杉浦先生の最後の著書『うつくしく、やさしく、おろかなり』

杉浦日向子先生の最後の著書となる
『うつくしく、やさしく、おろかなり』
という本が今年の8月に出版されるそうです!
(筑摩書房より8月5日?)


お亡くなりになられてから、今月の22日で一年。
「一周忌までには何とか出版したい」
という要望が出版社の方にはあったようなのですが、事情により出版社を変えて、8月に出版という形に変更になった模様です。
杉浦日向子著『ちょこっと江戸まで』発売中止のお知らせ



まだAMAZONなどには載っておりませんけど、別のオンラインブックショップには予約受付なども始まっているみたいですね。
「杉浦日向子さんの最後の語りおろしによる本書」
「あっけらかんとお目出度く生きていた江戸人たち。彼らが営んでいた暮らしや紡ぎだした文化にとことん惚れ込んだ著者が、その思いの丈を綴った最後のラブレター。」
といった本の紹介がなされておりますが、一体どういった内容なのだろう?と今から楽しみでなりません!
だた、そういった楽しみの反面、これが本当に本当の意味で
『最後の著書』
ということになってしまいました。
亡くなられてから1年経って、ショックは薄れてきたけど・・・やっぱり・・・寂しいなぁ。



杉浦先生がどんな思いでお書きになられたのか・・・。
先生のどういった思いがつづられているのか・・・。
杉浦日向子ファンであるならば、これは買わねばならぬでしょう!!!!
この本を通じて、少しでも杉浦先生がお感じになられた「江戸への思い」に共感することができたら・・・これほど嬉しいことはありません。



先生の江戸への思い、じっくり読ませていただきます!
ありがとう、杉浦日向子先生!!!


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/323-d850570d

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する