スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ふたご座流星群』をみてました

つい先ほどまで、
『ふたご座流星群』
を外で眺めておりました。
寒かったぁ~。(>_<)

今日は雨が降ったり、曇っていたりといったあいにくのお天気。
天候が心配だったのですが、0時頃に外に出てみたら満天の夜空が広がっておりました。
寒さに震えつつ、夜空を見上げ続けること約30分。
観測できた流星は

「6個」

でした。
(確実に流星の尾まで確認できた数)


「サァァァーーー・・・」
っていう効果音が思わず聞こえてきてしまうかのように、夜空を流れる流星。
すぐに深淵の闇へと吸い込まれていきますけど、その一瞬の瞬間が本当に綺麗ですよね~。
花火にも感じられるような
「一瞬のはかなさ」
みたいなものも感じられますが、それゆえ発見できた時は本当に嬉しいです。
寒さの中で見上げた価値があるってもんですよね!( ^▽^)




武之介は、
「星空観察」
を、もうかれこれ十年以上やっていたりします。
暇な夜などは外で星空を眺めていたりしているのですが、特に目的を持って夜空を眺めているわけではありません。
ただ、のほほ~んと夜空を眺めているのが好きなんですよね~。
「うわぁ~、綺麗だなぁ~」
といった単純な感想ぐらいしか思いつかないのですが、何回見ても飽きることがありません。

星空を眺めつつ、静かな場所に身を落ち着けてじっくり落ち着くことができる・・・しいていてば
「安らぎの場所」
なのかもしれませんね、私にとって「星空観察」の時間は。(^^



『ふたご座流星群』
は、13日の夜がもっとも良く見える頃だそうです。
とはいえ、前後数日の間は比較的見ることができるとのこと。
見逃してしまった方でもまだチャンスはありますよ?(゚Д゚)b

興味のある方はコチラのページで、ちょっと流星群について勉強してみてください。
そして、できれば流星群観測の報告までしていただけると、嬉しいかぎりですね。


スポンサーサイト

Comment

[1066] 天文

夜空をそんな気持ちで見るのは時々見られる“月”くらいです。夜中に晴れて雲一つないときは部屋に光が差し込むのでわかります。しかし月が光っていてもなかなか見ませんね。で、今回の流星群、雨でした。そうですか。肉眼でそんなに見えるもんですか。私はいつでしたか、名前も忘れましたが“彗星”を見ました。ほんとにわずかな光で尾を引いていました。ちょうど太陽から遠ざかる最後の日くらいだったんですよ。なんかプラネタリウム見たくなりましたね。あれも結構いい感じで見られますよね。あれは確かに時間を忘れられるいい遊びではないでしょうか。

[1067] 月の明るさ

■ 椿三十郎殿
「月」はよくみますね~。
特に秋~冬にかけての夜空は非常に澄んでいるため、いつも以上に月が綺麗に見えます。
満月の時の月の明るさなどは思った以上に明るいため
「この明るさがあれば、江戸時代の人々が満月の日に夜遊びにいそしんだのもわかる気がするなぁ~」
って思わず納得してしまう事などがあります。(^^;

彗星といえば
「ヘールボップ彗星」
なら、この目で見たことがありますね。
あれは凄かったです。
流星とは違った美しさが「彗星」にはありますよね。


プラネタリウムは大好きです。
でも、あの暗くなった中で、ゆったりとした口調で話されると・・・ついつい眠気が。(^^;
いつも眠さとの戦いだった気がします。(笑)


同じ宇宙関連として、一度でいいから、種子島宇宙センターにいって、シャトル等が発射される瞬間を見てみたいものです。
長年の夢の一つですね。(^0^)

[1068] 種子島宇宙センター

“打ち上げ”ならば私も見たいですね。音がすごそうですが。シャトルとか打ち上げられる日はくるんでしょうか。和製シャトルなんかは日本は作りそうにない気がしますね。

[1069]

訳あって星空を眺めるなどはあまりしておりませんが、寝袋持参で寝転がって観察してみたいものです。

子供の頃、ジャコビニ流星雨というのが話題になりまして、事前の予想では星の雨が降るようだとかさんざん言われたのですが、結局大したことなかったようで・・・(笑)。86年のハレーすい星も同様でしたなぁ。

[1071] 宇宙はいいね~

■ 椿三十郎殿
打ち上げ時の轟音は、さぞやとんでもないものなのでしょうね~。
初めて「F1」を生観戦した時も、そのエンジン音の爆音に驚いたものですが、それすらも凌駕するものだと思っております。(^-^)

「スペースシャトル」ですが、実はアメリカの方では、すでにシャトルに変わる次世代の宇宙往還船を作っているという話を聞きました。
その名も「オリオン」
2010年のシャトル運用終了にともない、使用される予定なんだそうです。
外見的にはシャトルの方がなんとなくかっこよさそうに思えます。
けれども、さまざまな要素を検討した結果のあの形なんでしょうね。


日本ではH-2ロケットの打ち上げが盛んですので、オリオンの打ち上げを見ることはできなさそうですね・・・。
いっそ、アメリカにでもわたってみるか?(笑)


■ 瑞閏殿
ジャコビニ流星というと、「ジャコビニ流星打法」というものを真っ先に連想してしまう、アストロ武之介です。(笑)
(読んだことないはずなのにっ!!!)

流星雨も、凄いときはかなりの量の流星を観測することができるんですよね。
とはいえ、よく語られているような
「まるでシャワーのごとき」
なんて本当かな?なんて私も思ってしまいますが。
(見たことないんです)

ハレー彗星は見たことないのですが、ヘールボップ彗星は凄かったですよ~!
真っ暗な夜空にひときわ大きく輝く彗星の姿は、すごく幻想的で綺麗でした~。
もう一度見られるものなら見てみたいですけど、
「2006年7月現在、彗星は天王星よりも太陽から遠くなり、地球からの距離は約23AUにも達している」(Wikipediaより)
とあり、とてもじゃないけど肉眼での観測は無理です。(^^;
(AU=天文単位(太陽と地球の距離:1AU)


次に戻ってくるのは・・・4380年!!!

さぁ~て、がんばって長生きしますかね。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/497-87c56d0c

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。