調べてみたら、いろんな藪医者が(笑)

掲示板に書き込みいただいた瑞閏さんのコメントが気になったので、ちょっと「ヤブ医者」関連をWEBで調べてみました。
するとあるわあるわ、いろんな藪医者が。(笑)



■藪医者(まぁこれらをひっくるめての総称だけど)
無いよりはマシ程度の認識で診察をうける医者。
風邪くらいなら、これで十分?!

■葛根湯医者
なんでもかんでも葛根湯♪
頭が痛い?はい、葛根湯を飲みなさい。
腹が痛い?はい、葛根湯を飲みなさい。
足が痛い?はい、葛根湯を飲みなさい。
付き添い?はい、葛根湯を・・・(以下、続く)

■手遅れ医者
なんでもかんでも「こりゃ手遅れだ♪」って、最近どっかで見たぞ?
月曜日の夜あたりに・・・・

■雀医者
藪医者よりも更にランクが下がる医者。
「だんだんとやぶに近づくから」
という意味なんだそうです。(笑)

■たけのこ医者
ヤブ医者にすらなれない医者・・・なんだそうですけど、これって医者っていうのかな?(^^;
「医者にかからなければ、死なずにすんだのに」
とまで囁かれるそうな。(笑)

■土手医者
たけのこ医者と同じく、ヤブ医者にすらなれない医者。
雀医者よりも下にランクされるらしいです。
藪はまだ向こう側は透けてみえるけど、土手はまったく見えなくなってしまうことから、こう呼ばれたらしいです。(^^;

■紐医者
土手医者にすら及ばない医者。
って、これ医者じゃないだろ、絶対っ!!!ヽ(`Д´)ノ
「(首にひもをかけて)ひもだから、こいつにかかると確実に死ぬ」
なんだそうです。(笑)
最悪や。(^^;



という、これまた藪医者にも様々な名称・ランクがあるようです。(笑)
こうやってみてみると、藪医者って実は優秀?っと思えきたりするので、不思議ですね。(^^;

ちなみにこれは実在したかどうかはわかりません。
小話に出てきたものや、ジョークとして言われただけなのかも。
ただこういった話が出てきてもおかしくないくらい、江戸時代の医者は
「信用ならざるもの」
だったのかもしれませんね~。



これ以外に面白かったなぁ~。
本格的に調べてみたら、面白いかも?

【参考サイト】
江戸小噺集

禁止・差別用語とされる用語の一覧

月ニ吠エル 十九回目 都市伝説2
スポンサーサイト

Comment

[317] ちちゃ医者

という落語がありまして、この手の藪医者が列記されていたのでした。

故桂芝雀師匠が演じたのをテレビで見たことありますが、あの独特の調子で「てーおくーれですなぁ」とやっていましたっけ(笑)。

この手の噺に登場する医者では藪井竹庵先生という名前がよくでてきますね。

[319] 自称、名医

 名医を自称する医師。その理由を訊くと、

「ほとんどの患者は、すぐに治ってしまう」

 元患者に訊けば、

 信用できないとわかったから、行かなくなるだけ。

 それを治ったから来る必要がなくなったと、都合のいい解釈をしていたのでした。

[322] 竹庵先生、バンザーイ!(^o^)/

■ 瑞閏殿
「ちちゃ医者」ですか?
う~ん、初めて耳にいたします。(WEBで検索したけれどHITなし)
でもこういう面白おかしい落語なら、ぜひ本場で聞いてみたいなぁ~って思いますね。
「てーおくーれですなぁ」
なんて言う辺りは、大変面白そうです!(^o^)

藪井竹庵先生という御名前をたいへんよく耳にするのは、こういった理由があったからなのか~と、よ~く分かりました!(笑)
でも何故か感じで書くと、かっこよく信用ありげにみえますね、竹庵先生。(^^;

竹庵先生、バンザーイ!


■ 百楽天殿
それはそれで怖い先生ですね。
そこまで信用ならざるものとなれば、やはり藪井竹庵先生の御仲間入りでしょう!
客足が途絶えれば、必然的に名声も落ちてくるものだとは思いますが、やはり名医の看板たるもの、自称ではなく周囲から叫ばれるものにしたいですね。

[324] 間違えた!

ちしゃ医者です。間違いに気付きませんでした。それから、芝雀も間違いで、故・桂枝雀師匠ですね。重ね重ねすみません。
(枝雀師匠なら「すびばせんっねっ!」となります(笑))

下記に完全に収録したものがありました。

http://www.hi-ho.ne.jp/hga00161/daihon/text/chisyaisya.html

[325] がんばれ!赤壁周庵先生!(^o^)/

「どした、ウーン、腹が痛い・・・・生意気な。ヨシッ、切ったる。横になれッ」
っていう喧嘩腰の先生が、なぜかツボに入って爆笑しそうになったのを、必死で抑えました。
まぁ実際、こういう御医者様にお会いしたら・・・観念して南無阿弥陀仏と念仏となえるしかありませんね。(^^;



赤壁周庵先生もすごいなぁ~。(笑)
あそこまでボロクソに言われても、ちゃんと観にいってあげるといっているところが、妙に可愛らしいです。(^^
下男(?)の久助にすら
「コレヤブさん、雀さん、人殺し、起きなはれ」
と呼ばれる御医者様ですけど、愛嬌があってなんとなく憎めない先生でございます。

「必殺仕事人」の仲間に入れるんじゃ?(^^;




こういう面白い落語を生で聞いてみたいなぁって思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/254-38afdf54

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する