スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慶次郎縁側日記で云々

今宵で最終回の金曜時代劇「慶次郎縁側日記」。
最初はなんだかなぁ~と思って見ていましたけど、回が進むたびにどんどん面白くなってきたような。
嫁・皐月と夫・晃之助の夫婦、そして亡くなった先妻・三千代・・・複雑な人間関係の中が少しずつ変化していく様が大変面白かったです。
感激してしまうような話も度々あって毎回見逃せなかったし。
そんな中、息抜きのようにくすっという笑いを提供してくれる定町廻り同心のご隠居・仏の慶次郎&佐七の存在が生き生きしていましたね。
高橋英樹さん、「三匹が斬る」の殿様の時も良かったですけど、今回の慶次郎はそのとき以上のはまり役の様に思えました。
久しぶりに「金曜時代劇のレベルはやっぱり高いなぁ~」と思わされる時代劇でしたね。
最終回もしっかり感動させていただきました。
これは原作の方もチェックしてみなければ。

さてさて次回の金曜時代劇は、「最後の忠臣蔵」という作品。
四十七士ただ一人の生き残り、寺坂吉右衛門の人知れぬ煩悶を描いたドラマということらしいですが、これもまた面白そうです。
(忠臣蔵というと、吉良邸討ち入りまでのドラマばかりですから)
個人的には、吉良側からみた忠臣蔵をやって欲しいなぁと思うのですが・・・どこかやってくれないかなぁ。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/21-9effbd48

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。