スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイロンがけ

新婚旅行でたまった洗濯物が片付き、明日からの出勤に備えて準備。
妻のアイロンがけを見ていて面白そうだったので、指導の下やってみたら、これがなかなか面白い。
しわくちゃだったワイシャツ等がキレイスッパリになる姿は爽快痛快!(゚∀゚)!!

面白かったので、自分用のワイシャツをすべてやってしまいました。
出来のほどはまだまだでしたけど。

着物にアイロンがけってOKなんですかね?
もしできるのであれば、私がいつも着ている浴衣や着物にもぜひかけてみたいです。
そういえば江戸の世においても、アイロンめいたものがあったように記憶しているのですが、どういうヤツだったかなぁ。
綺麗にしわのとれた着物をきて、江戸の町中を闊歩する人々の気分たるや、さぞかし気持ちの良いものだったでしょう。


30年以上生きてきて、まともにアイロンがけすらしてこなかったわが身が恥ずかしい。
今後もチャレンジしてみたい。
スポンサーサイト

Comment

[2903]

何というか、拝読していてこちらが面映ゆくなるほど幸せ一杯ですな(笑)。

昔のアイロンでは火熨斗というのがありますね。
鉄の容器に炭を入れて使っていたようですが、
江戸時代から使われたいたかは存じ上げず・・・。

[2904]

>瑞閏殿
新婚の間くらいは幸せ一杯でいたいものだなぁ~と思います。周りからはいろいろと苦労話を聞かされてますので(^^;
>火熨斗
そうでした!確かにそのようなものでしたね。
江戸に興味をもっていても、さすがにアイロンまでは興味の範疇が届かず、まったくノーチェックでございました。Wikiの記述では江戸中期頃から使用されていた・・・とあり、驚きです。
ただ一般の家庭で使われていたというよりは、きっと着物関連の職人の間で使われていたものだったのでしょうと推測しています。
江戸を復活した暁にはちょっと調査してみたい内容でありますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1370-b1ea551a

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。