既存GUIとタブレットUIとの違い

楽譜自動再生ビューワを作っていて
「従来のWindowsアプリ上でのUIと、タブレット上でのUI操作ってまったく異なるなぁ」
という事をあらためて痛感しております。

今までのアプリ感覚でUIを作っていたら、タブレット上で使用する場合にとても使用しずらいことに気がつきました・・・(--;



既存アプリのUIは基本的にマウスでの操作になるため
・クリック
・ダブルクリック
・ホイールスクロール(上下)
・ポインタ移動
といった動作になります。

これがタブレット上になると
・タップ
・ダブルタップ
・ピンチイン/アウト
・フリック
といった事になるわけです。(これが全部ではないですが)
タップやダブルタップといった動作は大体似ているため従来のプログラミングで問題ないのですが、ピンチイン・アウトやフリックとなると、従来のアプリケーション開発では難しい所があります。
タブレット用の開発環境を使えばこのあたりを簡単に制御できるとは思うのですが・・・。
またこれ以外にも、マウスポインタとは違って指によるタッチになるため、正確なポイントをタッチすることが難しいといった面も出てきます。
指の大きい人が細かい操作をしなければならないのは辛いですよね。
チェックボックスやラジオボタンが小さかったりすると、押すのが大変そうですし・・・。
マウスだと「カチッ」って音がなるので押したってわかるのですが、タッチパネルだと音がしないため、押したのか押せなかったのかがわからないなんてこともしばしばです。


UIの違いはこれだけにとどまらないとは思いますが、こういった違いが出てくる以上、従来のアプリケーションのようなデザインだと、タブレット上では使いづらいという事が出てきてしまいます。
今回作っている楽譜自動再生ビューワは、Windows8のコンパーチブルPC上での使用を最終的には考えているため、タッチパネルでの操作も想定しなければなりません。
この辺りのUIデザインについても、いろいろと試行錯誤を重ねていかねばならないようですね。


UIデザインってセンスが問われる部分でもあるため、センスの乏しい武之介にはなかなか辛い作業でございます。
でも考えるのはとても楽しい作業なので、がんばってみたいですね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1387-14259b51

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する