「Web 2.0を実感するための、10のポイント」なんだそうな

冷た~く冷やしたお茶で涼みつつ、トーゴVSスイスを昨晩はTV観戦。
連携プレイや戦術面でチグハグさが目立ったトーゴだったけど、身体能力からいえば、スイスを上回るプレイヤーが数多かったように思えました。
アフリカ勢がダークホースと謳われるのは、こういったところに理由があるのかも。

今宵はエクアドルVSドイツ
やっとドイツが見られるぜぃ!!(  ̄ー ̄)



さて、そろそろネタ切れ感が漂いはじめてきてます。(笑)
流石に毎日のようにネタが発生するような、オモシロ人間ではない私ですので、こういう時のために、日頃からある秘密兵器を準備しています。


その名もっ!!!!



ヽ(゚∀゚)ノ 「ネ~タ~帖~」
(ドラ○もん風によろしく!)



以前よりストックしていたネタ帖から抜粋~。



「WEB2.0」という言葉を、最近はどこへ行っても目にするようになりました。
特に書店にでも出かけてみれば、PC関連の雑誌や書籍のところには、必ずといっていいほど関連書籍が置いてあります。
週末に立ち寄った紀伊国屋書店やラオックスの書籍コーナーなどにも多数のWEB2.0関連の書籍が並んでおり、世間一般にも浸透してきているんだなぁ~ということを、こういった所からも感じることができます。

さて、そんなWEB2.0ですが、
『具体的にどういったものなのさ?』
と思う方も多いはず。
『2.0、2.0と呪文の様に唱えられたからといって、スプーンが曲がるわけじゃねえんだっ!!!ヽ(`Д´)ノ』
といった怪電波の思考回路の持ち主は私ぐらいかと思いますが、少なくとも大なり小なりの
「WEB2.0ってなんじゃらホイ?」
という疑問をお持ちだと思います。
『WEB2.0超入門講座』において、
「Web 2.0を実感するために、ユーザーが経験するべき10のこと」
というものがあげられておりました。

どんな内容なのかまったくわかりませんが、IT業界の末端に属する身としても、多少の接点は持っているはずっ!!と淡い期待を抱きつつ、チェックチェックです!(≧▽≦)


■1:オンラインショップで買い物をする
チケット予約から商品購入まで、かなりのものを「オンラインショップでの購入」に頼っているかも。
特に地方に住んでいる身としては、こういったオンラインショップの存在は非常にありがたく、欲しい書籍やPCパーツ、チケットなどをわざわざ現地に赴いて購入しなくても、ディスプレイの前で
「ポチッとな」(゚Д゚)b
するだけで購入できてしまうのは、誠にもってスバラシイ。(  ̄ー ̄)
(そしてその後に「また買っちまった・・・」と後悔することもシバシバ)
検索機能も充実しているので、商品を見つけやすいというのも利点でもあるね。

ただあまりにも便利すぎて、あの著者の名前でも検索してみよう!ということで、2重3重の罠に陥っていくこともしばしば。(つД`)



■2:RSSリーダーでブログを読む
BLOGを読むのは本当に楽しいです!
かなりのサイトで本音トークが繰り広げられているだけに、読み応えのあるBLOGなどはほぼ毎日チェックしております。
そんなBLOGだけど、ブラウザで毎回毎回チェックするのは、かなり面倒・・・という貴方っ!!(゚∀゚)
『RSSリーダーを使うと、本当に楽ですよーーー!!!』

更新チェックもボタン一発でOK!
朝・昼・夕・夜と定期的に、ボタン押下ですぐお気に入りにいれているBLOGの記事チェックができてしまいます。
タイトル単位で整列して並べられているし、もちろん検索もあるので、過去の記事などを読むのにもブラウザより格段に楽。
もしブラウザで、BLOGを読まれている方がいらっしゃるのであれば、すぐさま、RSSリーダーをお使いになられることをオススメいたしますね!

【武之介愛用RSSリーダー】
Headline-Reader ver.2



■3:Ajaxを利用したWebサービスを体験する
私がよく使っている(遊び感覚ですが)『Google Maps』。
サービス開始当初から注目していたサービスでしたが、序々に閲覧範囲や精度も増してきているようで、大都市ともなれば、かなり精密な地図をブラウザ上から見ることができちゃいます。
そのあまりの精度のため、某国よりGoogleに対して勧告が来たぐらいということですから、かなりのものなのでしょう。

技術者の視点で見てみると、FLASH等の技術を使用しなくてもあそこまでのサービスが実現できてしまうことに、かなりの驚きを覚えましたね。
大ブレイクするはずだよなぁ~。



