「新・桃太郎侍」にもの申す【第5回】 黒桃太郎・裏桃太郎ってどう?

新桃太郎侍」を今週も見ることができました!



さて、見終わった直後の感想ですが・・・・




(つД`)






やっぱりコレだったーーーーっ!!!ヽ(`Д´)ノ


「斬新な時代劇」
「楽しく笑える時代劇」
「それでいてカッコイイ時代劇」
というのを作ろう!という意気込みは、番組の要所要所で感じることができます。

序盤での町の喧嘩シーンがコミカルだったね~。
闘牛士に似せた滑稽な喧嘩は、それはそれで面白かった。
音響エフェクト(ただの効果音?)が使われていたところなんかは、ちょっと驚いたりしましたよ。
そして、ウリの一つである殺陣シーンは、相変わらずカッコイイ。
ただカッコイイのではなく、荒々しさを誇張した力強い斬り合いが見ものです。
ヒーローは絶対的に強いということは相変わらずだけど、前にもかいた通り
「うぉっ!」Σ(゚Д゚;)
と驚いてしまうかのようなピンチというか・・・妙な立ち回りがあるので、気が抜けない。(笑)
欲を言えば、もっと破壊の限りを尽くすのような殺陣だと、見ている方もヒートアップするんだけどね。(^^;

まぁそんなこんなで、今までにはないちょっと変わった殺陣だけに、何だか良く分からないのに楽しいという不思議な気分を満喫しております。(笑)





と、これだけ斬新さを意識しているはずなのに、はずなのにぃぃぃ!!!ヽ(`Д´)ノ
話の内容(シナリオ)には
『斬新さの欠片も見えない』
っていうのはどういうことだ、ゴラァッ!!!(#゚Д゚)ゴルァ!!

「オランダ商館に売るため、女を拐かす」
「拐かしの下っ端と主人公との間には、間接的な接点が生まれる」
「下っ端は用済みとばかりに消される」
「怒った主人公が、悪・即・斬」

この展開は、時代劇では使い古された展開です。
様々な悪党がはびりました。
いろんな女性が拐かされました。
そして、多種多様な正義のヒーローに
「ズンバラリン」
と斬られまくってきました。(つД`)
・・・だからこそ、番組の途中から先が読めてしまうんだよねぇ。


母上様の薙刀も・・・「御家人斬九郎」のコンビの方が面白いから、どうも二番煎じにしか見えないんだよねぇ。


せっかく「斬新」を意識しているのに、こういった
「時代劇っぽい」
(ま、時代劇だから当然か(笑))
ことに固執しているところが所々に見えるため、斬新さと混じっちゃって、中途半端になっちゃっている気がします。(つД`)



もったいない・・・

非常にもったいないっ!!ヽ(`Д´)ノ



どうせだったら、
「人情に厚く涙もろい」
「腕が立って、女にもてる」
なんていう時代劇の王道は、ドブに捨てるべきですっ!
ポイッとな!って感じでっ!ヽ(`Д´)ノ
そして、
「非情・極悪・卑劣」
「驚くほど弱い」
「近づけば女が逃げらぁな」
「最後は必ずこてんぱんにやられる」
みたいにして、桃太郎というよりは
「鬼ヶ島の鬼」
という感じに仕上げてみてはどうだろう?
新桃太郎侍とはまったく逆の構成だから

桃太郎侍」
桃太郎侍」

なんてしてみると、面白そうに思えませんかっ?!


どう?どう?
イイと思いません??







ア、アレ?もしかして、私だけぇ?Σ(゚Д゚;)





HPのみどころを読むに、
『桃太郎と千代という親子の「家庭ドラマ」』
とあるけれど、時代劇にホームドラマを持ち込むのであれば、NHK金曜時代劇の
『物書同心居眠り紋蔵』
のクオリティの高さを見習って欲しいと思う。
ウリにするくらいなら、あのレベルまで持ち上げないと。
まだ2回しかみていないけれども、当たり屋ばっかり出てくるので、家庭ドラマがまったく見えてきません。(つД`)






そういえば、この番組。
一体誰が時代考証されているんだろう?と注目していたら、どうも
『時代考証者がいない』
のかもしれない。
エンディングのスタッフロールに、それらしい名前が見あたらなかったのですが・・・







改めて思った。
「スゴイ時代劇だ」



いろんな意味でぇぇ・・・(つД`)








-----------(HPより抜粋)-----------------
火曜時代劇が自信を持ってお贈りする新企画
笑いと涙の人間ドラマ!
時代劇ならではのカタルシスと華麗なるたち回り!
「新桃太郎侍」
どうぞご期待ください!
--------------------------------------------


(つД`)


スポンサーサイト

Comment

[638] (つД`)

ほんと、惜しい、ですよね、新桃太郎侍。
主役やスタッフの意気込みは伝わってくるのに………。

私は…あまりの主要人物の少なさに、
これから「犬」「猿」「雉」的ポジションに楽しいキャラが仲間入り(笑)してくれるのかな、と。

うう 時代劇、がんばってほしい…(つД`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/378-116c5608

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する