漆塗りのデジカメ登場!

こんなモノを見つけました。
http://www.sense.panasonic.co.jp/PanaSense/special/urushi/index.html




デジカメに漆塗りを加えたというトンデモ製品ですっ!!(≧▽≦)

デジカメにも興味あるし、こういう和物が大好きでもある武之介。
それゆえ、こういった製品が出てくるたびに大喜びしてしまいます。

「こんなところに漆をぬったところで、無駄じゃん!」
って思う方が結構いらっしゃるはず。
でもまぁ・・・その無駄な所が良いところなんです。(^^;


とはいえ、紹介されている
「いぶし銀」
「黒銀乾漆」
「古木乾漆」
「玉虫」
「古今」
は、どうも私のストライクゾーンには入っておりませんでしたね~。

■いぶし銀
そのメタリック感がよさそうですけれども、だったら普通のメタリックなデジカメのほうが断然良い。(^^;
「いぶし銀」ならば、もうちょっと錆色などを盛り込んだ色合いにしてほしかったですね。
それこそ、「燻す」みたいな色合いに。

江戸時代に流通していた
「天保一分銀」
みたいな色合い&模様を希望。
(参考ページ:三菱UFJ銀行-江戸時代の貨幣2

これらの銀を、あのにっくきハリスらは
「イチブッ!イチブッ!」
って追い求めたのかーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ

(詳しくは、佐藤雅美「幕末円ドル戦争」をお読みください)


■黒銀乾漆
これはちょっと「和」のテイストから離れているような気がするなぁ~。
なんかやたらとゴリゴリしているような感じがするので、ちょっと落ち着かない気持ちが。(^^;


■古木乾漆
比較的落ち着いた感じの色合いで、これならいいかなぁ~って思いました。
とはいえ、どうせなら古木の外側の金属部分をもうちょっと考えてほしかったかも。
「金色っぽい色合いにして、全体的におちついた色にすれば?」
って思うんだけど、どうなんでしょうかね。

この漆の部分だけ、妙に落ち着いているためか、ちょっと浮いた気もしてきたり。(^^;


■玉虫
玉虫色といえば、江戸の女性達が
「勝負!」
っていうときに使用した口紅の色だったそうです。
これ、グラデーションにしないほうが良かったんじゃないかって思います。(^^;

とはいえ、玉虫色ってやっぱり綺麗ですね~。
こんな口紅をされた女性に言い寄られたら・・・江戸の男どもなんざぁ、イチコロだったでしょう。(笑)


■古今
・・・すいません。
どこのどのあたりが「古今」なのか、ワカリマセンでした。(つД`)
「平安時代」あたりの絵や文様に使われているものなのでしょうか?




なんか「桐箱」にしまわれてくるみたいで、デジカメの
「お手軽感」
とは、遠くかけ離れた製品になっているような気がしないでもありません。(^^;
これを手持ちにサイクリング・・・ってできるかなぁ~、私。


ところで
「スペックはどのくらいなんだろう?」
と思って商品仕様をみようと思ったのですが・・・
「デザインのことばかり書いてあって、商品仕様が書かれていない」
のですが、気のせいでしょうか・・・。(--;




難癖ばかりつけておりますが、冒頭にも書きました通り
「こういう無駄のある商品」
は大好きです。
この方向性は維持しつつ、よりディープな世界に入り込んでいってほしいなぁ~って思うのですが、それはそれで売れなくなるか。(笑)

売り上げ悪くとも、こういったシリーズは続けていってもらいたいなぁ~。(^^;
スポンサーサイト

Comment

[1041] 私も見ましたよ

二、三週間前でしたか、どこぞのインターネット内でチラッと見ました。個人的にそんな上質な飾りいらんのと違う?と疑問を持っておりましたよ。しかし漆塗りならば手触りはいいだろうなあとは思いましたね。まぁ好みの問題ですが、お値段に跳ね返ってくるのがちょっとなぁ。

[1042]

文化とは無駄を楽しみものではありますが、
カメラと漆ですか・・・(笑)。

カメラと銃は、実用機械であり
趣味の品でもあるという点で
何となく似通う感がありますが、
漆塗りの種子島なんてのも、
何げに似合いそうではありますね(笑)。

>商品仕様
LUMIXは良いデジタルカメラだと思いますが、
カスタマイズの元機械の型番がありませんね。
本末転倒じゃん、と思うワタクシです。



[1043] 漆塗りのデジカメ

■ 椿三十郎殿
確かに手触りや外見はいいかなぁ~と思っていたのですが、よく詳細説明を読むと
「背面パネルについては、漆仕様ではない」
って書いてあったんですよね。
だから、ちょっと中途半端な作りになっちゃっているかなぁ~っと。

値段に跳ね返ってきそうで、確かに怖いですね。
でもまぁ、これはこれとして楽しみたいなぁって思います。
たぶんこんなデジカメを颯爽と取り出したら
「おおっ!!」
って驚かれること間違いないですよ!
(それだけのために購入するのはきついですけど(^^;)


■ 瑞閏殿
あ~、なるほど。
確かに「銃」は実用品でもあり、その後は芸術品の一部にもなりましたね。
実用的な銃ほど素朴な感じがしますが、華美になればなるほど
「こんな銃使えるのか?」
っていうくらいになります。
刀でも、似ているところがあるかもしれませんね。

漆塗りの種子島なんてあったら・・・怖くて撃てませんね。(笑)

>LUMIX
あー、そっか。元にしている商品の仕様をみればよかったわけですね。
でもカスタマイズの元番号までなかったのか・・・って、それも無いわけですか。(--;

なんかこういうのをみると、商品性能どうこうより
「私たちはデザインに絞ってみたんですよ!」
という思いが伝わってきそうな気がします。
それはそれである意味良いと思うのですが、一応「実用品」なわけだから、そういった面の説明をほしいところですよね。(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/490-8cae80a6

デジカメ紹介とデジカメの選び方

デジカメについての紹介とデジカメの選び方について記事にまとめました。デジカメを購入する前に、選ぶポイントを知ってからお得に失敗のないよう上手にデジカメを購入しましょう。

【最安値】Panasonic LUMIX DMC-FX07

現在の最安値25,739円 最新ランキング...

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する