「蝉しぐれ」 (第一話~第二話)

今宵も時代劇をたんまりと堪能してしまいました。。どうやら以前金曜時代劇にて放送していたみたいですが、どうやら見逃していたらしくまったく記憶にありませんでした。藤沢周平原作。読んだか読まないかは・・・むぅ、完全にうろ覚えです。今宵放送したのは、「蝉しぐれ」。
昨夜の「徳川綱吉」も面白いと思っておりましたが、そこはやはりNHK。それも名作の多い金曜時代劇とあって、さすがにレベルの高いモノでしたね!第1話・第2話と合計3時間を全部見てしまいました。(最終話は12/30放送)

あらすじの方はNHKのHPの方を見て頂くとして、良かったなぁと思う所を。
まずは物語の一つの場面であった「父の遺体を荷車にのせて矢場の坂をのぼる」シーンでしたね。父が藩の世継ぎ争いに荷担したため切腹を言い渡され、その遺骸を引き取りにくるように言い渡されます。子である文四郎は、周囲から「謀反人」と蔑まれながらも、亡き父の遺体を乗せた荷車を引き続けます。「矢場の坂」と呼ばれる急坂で、酷暑と疲労のために、動けなくなってしまった文四郎・・・そんな文四郎を無我夢中で助ける思い人のふく・・・力を込めて荷車を引く、TVの前で思わずぎゅっと拳を握りしめてしまいました。こんな感覚は久しぶりです。
また、全体的に話の作りが非常に上手いですね。初めは剣の腕もあり、思い人とも淡い恋なども芽生え、尊敬できる父もあり・・・と順風満帆の文四郎でしたが、父の切腹を機会にお役を外され、家禄を削られ、屋敷は没収、そして思い人は江戸に奉公に出てしまうという・・・まるで奈落の底に落とされたかのような没落。そして時が経つにつれて少しずつ、以前の生活に戻っていく様・・・そういった環境の変化、牧家の浮き沈みの変化などが非常に上手かったなぁと。まぁある意味よく使われるストーリーなのかもしれませんが、そのストーリーを活かすのもやはり難しいことですからね。
そして、次はキャスト。主人公である牧文四郎を演じた内野聖陽・・・し、渋い・・・渋いなぁ~!!!私はこういった深みのあるキャラクターがめっちゃ大好きです!!父の遺体を引き取って荷車を引くシーンなどは・・・そのあまりのぼろぼろの姿になぜかめちゃくちゃ惹かれてしまいました。また落ち着きある雰囲気が、思わず「物書同心居眠紋蔵」の藤木紋蔵(舘ひろし)(私の中での最高!!)を連想してしまいました。いやぁ、こんなことは初めてです!ビデオ録画しておけば良かった・・・と本気で後悔してます。

今宵で一気に三話構成の内の第二話まで放送してしまいましたが、明日はいよいよ最終話。果たして、文四郎とふくはどのような形で、巡り会えるのかっ!そして奇しくも父と同じく世継ぎ問題に巻き込まれてしまった文四郎は、どういったことになってしまうのか?明日もこれは見逃せません!!

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/36-20b879d5

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する