■4:Podcastingの番組を聴いてみる
ラジオ番組なら・・・
まーーかーーせーーとーーけーー!!!ヽ(`Д´)ノ
っていうぐらいに、TVを見る以上にラジオを聴いているリスナーでございます。
本日も元気に叫びます、ハイ。

昨晩もラジオを聞きながら、夢の世界へと落ちていったのですが、ラジオって雑音や混信がどうしてもあるんですよね。
その点、WEB配信でもあるPodcastingラジオ番組ならば、雑音0!
そんでもって、ファイルとして保存しておくことで、いつ何時でも聞き返すことができます
「録音し忘れたーー!!!(つД`)」
という泣き言も聞こえてきません!
iTunesを起動して、Podcast更新をクリックするだけで
「ミッションコンプリート」(゚Д゚#)
です。

デジタルラジオが普及するよりも先に、ネットを介したネットラジオの方が普及しそうな予感がします。
近い未来、携帯型のラジオチューナーは、すべて無線でネット対応になっているでしょうね~。

ラジオ番組だけではなく、動画を配信するサービスもいろいろあるので、興味のある方はぜひ使用してもらいたいね。



■5:「口コミ」情報を探してみる
まぁよく使うのが、「AMAZONのレビュー」でしょうか。
私もいくつか投稿したことがありますが、実際に読んだ人のコメントって本当に助かります。
購入してみたけど、面白くなかったという思いは、誰だってしたくありませんからね!
書籍などを薦められる度にAMAZONにて必ずチェックし、そのコメントを読むのが定例作業になっているほどです。

AMAZON以外にも、車を購入する際につかった「CarView」というサービスや、F1観戦時に宿泊施設を探す際にも、ホテルの口コミ情報などは選択の際の指標の一つにしておりました。

個人的には、江戸関連書籍の書評などが載っているところがあるといいんだけど・・・まずないよなぁ。(つД`)
コレ、作ってみようかなぁ。



■6:テレビを観ながらパソコンを使う
武之介は、TV持っていないザマースッ!
それは、PCでTV番組を見ているからな~のでございま~すことよ、オホホホホホー!
(誰だ?(笑))

・・・スイマセン、ノリすぎました・・・。(つД`)


PCでTVを見る利点としては
録画した映像をPCで利用することが簡単
(ビデオテープもいらないし~♪)
・TVを2台(TV/PC)と置かずにすむので、スペース的に少ない
TVを見ながら、PCを使って作業ができる
(ネットで選手情報を入手しながら、W杯見てます)
といったところでしょうか。
他にもいろいろ利点はあるのかもしれませんけど、ちょっと思いつきません。
まぁもっとも大画面で見たいなどの要望があるのであれば、TVで見るしかないのでしょうが、財政状況から、上原道場にはそんなにゆとりがありません。
ゆとりが欲しいぃぃ~(つД`)



■7:Q&Aサイトで質問してみる
プログラマーにとって、Q&Aサイトは開発作業に必要不可欠なものだと思う。
何度も御世話になっているフォーラムなどは、書籍を読むなんかよりもよほど役立っているくらいです。

Q&Aの「A」の部分に対応できるかかなり怪しいところですけれども、一応、上原道場でも江戸関連の質問を投稿していただければ、時間があれば調査するようにしております。
(もっとも、要望にこたえられるかどうかは、かなり疑問だけど・・・(つД`))

自分一人の知識なんて、世の中の知識集合体から比べれば、微々たるもの。
これからもどんどんQを投稿していくつもりだし、可能であればAの方でも貢献していきたいね。
(ただQを出す場合は、自分でそれなりに調べた後で!ということを忘れてはいけないと思う)



■8:試験的サービスを利用し、サービス開発者に意見や要望を出してみる
よく言われる「β版」などの利用のことなんだろうけども、残念ながらこれはやったことがありません。
開発者の立場から考えてみれば、いろんな方からのフィードバックを受けられるので、これほどありがたいことはないのでしょうけども、ユーザーの立場からすると
「そんな不安定なものは使いたくない」
ということになるのでしょう。

そう考えると、このβ版使用者って、ほんと開発者にとっては「神様」なんだなぁ~。



■9:「情報の共有」を経験する
ちょっと難しい表現だけど、例を出して簡単にいえば
『W杯面白かったね~』
という話題で盛り上がっているサイトやBLOGにいって、自分の好きなスター選手について語ってみたら、別の来訪者からもそういった好きなプレイヤーについての情報を教えてもらった・・・みたいなことになるのかな?
この場合、
「サッカーのスター選手」
という情報についてを共有化したということになり、自分の好きな選手しか知らなかったけれども、そのサイトに行って聞くことで、その他の選手についての情報も知りうることができたということになるわけです。

