妙名異相胸中五十三面 その五[箱根]

妙名異相シリーズの第五弾です。


箱根




ん??
一見すると普通の人の様に見えるのですが・・・どういうことでしょう?


箱根とかけて・・・よこね!
(武之介意訳)
若いときは身持ちが肝心です。
女郎の安物買いやつまみ食いはしない方がいいですよ。
そんなことをやっていると、年をとってから病気になっちゃう人がままにいるそうです。
だからこそ、身持ちは肝心、早く気がつきましょう。
そういった人を「よこね」と言うそうです。



・・・

・・・

身持ちは肝心ですな。(つД`)





(参考文献)
スポンサーサイト

Comment

[557] 身持ち

100年以上経っても人間は人間、身持ちの固さはある程度必要なわけですね。100年も前から同じようなこと言ってたんですね。人間が進化するのは何年後なのでせう。でもこの展開から行くと逆に身持ちが硬すぎる人の顔も出てきそうですが。出てきそう?

[558] この本欲しいYO

面白いですねぇぇぇ。
本を見てみたいけど、一度に見るよりここで少しずつ見る楽しみにしとこうっと。

しかし…
性病なんですね、よこね。
ほんっとためになります…。

[559] 国芳

■ 椿三十郎殿
まぁ確かに現代においても、同じことをいわれ続けていることもあるんでしょうね~。
ただ同じ場面に出くわしたとしても、果たして同じことを思うか?といわれると、それはまた違ってくるところが、面白いんだろうなぁって思います。
「最近の若い者は・・・」
なんて当世のご老人が若い連中を嘆く姿がよくみられますけど、これなんかはどの時代においても同じことという珍しいことなのかもしれません。(笑)


■ はりはり殿
この本、初めて目にした時からずっと
「ほしいよぉ~」
って思っていたんですよ!
そして、やっぱり買ってよかったと今は喜んでいます。(^0^)
こういった面白絵ばっかり収録されているので、見ていて飽きないんですよね~。
絵師達の遊び心(絵師が考えたわけじゃないかもしれないけど)が伝わってくるようで、江戸の頃にも面白い人達はいっぱいいるんだなぁ~と感心するばかりです。

今まで、浮世絵といえば「葛飾北斎」ぐらいしか注目していなかったけど、こんな面白絵を描いてしまう&大の猫好きの歌川国芳も、今後は要チェックですね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/330-f29484dd

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する