いに期待したいものです。
せっかくの山本勘助なのだから、軍師的活躍の部分を大いにクローズアップしてほしいなぁ~。

------------------------------------------------------
【追記:2007/1/10】
戦国人気投票 開催中!!

(投票には、ユーザー登録が必要なんです。スイマセン・・・(つД`))
------------------------------------------------------
スポンサーサイト

Comment

[1155] 最初誰かわからなかった・・・

おとといのオープニングを見てて“えらいせんのほそい・・・”と思って見ていました。テロップを見て“ん~!?”と思ったのです。ちょっと違いそうにおもえます。か弱すぎだと思いました。ちょっと美しすぎで悪いけども個人的には南○紅鶴拳の使い手(名前失念)のほうが似合いそうに思います。“北条氏綱、北条氏康”についても私もひそかに喜んでおりました。この線を保ってそのうちに“北条早雲”をやってもらいたいなぁと思っております。いっそ、三代記でもいいし、五代記でもいいし、やってください。NHKさん。

[1159] マイナー武将を出してくれ!

■ 椿三十郎殿
そうですか~、椿さんも同じようなことを思われましたか。
『南○紅鶴拳の使い手』って。(笑)
妖拳を操る上杉謙信って、いやーーーーーっ!!!(^^;


[北条氏綱、北条氏康]
いいですよねっ!!
戦国好き、信長の野望好きにとっては、嬉しくてたまらない武将ですよ!
「北条早雲」もいいですが、私は同じく戦国の下克上の走りとなった「尼子経久」をやってほしいなぁ~って思います。
NHK大河「毛利元就」で、緒形拳演じる尼子経久はかっこよかったなぁ~!!!!

もしくは、一度は滅亡寸前まで滅びかけたにもかかわらず、90歳という当時としては異例の高齢で再起した
竜造寺家兼
あたりをやってくれると、とてもとても嬉しかったりします。(^^


まぁ・・・無理だろうなぁ~。(つД`)

[1162] 緒形拳

“毛利元就”の“尼子経久”はカッコよかったですね。赤と黒の衣装とか何やらかなり渋めに設定されていてとてもよかったですよね。あの衣装はやっぱり緒形さんだから似合うんだろうと思います。あんな渋い役者さんも珍しいなぁと思います。大河はほとんどハッピーエンドが多いですがそうでない終わりのものがあってもいいのでないでしょうか。“尼子経久”はまさにその典型ですから悲劇のいい余韻を残して最終回終わりとかいいんじゃないでしょうか。
“竜造寺家兼”、あんまり知らなかったので“Wiki”で調べました。激烈な人生だったのは間違いないでしょうね。これに似た人生の武将が一人います。江北の“浅井亮政”です。江北での活動のため斎藤道三に庇護してもらったり朝倉氏と半同盟、半従属で主家と江南の六角氏と戦って一生を終えると言うものです。あんまりいくさ上手ではなかったようですがもと主家のもの同士で“合議制”をしきたかったらしいです。まあなんだかんだいって主導権を握りたかったのでしょうが。とにかく専横しているものを討ち果たす話がよく出てきます。いろいろ調べていますが出てくる話はネットでは限界があります。なんかないかなぁ。v-106

[1164] 面白そうな武将

■ 椿三十郎殿
格好良かったですよね~。
でもWikiで調べてみると、どうやら本来頼むべき人が病欠になってしまったため、急遽、緒形拳に回ってきた役柄だったそうで・・・。
そうとは知らず、
「尼子経久かっこいい!かっこいいいっ!!」
と喜びまくっていた私は幸せものです。(^^;


浅井亮政も知っておりました。
六角氏との戦いに明け暮れた人だったそうで・・・。
「あんまりいくさ上手ではなかった」というのは初耳です。
信長の野望なんだけは、結構戦闘能力が高めに設定されている武将だっただけに、戦の面での功績が光る人だったのかなぁ~って思っておりました。
彼が広げた支配権も、次の代の久政の時代で縮小してしまうんですよね・・・。(つД`)


上杉謙信を何度も裏切ったにもかかわらず、その都度許された「北条高広」。
合戦には強かったらしいのですが、粗暴な振る舞いが多かったため「悪屋形」と称された「大宝寺義氏」。
こういったあたりも面白そう~なんて思うのですけど、絶対ドラマ化されないでしょうね。(つД`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/517-89f530e4

1/9の風林火山関係書き込みBlog

で、新しいドラマが始まっ 今年の大河ドラマで思い出した 「風林火山」 山梨旅行 ...

風林火山

風林火山風林火山(ふうりんかざん)は、甲斐国|甲斐(山梨県)の戦国大名・武田信玄の旗指物(軍旗)に記された「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の通称。

上杉謙信

上杉謙信 上杉 謙信/長尾 景虎(うえすぎ けんしん/ながお かげとら、享禄3年1月21日 (旧暦)|1月21日〔1530年2月18日〕 - 天正6年3月13日 (旧暦)|3月13日〔1578年4月19日〕)は、戦国時代 (日本)|戦国時代から天正時代の武将・戦国大名|大名。*越後国の

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。