バドミントン2nd [第五夜] ハイクリアが打てません

昨夜はバドミントン教室第五回でした。

10月も半ばという時期なのですが、バドミントンで動き回るとまだまだ暑い!
外を歩くと多少肌寒さを感じるのですが、体育館の中はまだまだ熱気があります
さすがに真夏ほどではないけれども、それなりの汗をかくため、良い運動になりますね。


基礎練習が終わった後で、2チームに分かれました。
ある程度の経験者はゲーム。
まだショットに自信がない初心者は練習継続。
「ショットに全然自信がない」
「スマッシュが一本も入らなかった」
という私は、当然練習組に直行です。(つД`)



練習組に参加している男性陣は、私を含めてたったの3人
そのうち一人は、ゲーム組でも十分通じるレベルの持ち主。
(いつもこの人にアドバイスもらってる)
(本人曰く、まだショットが安定しないので練習したいんだそうな)
もう一人は、私と同じ時期にバドを始めて、レベルも私とほぼ互角というライバルさん。
(あ~だこ~だと一緒に言いながら、いつも切磋琢磨させてもらってます。負けらんね~)
そして




ということは・・・
ワースト一位・二位コンビ、ここに集結っ!!ヽ(`Д´)ノ

まぁ、ハイクリアすらまともに打てない私たちなんで、仕方がないことなんだけどね。(つД`)




普通に返すことは出来るのですが、どうにもこうにも「手打ち」になっちゃっている感があるそうです。
何度も言ってますけど、落下してくるシャトルに、弓なりポーズで狙いを定め、半身にした身体をひねるようにして打ち込むのが基本。
これに足裁き(打ち終わった後の重心移動)を加えるらしいのですが、そうするとせっかく覚えた上半身の形がバ~ラバラ。
かといって、上半身に意識を集中させると、下半身の運びがこれまたバ~ラバラ。



MS-DOS人間なんです、私・・・。(つД`)
--------------------------------------
(※MS-DOS人間・・・今のWindowsとは違って、昔のOSでもあるMS-DOSは一度に複数の命令を実行することができなかった。その人間版のこと。この手の人間は、一度に複数のことをやろうとすると、脳内ハングアップを起こし、正常に動作しないことがある。)
---------------------------------------

ということで、昨日の練習時間は、ひたすらハイクリアの練習ばかりしてました。
どうも私は、落下地点に入り込むのが甘いため、その後のすべての動きに影響が出ちゃっていたみたいです。
「宙に浮くシャトルを本当につかむかのような感じでやってごらん」
というアドバイス通り、最初はシャトルを左手でつかみとるところから始めて、序々にショットの形にもっていきます。


滑り込むかのようにサッと落下地点の真下に移動。
宙を浮くシャトルをつかみかけるようにして左手を指し伸ばして・・・
(本当につかむように意識すると、自然と身体も体勢を整えてくれるみたい)
ショォォット!!!
うぉ、何このインパクトの感覚は・・・。
凄い軽いじゃん。
かろやかじゃん。
打ち終わっても肩が痛くないじゃん。
何よりも当たってるという感覚がずしりと腕に伝わってくるじゃぁぁんっ!!

インパクトの瞬間の
「バシィッ」
っていう音が、自分でもわかるくらいに全然違う・・・凄い乾いた音になった。
こ、これが本当のハイクリアなのかッ!!キタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!


こ、こんなおいしいショットを、みんなは今まで打っていたのか・・・。
コーチ殿のハイクリアなどは、やたらと遠くまで飛んでいくだけに
「どうしてそこまで飛ぶのだろうか?」
と毎回毎回疑問だったけど、そのカラクリが序々にあきらかになってきたゼ・・・Ψ(`∀´)Ψケケケ


まだ足運びがぎこちないらしいんだけど、これで足運びまで完璧になってしまったら・・・一体どこまで飛ぶのだろう?っとちょっとワクワクしてきちゃいました!