また「はてな」などに代表されるように、自分が投稿したネタに関連する記事がズラズラっと並べられるもの、一種の共有化だと思う。

自分の提供した情報を元にして(または他人の)、更に別の情報を入手することができる。そしてその情報は相手にとっても同じことになる。
たぶんそんなことが言いたいんだろうなぁ~、これは。




■10:ブログを書く、読む、コミュニケーションする
まぁこれは、もう既に毎日の定例作業になっているくらいに浸透していることかも。
でもただ漠然と日記ということで書いているだけなので、「情報の発信」という意味では、あまり役立っていないものなんだろうね。
逆に、HPの上原半兵衛道場は、「江戸」という明確なテーマが決まっているだけに、江戸関連の情報を発信してるって自分でも思えているし、逆に様々な情報を頂くことも多い。
HPを通じて知りえた方々もいっぱいいるし、新しい発見も数え切れないほどあります。

ブログもそろそろ、「テーマ」というものを絞って書いてみる時期なのかもしれないなぁ~。





とまぁ、「超入門講座」にあげられていた、10の要点について考えてみました。
結果は・・・
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:×
9:
10:

ということでした。
ということは、
『それなりにWEB2.0というモノを実感しているし、使っている』
ということになるのでしょうね。
だからといって、「WEB2.0を使いこなしているからスバラシイ!」というわけではなく、「使ったことにより得たフィードバックをどう生かしているのか?」ということの方が、より賞賛の対象になるのでしょう。
そういう意味では、例えWEB1.0しか使っていないという人でも、私なんかよりも数多くのフィードバックを有効活用している人は多いはず。
逆に私は、WEB2.0を生かしきれていないということになりますね。

ただ、せっかく利用できるサービスでもあるわけだし、こういったツールを使っていくことで、より多くの「面白体験」ができるといいなぁ~というのが、率直な感想です。
(有効活用できるかどうか?といった生産性の問題ではなく「遊びの精神」かな?)



WEB2.0は、今後ますます浸透していき、そして新たなサービスが生まれてくるはずだと思います。
注目していて損は無いところでしょう。
どういったサービスが提供されるのか、まるで検討も付きません。
もしかしたら、既存技術をうまくアイデアで活用することで、「サービスを提供する側」に回れるかもしれません。
声高に「WEB2.0はすごいよ!」ということを叫ぶつもりはまったくありませんが、大通りから外れた裏路地の一角で

「そこの兄さん、ちょいと良い品物があるぜ?」Ψ(`∀´)Ψケケケ

みたいな感覚で、地味にその良さを提供していけたらいいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

[454] WEB2.0ですか…

①むかぁしやってました。最近やってません。
②RSSリーダーを知りません。
③地図はよく利用しますね
④一度経験してみたいんですよ実は。
⑤口コミを探すほど何かほしいものがないですねぇ
⑥テレビチューナー付は羨ましゅうござんすね。
⑦プログラム技術ゼロですので利用した事ありません
⑧試験サービスもあんまり…
⑨こういうのが一番楽しいですよね。
⑩いっつもやってますですよ
WEB2.0あんまり利用してないことが判明いたしました。これは便利な環境とは言えないですが、まぁこれでも楽しめてるのでいいんじゃないかなぁ…と思ってま~す。

[455] ご本人が満足していれば十分

「WEB2.0を利用しなければならない!」というわけでもありませんし、ご本人が満足していれば、それで十分だと思います。
これらの技術に触れてみることで、新しい面白さみたいなものに触れることができるんじゃないのかなぁ~って、私なんかは思いますね。
WEB2.0を使うことが目的ではなく、別の目的のための道具として使うみたいな感じでしょうか?

Podcastingなどの技術であれば、開設サイトが多数存在しておりますので、興味がおありでしたら調べてみてください。
面白いですよ~?(^o^)

[468] 意識してないけど、使ってんのかな?

コメント長くなっちゃうのでリンクで(ぉ

正直、WEB2.0と聞いてもピンと来ないっスね(・x・;)

どうにも名称から仕組みを想像できないものはてんでダメっぽい私

年かな_| ̄|○ノシ

[471] 要チェックですな

じっくり読ませていただきますわ、Mahnyさんほどのお方がどのように捉えられているのかをっ!!!

私が思うに「WEB2.0」という単語ばかりが先行してしまい、それがどういうものなのか?というが分からない状態になっているんだと思います。
でも逆に言えば、「それを感じさせないくらいに既に浸透してしまっている」というわけで、これはスゴイことなんじゃないのかなぁ~って。

WEB3.0なんて世界は果たしてどんな世界になっているんだろう?と今からワクワクドキドキです。(^o^)v
(気が早すぎですが(^^; )

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/289-34a06bd9

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する