『大鷲の誓い-デルフィニア戦記外伝』 読了

大鷲の誓い-デルフィニア戦記外伝』(茅田 砂胡) 読了しました。
(武之介評価:★★★★★
(正直、5でも物足りない)


もうね?





デルフィニア戦記を読んだ人間には、こう言いたい。





『迷わず買えっ!』ヽ(`Д´)ノ





「大鷲の誓い」というタイトルに、ピクンッって反応してしまったソコのアナタ!

『お仲間っ!!』ヽ(`Д´)ノ



そう断言できるほど、今回の作品もめちゃくちゃ面白いよぉぉーー!!
本編の方が終了してしまったにも関わらず、またデルフィニアの世界と出会えることができるなんて、嬉しくて嬉しくてタマリマセン。
うひょぉぉぉおおおお~、茅田さぁ~ん!!(つД`)

店頭で見かけたときは、本当にビックリしたね!
何気なく、本が並べられているところを眺めていて、あ~デルフィニアだなぁ~なんて思いながらいたら、見かけないタイトルに目がとまる。
何だろう?と思って、手にとって見たら・・・











キ・・・






キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!







ドガ━━━━(゚Д゚;)━━━━━━━ン!!






で、デルフィニアの新刊だぁぁぁあああああ!!!!!(≧▽≦)





もうその瞬間は、小躍りしたい気分でしたね!
もうね~、嬉しくって嬉しくって!!
喜び勇んで本をレジに持っていきましたよ!
帰りの電車の中で読んでいたんだけど、従来のデルフィニアと変わりない面白さに、時を忘れて読みふけってしまいました。
まさしく、タ~イムトラベルっ!!!(゚∀゚)


『読んでいてそのあまりの面白さに、嬉しくて嬉しくて涙する』
本を読んで感動することなどなかなか無いと思うのですが、このデルフィニア戦記は十数巻にわたる長い物語すべてに感動してしまう。
これって本当にスゴイことだと思うなぁ。

普通、十数冊もあれば、たいていその物語のどこかで飽きというか、倦怠感みたいなものが出てくるはずだと思うんだよね。それとは別に盛り上げるシーンを作り、それらを使い分けすることで、物語自体にメリハリが効いて、素晴らしい物語に仕上がるものだと思うんだけど・・・このデルフィニア戦記にいたっては、物語の中での平穏な場面におかれても、気を抜くことができない。
戦記と名のつく物語であるから、当然戦モノがメインになるわけなんだけど、戦が無い平穏無事な場面においては、登場人物達の個性がこれでもかっ!というくらいに威力を発揮する。

これほど、登場人物達の組み合わせがマッチした作品は、私の読書歴の中では
『銀河英雄伝説』
をのぞいて出会ったことがありません。
最高!至高!と思っている銀英伝ですら、最近はこのデルフィニアの存在に押されまくり・・・ちょっとトップの座が怪しくなってきちゃいました・・・それほど、デルフィニア戦記が大好きだ!!!!(≧▽≦)

やばい・・・やばいよ?銀英伝!
だからこっちも、お願いだから外伝出してくれよぉぉ~!!!(つД`)
(もう出ないとは思いつつも書いてほしいよ、田中芳樹ぃぃ~)



今回の物語の主役は、ティレドン騎士団の団長バルロ、ラモナ騎士団団長ナシアス
この二人の出会い、そして騎士団内にて成長していく様子が描かれております。デルフィニア戦記の中でも、時には主役を食うほどの働き振りをみせる彼ら二人のなれ初めの始まりについてのことですから、もうファンにとってはたまらない・・・垂涎の作品になるはず。



読み終わった時はね・・・もう感動の余韻で
じーーーんってきちゃった
なぁ。
ちょっと放心ぎみ。
それでいて興奮さめやらずっていう状態で、心の中が沸騰しているような感じでした。
なんで文章しかないはずなのに、映画を見たとき以上の感動を覚えることができるのかなぁ~。
(ちょっとだけ挿絵あり。私、初めてバルロやナシアスの顔を見たよ(笑))





外伝であるため、本編の主人公でもあったリィやウォルなどはあまり登場してきませんが、面白さが減ることはまったくなく、これはこれで新たなデルフィニアの中での物語として、楽しむことができました。
これでまた、デルフィニア戦記における連続★★★★★評価の記録が更新されました。
私の中では、伝説めいた作品になりつつあります。


あー、なんか感想書いていたら、もっとデルフィニアのことを語りたくなってきちゃったなぁ~。
今宵、家に戻ったら、MIXYでデルフィニアのコミュニティがあるかどうか探してみることにしよう!!(^o^)/

スポンサーサイト

Comment

[276] お知らせありがとうございました。

拙BBSへお知らせありがとうございました。早速チェックしなければ・・・。

茅田砂胡コミュに入っていますが(ほとんど見てないんですけど(汗))、多分デルフィニア・コミュもあったと思います。

それから揚げ足取りになりますが、「mixy」ではなく「mixi」かと・・・m(_ _)m。


[279] デルフィニア最高!(≧▽≦)

瑞閏さんをデルフィニアというか、茅田砂胡作品にハマらせた張本人でありますからね。(笑)
これはお知らせせねばっ!と思い、早速書き込ませていただきました。
ご感想などを新しく御作りになられたBLOGの方にて語っていただければ、嬉しい限りです。

ちなみにmixiのデルフィニアコミュニティですが、探してみるとあるわあるわ。(笑)
さっそく、茅田砂胡コミュに私も参戦し、書き込みしてきました~。
このコミュを通じて、さらなる茅田ワールドにはまれればいいなぁ~って思います。


そうです。mixiでした。
どうしても[mixy]って書いちゃうんだよなぁ・・・(つД`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/239-3c2c7029

大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝

大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する