スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『徳川綱吉 イヌと呼ばれた男』

徳川綱吉 イヌと呼ばれた男」を昨晩見てました。
最初はどうなるものかと思っておりましたが、見終わった時の感想はなかなか面白かったなぁ~と。いろいろ突っ込みたいところはありましたけど、今回はその点については明後日の方向に蹴飛ばします。
徳川綱吉公といえば、世に名高き「イヌ公方」。「生類哀れみの令」に代表される奇妙な法を成立した方・・・そして忠臣蔵にて有名な赤穂浪士達に切腹を命じたといういろんな意味で十五代にわたる徳川将軍の中でも異色を放つ将軍様です。今回のドラマの中でも、この2点についてはやはり強調されて放送されておりましたね。「生類哀れみの令」が数多く出されていたということはおぼろげにはしっておりましたが、その中身となるとほとんどしりません。昨夜の放送の中でも、「おいおい本当かよ?」と思うようなものがありましたから、この法を一つ一つ追っていくと、意外に面白いのかもなぁ~って思いました。(寛政の改革なんかも細かい法案を追っていくと面白かったからなぁ)

意外に良かったなぁ~と思ったのが、忠臣蔵の場面を含めての生類哀れみの令の扱い方です。綱吉側では生き物を大事にし、命を尊ぶことをしているのに対し、赤穂浪士側ではその命を捨ててまでも己の忠義をひたむきに遂行する・・・あの斬劇と生命誕生のシーンの掛け合わせ方には「生と死」の対比をまざまざとみせつけられました。私はどちらかというと「吉良擁護派」になのですが(といってもあくまで、吉良家臣達に対してですけどね)、吉良邸内の凄惨な内情をみて綱吉が言った言葉
「これが忠義なのか・・・」(うろ覚え)
がとても印象的でした。
また、生類哀れみの令が数百年を経た平成の世において、法律として定められた(程度の差はありますけど)というのは、これもまた上手い落とし方だなぁ~と思いました。単純に見れば、生命に対する考え方が当時の人とはかけ離れていた(ある意味、現代的な)人だったのかもしれませんね。

さてキャストのお話。
今回の作品においては、これらの人物達の描き方が新鮮だったなぁ~というのが一番強く思います。
将軍綱吉(草薙剛)も意外にいいもんですね~。綱吉というと、英明がゆえに一度狂った歯車が止まらずに暴走してしまった・・・というイメージが私にはあるのですが、ああいった綱吉も新鮮で大変面白かったです。
また綱吉と老中方の間で板ばさみ状態に追い込まれていたという形で描かれた柳沢吉保(田辺誠一)も面白かった!彼といえば、忠臣蔵では常にさまざまな謀略を描いて、赤穂浪士達を苦しめるという悪役のように描かれたことが多かっただけに、まるで善人でお人よしのように描かれた彼の姿は興味深かったですよ。
あと大石内蔵助役の堤真一さんかっこええぇぇ!!!今までさまざまな人が演じてきた大石役でしたけど、個人的に一番好きかも?あの渋さに目がくらんでしまった・・・うわわ・・・。
そしてなんと言っても外せないのが吉良上野介(竹中直人)こ、こわぁ~っ!!でも、こんな悪人面で因業・陰険爺は初めてだぁ~!♪さすがは、竹中さんだ・・・と思わず拍手してしまいました。
男性陣強すぎ。(^^

2時間30分という長時間でしたが、意外に時間を感じさせずに作品を楽しめたので、これもまた面白い時代劇だったなぁ~と思います。個人的には、もう少し忠臣蔵関連の部分を削って(赤穂での生活、討ち入りの計画など)、その分を綱吉の業績などに当ててくれば、もっと徳川綱吉公という人物を見ることができたかなぁ~なんて思ってますけど。(忠臣蔵の個所は、正直もう見飽きてますし・・・(--; )

「剣客商売SP」に引き続いて「徳川綱吉」。意外に年末時代劇、健闘しています。(^^ さてさて次なる時代劇は何だろう?とりあえず時代劇専門CHでやっている「徳川家康」(信玄の方は見たので)を見ながら、コタツに入って蜜柑をほおばりながら、ゆっくり考えることに・・・。(^^;



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/35-80b532ca

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。