来週こそ、綺麗なハイクリアを打つぞーーっ!!
スポンサーサイト

Comment

[785] その調子ですよ

だいぶ、上手になってきたんですね。そのうち“ウワーンショット”も出なくなりそうな予感ですが、今後も頑張ってください。ところで棒術習ってた時もおんなじ感じだったの?v-245

[786] MS-DOS人間(笑)

毎朝起動が遅い私はメモリが少なすぎるのかしら。苦笑

>打ち終わっても肩が痛くない
おお~
ちゃんと教わって練習するとそんな効果が!
早くゲームができるといいですね♪

…て、棒術もやってたんですか!?
カッコイ~(>▽<)

[787]

バドミントンはよくわかりませんが、要するにスイートスポットでシャトルを捕らえたと言うことでしょうか。

以前、打ちっ放しのゴルフをやっていた頃、たまにドライバーが気持ちよく当たることがあったのですが(当然、真っ直ぐ遠くに飛んでいきます)、こう言う時には当たった手応えが軽く、力が無理なく伝わっているように感じたものです。野球でも似たような感覚らしいですね。

>落下地点に入り込むのが甘い
サッカーのゴールで、よくもまぁパスが通るどんぴしゃりのところにいるもんだと思うことがありますが、どこにくるかを予測して、即座にゴールに向かえる体制になっているんでしょうね。

[789] バドミントンは面白いよ~?

>>椿三十郎殿
「ウワーンショット」はたぶん無くならないかと。
ショットの形はスマッシュですけど、気持ちは「ヽ(`Д´)ノ 」ですから。(笑)
「私の思いを詰め込んだショットを・・・取れるものなら取ってみろぉーっ!」
って打ち込むものの、かる~く返されちゃっているので、[ヽ(`Д´)ノ] と[(つД`)]という思いの狭間で困っていたり。(^^;

>棒術
正確に言うと「杖術」でございます。(こういう変なところにコダワル私)
どうも全般的に運動音痴っぽいので、杖術もそんなに上手くできなかったような・・・。
まぁバドほど練習期間をもてなかった(仕事の都合(つД`))ということもあるのでしょうけど、とにかくひたすら基本の型で杖をブンブン振り回しておりました。
「声だけは一人前だなぁ~」
って言われてましたっけ。(笑)

というわけで、バドと似たり寄ったりだったと思います。(^^;
水泳やサッカーとかにも言えることなんだけど、
「上手くないからひたすら練習を繰り返して、多少はできるようになる」
っていうぐらいのレベルには、毎回いっているみたいです。


>>suigyo殿
私も毎朝起動に時間が・・・
おまけに頭の回転も悪いので、CPUあたりもかなり昔のモノなんだと思います。(笑)

>肩が痛くない
「手打ち」の状態で打っていると、変に肩に力が入りすぎちゃって、痛めてしまうんですよ。
肩の力だけで「ひねり」を出そうとしているためだからだと思います。
身体全体でひねりを出すことにより、肩にかかる負担が逃げるのでしょうね。
こういうのが体験できるようになってくると
「多少は上手くなってきたかな?」
って嬉しくなったあげく、調子に乗るのが私の悪い癖。(つД`)

>棒術
椿さんへのレスにも書いたとおりで、「かじった程度」です。
ただこんな風にいろんなことに興味をもって、今後もチャレンジしていきたいなぁ~とは思っておりますね。
ちなみに、suigyoさんは何かこういった習い事みたいなものってやったことありますか?


