スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世直し順庵!人情剣 に物申す [その六]

年末が近づいてくるのに比例して、仕事量も増えていっている今日この頃。
「手遅れ時間」に帰ることができず、


『予約録画』(゚∀゚)


という文明の利器に頼る。




黄金○闘士ばりの光速の動きで、残業時間帯に発生した仕事を片付けて、帰宅。
録画がとれているのを確認したうえで、夕飯とお風呂に直行。
ゆったりしたとことで、本日の手遅れ先生カモォォ~ンッ!!Ψ(`∀´)Ψ












今回の話は、








先週の予告の時から気になっていたんですよ。








なんたって・・・











『大奥』(゚Д゚)









無理っ!!!









どう考えたって、無理っ!!!









一介の町医者が・・・








乗り込めるはずがないじゃんかっ!!!!ヽ(`Д´)ノ




と思っていたんです。




ちなみに大奥といえば、公方様のウフフな場所であるはずなのに、そういった楽しい(?)イメージがまったく湧かないのが不思議だったりする。
それどころか、男子禁制で公方様ですら自由に動くことができない不自由な場所。そして、女性たちのドロドロとした怨念まがいの戦いが、日常茶飯事に起こる・・・。杉浦先生の著書でもかかれていることだけど、大奥には怖い話が盛りだくさん。権力闘争に巻き込まれて不遇の死を迎えた役人や女達の怨霊がぁぁ・・・

「こっちへおいでぇ・・・」

と暗闇の中から手招きをする・・・




ひぃぃぃっーー!!!(´Д`ノ)ノ





とまぁ、季節は冬なのに怪談話に突入している武之介は、幽霊屋敷にでも閉じ込めておいて・・・
(そ、それだけは勘弁して・・・(つД`))





昨夜のお話は
---------------------------------------
女の土左衛門が、おみつの旧知の者だった。
聞くところによれば、大奥へあがったとのこと。
さすがに大奥のことは分からないため、おみつが潜入操作にツテを頼って大奥にあがる。
調べた結果、大奥に男がもぐりこんだところを見てしまったがために、殺された模様。
その男とは、御側御用人という重要な役職の男だった。
何の罪もない娘を殺した御側御用人に、正義の鉄槌を加えるべく・・・
我らが手遅れ先生、

『推参っ!!』キタ━(゚∀゚)━!!

町中に下りたときを狙い、背後から詰め寄って

投げ針っ!!

悪は消え去り、めでたしめでたし。
---------------------------------------

ということでした。


一介の町医者が、どうやって「大奥」なんていうとんでもない所にもぐりこむのだろうと思っておりましたが、
『大名お抱え医師の代わり』
という形で、あっさり堂々と潜入してます、このセンセ。


エェェェェーーー (´Д`lll)


あんなにあっさり出来るもんなの?



でも、ふと思った。


あっさりと入れ替わりができちゃうということは・・・この先生は実はとんでもない人なんじゃ・・・(゚Д゚;)
だって、大名のお抱え医師とツー・カーな仲なわけでしょ?こんなに簡単に入れ替わりが頼めるっていうことは。





まぁ普通なら、大奥で起きた事件ならあきらめるところを
「大奥にツテがあるので、そのツテを当たって潜入する!」
なんていうとんでもないことをやってのけるのですから・・・
そんな入れ替わりなんざぁ、大したこと無いのかもしれません、この人達。



だって、あんな簡単に御側御用人すら、やってしまうのですから・・・


下手をすれば、公方様ですら、この人ならばやれるのでは。(゚Д゚;)












そして、今日改めて判明したことがあります。

そ・れ・は・・・



『手遅れ先生の針で刺すと、スズメバチが刺したくらいの跡が残る!!』



ということです。
(江戸時代にスズメバチはいたと思いますが、調べていないので何とも言えず)


手遅れ先生、わざとその傷口を見せて
「急所をスズメバチに刺されたらしい。もう手遅れじゃな。」
とおっしゃっておられます。これには大奥の女達もがっくり。


こうなると、過去の殺人はすべて「殺しの跡が残っている」ことになるのですが・・・






て、手遅れ先生、ダイジョーブ?(゚Д゚;)




もしかしたら、もうすでにブラックリストあたりに載っているんとちゃう??





最終回なんかでは、上からの命で役人達が手遅れ先生を捕縛!!なんていうことに。
捕縛の命を受けた吉松親分が「逃げてくれ」というものに、手遅れ先生は頑として聞かず

『吉松親分VS順庵先生』

とかいう、とんでもない状態に!!!


そして


最後の投げ針っ!!!


っていうところに、おみつが飛び込んできて・・・



バッド・エンドォォォォ~(つД`)













ないな。(゚Д゚)





でも、これはこれで見たいかも?と思ってしまった私は、やっぱりあまのじゃくなのかもしれない・・・(--;





しかし、一介の町医者話に大奥はやめた方がいいんじゃないのかなぁ~って、思うね。
もう既に
 
『リアリティ』

なんて言葉は、とうに江戸湾にうち捨ててきているんだと思うけど・・・どうも大奥とかが簡単に表に出てきちゃうと、嘘っぽく思えて仕方ない。





そう思うのは私だけ??Σ(゚Д゚;)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/161-f75bc999

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。