スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙名異相胸中五十三面 その一[藤沢]

買ってしまいましたーーー!!!!!(≧▽≦)



■ 江戸の遊び絵(稲垣新一、東京書籍)
前々から欲しいなぁ~って思っていた本でしたが、やっと購入できました!
っていうか、一ヶ月ほど前にとある書店で見つけて以来、苦悩に苦悩した結果、ついに
「えいやっ!」ヽ(`Д´)ノ
と買ってしまいました。
だって高いんだもん・・・(つД`)


でもね?
コレには非常に笑える絵が満載なのデスヨ。(゚ー゚*)


書名にもあるとおり「江戸時代の遊び絵」ということで、様々な遊び心が込められた浮世絵がふんだんに紹介されております!
こういった江戸の遊び心って、本当に面白い!
普通の美人画や風景画、役者絵とはまた違った観点で見ることができるんですよね。
それでいて、こういった絵からも江戸当時の姿が思い浮かんでくるところもあり、見ていて面白く、それでいて勉強にもなるという一石二鳥の本だったりします。

ほんと、みれば見るほどユニークで面白い絵ばかり!
その中でも、私がもっとも大好きな絵がコレ。


妙名異相胸中五十三面

妙名異相胸中五十三面」(一勇斎国芳)
という絵なのですが、その名もタイトルとおり
「妙な顔をしている人たちの胸中を表したいろいろな面」(笑)
を、東海道中五十三次の宿場町にちなんで名付けたものです。
(なんでこんな絵を描いたんだ?(笑))
これがとっても面白いんですっ!!!

全部で12人のオモシロ面が紹介されているようなので、一人一人ずつ紹介。
なかなかスバラシイ方揃いですよ~。



まずはこの方からっ!!!


妙名異相胸中五十三面 藤沢

藤沢とかけて・・・おじさま
(以下、武之介意訳)
気の利かない人を「おじさま」、又は「おじごおじさん」と言うんだそうな。
どれもたいてい、バカにされる方々ばかり。
こういう人達は、とにかく人にバカにされないようにするのが肝心です。
よって、こういう間抜けな人を名付けて「おじさま」と称します。


とまぁこんな形で、様々なオモシロ面が12人紹介されているんです。
これがまた特徴ある顔かたちにわざと描かれているので、ますますおかしかったり。



これを描いた一勇斎国芳
杉浦先生によれば大の猫好きな人だったそうです。
常に猫を飼っていたとか。(´∀`)
それもあってか、猫を題材にした様々な絵も残しています。
ただ猫を描くというわけではなく、彼なりの独自のオモシロを取り入れた作品が多く、見ていて面白い作品が一杯です。
人物的にも、なかなか面白い人だったのかも~?(^^。



一番大好きな遊び絵だったりするので、おいおい一人ずつ、全員紹介していきます!(^o^)
スポンサーサイト

Comment

[523] 同系統かもしれないけども

私も似たような本を見たことがあります。人の顔があってよく見ると人間がいろんな格好をしてその組み合わせで人の顔になってたりひらがなだったりするやつだと思うんですけども。あれって面白いですよね。時々汗臭さを感じてしまう時があります。みんなくっついて暑くない?とかって考えてしまうんですよ。関係ないのにねぇ。

[527] 一勇斎国芳

あー、その絵も、この「江戸の遊び絵」という本の中に一杯掲載されておりました。
よく見てみると、一勇斎国芳の名前が載っているものが多いので、やっぱりこの人は遊び心豊富な人だったのかも~?って思ってしまいましたね。

暑くない?とは思いませんでしたけど、とんでもないところに頭を突っ込んでいたりしている人などを見つけたときは
「ご苦労様~( ^▽^)」
って思ってしまいました。(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/312-a4380170

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。