スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Winnyの技術」 読了

Winnyの技術』 読了しました。
(武之介評価:★★★★



Winnyとは、一時期話題となりました「P2P」形式でのファイル交換ソフトです。
P2Pとは、分かりやすく言えば、
『パソコンとパソコンをインターネット上で繋ぐ』
とのこと。
(Peer to Peer の略)


Winnyというソフトは、このP2P形式において
『ファイルの交換を行う』
というのが趣旨のアプリケーション。
これにより、他人が保有しているファイルを、簡単に取得することができるのです。


まぁこれにはいろいろな問題が叫ばれましたね。
『社会的な問題』
にまでなったことも、最近のことです。
ですが、とりあえずその事は横に置いておいて、その技術にだけに焦点を絞って解説したのが、この
『Winnyの技術』
でした。
(技術が悪いわけじゃないヨ!ヽ(`Д´)ノ)



ネットワーク上に散らばる無数をパソコンを、
「どうやって検出?」
「どうやって繋ぐ?」
「どうやってファイル交換するの?」
「どうやって著名性を維持してるの?」
といったことは、プログラミングをしている人間ならば、多少は興味を持たれるはず。
武之介も
「にわかプログラマー」
ですが、上記のような観点に興味を持った一人です。




本の内容を、簡単に紹介しましょう。


<第一章>
まず第一章として、
「P2Pについての簡単な説明」
があります。
P2Pの歴史においても、様々な歴史が存在しております。
それと同時に様々なP2Pソフトが存在しております。
『過去にどのようなP2Pソフトがあったのか?』
『どのような点において、違いがあるのか?』
同じP2Pソフトでも、かなりの特徴が違います。
その辺りを説明していくことで、P2Pというものがどういったものなのか?ということを説明している章です。


<第二章>
第一章で、P2Pというものについての理解を深めました。
そしていよいよ、題材でもある「Winny」というソフトについての紹介が始まります。
まずは技術的なものというよりは、概念的な設計上での大まかな説明
P2Pの歴史において紹介してきたソフトとWinnyとの違いをあげられています。
『Winnyの特徴を知る』
ということなのでしょう。


<第三章>
「Winnyの仕組み」とある通り、いよいよ細かな技術的な説明へと入ります。
ここでは、Winnyがインターネット上にどのようにネットワークを形成するのか?というところから始まり、ファイル交換を実現するための様々な独創的な技術が説明されております。
この辺りから、序々に技術的な解説の割合が増えてくるため、プログラミング経験の無い方には、ちょっと辛くなってくる箇所ですね。
逆に、ある程度経験のある人間にとっては
「なるほどなぁ~!」
って驚きと共にワクワクしてしまう内容のオンパレード。
技術的な本なのに、ついつい先が気になってしまいました。


<第四章>
第三章にて紹介した技術を、
「どのようにWinnyというソフトに実装するのか?」
という更に技術的に深めた内容が、掲載されておりました。
特に私が驚いたのが「ノード管理」という項目。
「ネットワークを構成する「ノード」をどのように管理すれば、Winnyの特徴を生かせるのか?」
といったあたりは面白かった!
階層化されたノード間をどのように管理していくのか?という辺りは、
「ヘェヘェヘェ!!」(゚∀゚)
の連発!(笑)
その他については、ある程度知られている技術についての解析だったため、流し読みちちゃいましたが。(^^;




最後まで紹介するのは野暮天ですので、まぁこんな感じで。(^^;
「P2Pを説明」

「Winnyというソフトが持っている特長」

「Winnyの技術」

「Winnyの技術の詳細解説」
といった感じに
『非常に順序良く、解説項目が並べられている』
ためか、順をおって読んでいけば、非常に分かりやすい解説本となっているようです。


こういった技術解説本は、
「詳細に解説しよう!」
としてしまうためか、どうしても難解複雑なものになる傾向があります。
そう身構えていましたよ!ヽ(`Д´)ノ
でも、割合簡単に読むことができたのには驚き。
プログラミング経験の無い方でも、第2章ぐらいまでなら大丈夫かなぁ~と思います。
(そこまで読めば、P2P・Winnyがどういったモノなのか?が分かるはず)
逆に、上級者の方にとっては、
『それほど驚きの技術が使われているということではない』
のかもしれません。
(結構、ありきたりな技術についての解説も多かったので)
(私はわかりませんでしたが(笑))



様々な技術解説本にあるような
「具体的なサンプルプログラムコード」
は掲載されておりませんけど、
「Winnyってどんなことやっているんだ?」
といった興味をお持ちの方には、オススメできる一冊だと思いますね。


読んでおいて、損は無いと思うよ?
スポンサーサイト

Comment

[158] 生

http://lse.or.jp/?seminar004
こんなのがあるそうです。
生47氏を見るチャンス!

[159] おもしろそう~

面白そうなセミナーだよね。
「Winnyの技術」
を読んだ人間なら、そう思う人が多いと思います。
でも・・・

28日は既に予定が。(つД`)


そういえば、同じく読了したはずの志田殿からの、感想も聞いてみたいね。
BLOGに掲載する予定ないの?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/196-802177ee

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。