スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『風林火山』 由布姫ぇぇぇぇ!!ヽ(`Д´)ノ

珍しく時代劇ネタでの投稿が続いております。
ようやく歴史系HPのBLOGらしくなったのかも。(´Д`)

まぁ
『あぶ刑事をこよなく愛して、PCを華麗に壊す、水陸両用(自転車&水泳)の江戸好き』
という珍種が運営しているものだから、こうなるのも仕方ないのかも・・・




!!!!!!





い、今気が付いたッ!!!Σ(゚д゚lll)







水陸両用(自転車&水泳)ってあるけど、これにマラソン加えたら・・・




トライアスロン(鉄人)ではありませんかっ!ヽ(`Д´)ノ






私、鉄人?テツジン?ヽ(゚∀゚)ノ




そして、テツジンといえば、○8号!!!(≧▽≦)/




『あぶ刑事をこよなく愛して、PCを華麗に壊す、鉄人2○号の江戸好き』


「オマタセ、ベイビー」
と登場しては、ロケットパンチで華麗にPCを破壊して颯爽と去っていく江戸好き・・・





江戸は火の海だっ!!ヽ(`Д´)ノ






(ますます分けわかん(つД`))







さ~て武之介妄想劇場は華麗にスルーしてもらって、本日の叫び。
年始に放送された
『風林火山』
についてだっ!!!ヽ(`Д´)ノ



「風林火山」といえば、歴史を知らない人間でも名前くらいは知っている「武田信玄」の旗印
-------------------
疾きこと風の如く
徐かなること林の如く
侵し掠めること火の如く
動かざること山の如く」
-------------------
というくだりは、あまりにも有名で、武田信玄の迅速かつ緻密で強力な力をあらわしているようにも伺えます。


ドラマの風林火山は、武田信玄の軍師「山本勘助」を主人公に描いた作品。
武田二十四将の一人として描かれている彼ですが、その容姿、経歴からして異色の存在
三河国出身の身でありながら、大大名ともいえる今川義元に仕えるのを嫌い、諸国を旅した後、甲斐の武田晴信(のちの信玄)に仕える。
通常の武将とは違い、様々な知識をもった博学さを武器に、信玄の軍師とまで言われるまでに重用されるも、川中島の戦いの際に、戦法を見破られた責任をとって、敵陣に突撃し討ち死にするという壮絶な最後。


そんな異色の軍師を演じたのが北大路欣也殿
大ベテランらしくそつなく演技をこなし、老練の軍師という役どころをいかんなく発揮。
ただちょっと女性がらみにくっつくことが多かったなぁ~
まぁ山本勘助が、信玄に重用されるのは「側室問題を見事に解決」した手腕によるものだったので、仕方ないことなのかもしれませんが。
欲を言えば、異色の軍師という面をもっと矢面に出しまくった演出がほしかったかも。
ただの武将ではなく、様々な知識(建築・天文・兵学など、本当に様々な知識をもっていたらしい)という博識ぶりをいかんなく発揮し、ドラマの中でもその「異色ぶり」というのも、もっと出してほしかった。



武田信玄を演じたのが、松岡昌宏殿
最初は不安だったのですが、見ていると意外にそつなく見れちゃったので、あれれ?という良い意味で裏切られた感じ。
NHK大河の「武田信玄」のイメージが抜ききれない私だったのですが、まぁそれと比べてしまうのはあまりにも可愛そうか。(^^;
でも、最初みたとき、
「武田信玄が弱そうに見えた」
というのも事実だったり。(笑)
しかし、いくら勘助が大事だったとはいえ・・・
戦いが終った後だとしても主君が一人で戦場をさ迷い歩くのはイカンでしょっ?!
あれってかなり危ないことなんじゃ?
もし生き残りの敵がいたとしたら、どうするつもりなんだ!!ヽ(`Д´)ノ
信玄公なら、そんな軽率な真似はしなかったと思うんだけどなぁ・・・
最後の最後で、ちょっと面食らったところが残念といえば残念。




山本勘助に焦点が集まるのは仕方ない。
だけど、もう少し「他の武田二十四将」にスポットがあたっても良いのでは?と思ってしまいます。
だって魅力的な人が一杯だよ~?
・『逃げ弾正』とうたわれた殿の名手でもあった高坂正信
・武田騎馬軍団の中でも恐れられた「赤備え」を率いる山県昌景
・合戦において一度の負傷しなかったという「不死身」の異名をもつ馬場信房
・「鬼美濃」と猛将の原虎胤
他にもいっぱい優れた武将がいるにも関わらず、スポットが当たらなかったのは非常に残念。
姫様方よりも、こちらの武将達にもっとスポットを当てて欲しかったよ・・・(つД`)
こういった女性たちとのやり取りも無いと寂しいから否定はしないけど、戦国時代を舞台にしたドラマだからこそ、荒々しい戦国の世をもっとより鮮明に再現してほしかったなぁ~。











あとさ・・・







由布姫ぇぇぇぇぇっ!!!!ヽ(`Д´)ノ






って山のてっぺんに上って、大きく叫びたいよ、コレッ!!
もう何て言ったら良いやら、良いコメントが見つかりません。(つД`)
この人にさく時間があったら、他の武将連中にスポットを・・・(以下略)






たしか来年の大河ドラマが、これと同じ『風林火山』だったと思います。
なんつーか・・・非常にさきゆき不安になってきたのは、私だけでしょうか?(゚д゚lll)
大河形式になるため、より深く、より細かな描写が期待できるんだと思うのですが、やっぱり由布姫にスポットが当たっちゃうのかなぁ・・・。


何か心配。(--;
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/187-e093b6ab

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。