スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『功名が辻』を見て感じた大河ドラマと私の関係

「タカァァァァァァーーーー!!!」ヽ(`Д´)ノ



という形で、超・超・超ォォォォォ期待していた大河ドラマ「功名が辻」が始まりました。
あぶ刑事のタカこと舘ひろしが、織田信長という難しい人物をどのように演じるのか?
興味はただその一点のみといっても過言ではなしっ!!!!
(ごめんなさいっ!!(>_<))



わくわくどきどきガクブルの期待半分不安半分の状態で、日曜20:00の時間を迎えました。


光速の動きで、リモコンスイッチオンッ!!!ヽ(`Д´)ノ







・・・






・・・








あああああああああああああああああああ(つД`)











なんか・・・









嬉しさと悲しさがほどよくブレンドされた苦い味がするんですが。(つД`)










舘ひろしの出演は嬉しい。
というか、サイコー
「物書同心居眠り紋蔵」が好きになった理由も、ほとんどがこの舘紋蔵にあったからだといって過言ではないくらいだったからね。
その落ち着きはらった演技で、さえない窓際同心を演じきった姿には、正直惚れたサ!(゚Д゚)




で、でもさぁ・・・



なんていうか・・・



若かりし頃の破天荒な信長を演じるのには、ちょっと辛いかなぁ~って思った。
桶狭間の戦いの際、織田信長は26歳。
26歳の織田信長にしては・・・ちょっと老けていたんじゃないのかなぁ~
(ごめんなさい、タカ(つД`))
メイクさんの方で、もうちょっとどうにかできなかったのかね?
そういった外見的要素もあったんだけど、内面的なものというか、役者のイメージというものが邪魔をしてしまう
舘ひろしというキャラクターと若かりし頃の織田信長という役が、あまりにも正反対すぎるんだよぉぉ~。(つД`)

だから、そのあたりに違和感を感じて仕方なかった初回でした。
(ワタシが、あぶ刑事のタカや、紋蔵さんを引きずっているのも悪いんだと思う。)

ただ、美濃攻略以降あたりから、信長は逆に重厚で凄みのきいた信長になるわけだから、いよいよタカの本領発揮になるはず。
言葉数は少ないけれど、態度や雰囲気でもって他を圧倒するような信長をぜひ見せてほしい。
今後に期待ということで、後々を楽しみにしたいね。




お千代の方と山内一豊については、まだ正直なところよく分からない
っていうか、お千代の方はまだ子役だったし。
今後の物語の展開は、お千代の方との二人三脚で、出世街道を駆け上っていく(?)という形で描かれていくんだと思うんだけど・・・それをやりすぎると、ホームドラマのようになってしまって、大河ドラマの良さがなくなってしまうかが心配の種。
(「利家とまつ」がそうだった)
「功名が辻」という作品になっているため、山内一豊の生き様を描くのではなく、メインはそういった「夫婦そろってがんばる姿」になっちゃうのは仕方ないとは思うんだけど・・・そのバランスを考慮してほしいなぁ。





私が大河を見始めたのは「秀吉」の頃からだったから、それ以降の大河ドラマをあげてみると、以下のようになる。

****() 武田信玄(時代劇専門CH 再放送)
****() 独眼竜正宗(時代劇専門CH 再放送)
1996() 秀吉
1997() 毛利元就
1998(△) 徳川慶喜
1999() 元禄繚乱
2000() 葵 徳川三代
2001() 北条時宗
2002(×) 利家とまつ
2003(×) MUSASHI
2004(△) 新選組!
2005(×) 義経
2006(?) 功名が辻
-----------------
○・・・最後まで見た
△・・・途中で見なくなったが、とりあえず見ていた
×・・・途中から見なくなった
-----------------

こうみると、21世紀の大河ドラマは5戦1勝3敗1分。(つД`)
それに対し、20世紀の大河ドラマは7戦6勝1分Ψ(`∀´)Ψ。

江戸を勉強していくにつれて、私自身の好みなどもいろいろ変わってきていることにもよるんだと思うんだけど、この歴然とした差は一体何なんだろうか?




大河ドラマの質や傾向なども、いろいろ変わってきているのかもしれないね。
それに私がついていけないだけなのかもしれない。(つД`)

来週の「功名が辻」はもちろんみるけれど、織田信長が本能寺で死んだ以降もみつづけるのかどうなのかが、正直わかりません。(--;
スポンサーサイト

Comment

[129] あけましておめでとうございます

タカファンの武之介さまが、信長をどう見られたかな~、と気になっていたのですが、同じ意見だったようで、ほっとしました。
やっぱり桶狭間の信長にしては、ちょっと無理ありましたよね…(^^;

ご挨拶遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

[130] 私も観ました

>26歳の織田信長にしては・・・ちょっと老けていたんじゃないのかなぁ~。
 私もそう思いました。

>役者のイメージというものが邪魔をしてしまう。
 私はよく知らないのでそこらの抵抗はないのですが。号令かけても声量がなく、こんなんじゃそこらの10人くらいにしか聞こえないぞーとか思いましたね。

>ホームドラマのようになってしまって、大河ドラマの良さがなくなってしまうかが心配の種。 (「利家とまつ」がそうだった)
 どうなんでしょうね。「利家とまつ」ってヒットしたと聞いていますけど。テレビ前の奥様方にウケたのでしょうか。とりあえず、チャンネル権を握っている両親の反応はまあまあでした。

[131] がんばれ、舘ひろし!ヽ(`Д´)ノ

>流之介殿
今年もよろしくお願いします!(^o^)

タカファンというかあぶ刑事ファンとしては、ちょっと残念に思えましたけど、本領発揮はこれからだ!と期待しておりますよ。
若かりし頃は難しいかもしれませんが、年齢を重ねた信長の姿ならば・・・きっとすばらしい演技を見せてくれるはずです!

ただ見る側も、あまりあぶ刑事を意識するのは問題だなぁ~と思っていたりもしてます。私も変わらねばっ!(>o<)


>ゼデキア42世殿
確かに、声が小さいかなぁ~って思った。
舘ひろしというキャラクターが、あまり大声をあげるというイメージではないので、それはそれでいいかなって思っておりましたが、たしかに合戦中とかはまずいのかも。(^^;

「利家とまつ」が人気があったかどうかは分かりませんが、自分的にはイマイチな感じがしてしまって、結局最後まで見なかったんですよ。
私の好みが、今の時代にマッチしていないのかもしれませんね。(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/185-95366a53

大河ドラマ「功名が辻」は初回19・8%

8日始まったNHK総合テレビの大河ドラマ「功名が辻」の視聴率は関東地区で19・8%、関西地区で18・7%だったことが10日、調査会社ビデオリサーチの集計で分かった。昨

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。