>>瑞閏殿
あー、「スイートスポットでシャトルを捕らえた」っていうのは、コーチ殿やバド"仲間にも同じこと言われましたね。
「捕らえていない」っていう否定の意味ででしたけど。(^^;
おっしゃる通りで、ゴルフと同じ感覚なんだと思います。(私もゴルフやってました!)
ドライバーの芯でとらえることができれば、気持ちよいくらいに
「スカーンッ」
って飛ぶんですよね~!!
でも私の場合、飛ぶのは飛ぶけど、スタンスが広がっているためか、めちゃくちゃスライスして曲がっていきます・・・(つД`)
コースも回ったことがありますが、グリーン上で10打ほど打ち込んだ男だったり・・・

>落下地点に入り込むのが甘い
Σ(゚Д゚;)←高校までサッカー選手だった

ディフェンスでしたけど、確かにボールの落下地点に入り込んでヘディングするのは普通にできていたなぁ~。
長い間続けていた経験による利点もあったのだと思います。
バドも長く続けていくことができたら、同じように簡単にできるようになるかもしれませんね。

[792] 習い事…

そういえば今年から着付けを始めたんですが、先生が体調不良で現在は休止中です。(・;)

古武術や室内ロッククライミングなどにも興味があるのですが…。
興味があるだけでやったことはありません。(--;)
武之介さんの実行力がウラヤマシイ。

[794] 着付けっ!!

着付けって、スゴーーイッ!!(≧▽≦)

「着物を着て外を歩きたい」
みたいな願望をお持ちなのでしょうか?
それとも時代劇等による影響かな?
どちらにしても、スゴイなぁ。
大変難しいことなんだろうなぁ~って思えるだけに、チャレンジされる御方はホント尊敬してしまいます。

一応自宅では着物生活をしている私ですけれども、着物の着方なんてほんとイイカゲン。たぶんsuigyoさんのように、ちゃんと習っている方から見たら
「なんでそんな着方してるんだっ!!」
って怒られるんじゃないかと戦々恐々です。(つД`)


ロッククライミングなんかは確かに面白そうですね~。
室内で出来ることは知っておりましたけど、アレを見るたびに
「良く上れるもんだなぁ~」
って感心してしまいます。
グイグイグイッと登っているところに、何かしらの楽しさがあるのでしょうね。
サイクリングで坂をグイグイ上っていくのと、もしかしたら似ているのかも?ってふと思いました。
だとしたら、やってみたら意外とハマルかも?(^^;

[796] い、いえ…

習ったのはまだ数回でして、着物を着て外出するなど…今はまだ考えられません。
ただ、例えば 片手でも結べる紐の結び方 のような、受け継がれてきた古の知恵に触れたりすると嬉しくて、習っててよかったな~って思います。
着付けを習い始めた理由は…多すぎて思い出しきれないです。(^^;)

>自宅で着物生活
今も続けてらっしゃるんですね。^^
過去記事でも拝読したのですが、
「外出着ならともかく、普段着でキッチリ着る必要はないはず!」
という意見には本当に目から鱗が落ちました。
怒るなんてとんでもないですよ。笑
肩の力を抜いて、着物ともっと気楽に付き合えるかも、
と思えたんですから、私にとっては大収穫でした。

[800] もっと気楽に

「片手でも結べる紐の結び方」なるほど・・・
着付けっていわれると、着物の着衣方法やその他着物に関するあれこれを習うもんだという大まかなイメージをもっておりましたが、思っていた以上にいろんなことを習うことができるようなのですね~。
そういえば「紐の結び方」というのが、江戸時代の文献でもある「守貞漫稿」の中に掲載されていた(うろ覚えですが)のですが、いろんな方法があるもんだとちょっと感心したことがあるのを覚えております。
「結びの文化」というものも調べてみると、意外と面白いかもしれませんね~。

>着物ともっと気楽に付き合える
着物って、どうしてもビッチリ決めたフォーマルなイメージが強いですよね。
時代劇の着流し姿なんかをみると、あれほどのんびり着ることができるものなんだから、普段着ならばあんな感じでいいのかなぁ~みたいなノリで着ちゃっています。

ちゃんと教わりたいという気持ちはあるものの、
「普段着としての着衣方法」
を教わるというのも何か変な感じがするので、我が着物の師匠でもある祖母とあ~だこ~だ言いながら、着物を楽しむ程度で今は満足。
「お前、それはおかしいよ」
って指摘されまくりですけどね。(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/433-eb3d463d

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する