持ち父さん 貧乏父さん 読了

『金持ち父さん 貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』
(ロパート・キヨサキ、シャロン・レクター)
読了しました。(武之介評価:★★★★★)

この『金持ち父さん 貧乏父さん』は、その書名の通り2通りのお父さんが登場します。
2通りの父親をもった主人公(著者)は、それぞれの父親からまったく違った教育を受けます。
「一生懸命勉強しろ。そうすれば良い会社に就職できるから。
「一生懸命勉強しろ。そうすればいい会社を買うことができるから。
かたやお金に苦労し続ける貧乏父さん、片やお金に困らない金持ち父さん・・・なぜ同じ父親なのにこうもアドバイスが違うのか?ということで、それぞれの父親のアドバイスを比較し、貧乏父さん・金持ち父さんの違いはどの辺りにあったのか?というのを著者の経験に基づいて非常にわかりやすく紹介している本です。
本の中で著者は、つねに「お金に関する教育」ということを強く言っています。
日本における教育制度も確かに様々な一般知識を学ぶことができますが、日頃使うはずの「お金」に関する教育が全くされておりません。
ゆえにそのお金の使い方を知らずに育つこと(貧乏父さん)で、様々なチャンスを見逃すことになり、最終的に常にお金に困り続けるラットレース(お金に困る生活)から抜け出せなくなる・・・
しかししっかりとしたお金の教育を受けていれば(金持ち父さん)、そのチャンスを見つける力を養うことができ、ラットレースから抜け出せることができる・・・
具体的なHowTo本ではなく、「お金に関する考え方を変える」ということに焦点が当てられているため、今から何をすれば良いということはあまり書いてありませんが、学校教育では学べない「考え方」をこの本から大いに学ぶことができました

「こういう考え方もあるんだな」とちょっとびっくりしてしまいましたね。
でも、ただこの本の内容をそのまま受け入れる・・・ということではなく、意識改革のきっかけのように私はとらえています。
今後はお金の勉強も少しずつしていこう・・・そう強く思わされた一冊でした。

■アマゾンにリンク■
金持ち父さん貧乏父さん
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/27-c58e69f2

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する