スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往復250kmでのパンフルート講義

本日は、茨城県龍ヶ崎市において活動されている
「パンフルート愛好会・ハーモニックス」
の会長さん宅にお邪魔して、パンフルート講義(笛講義)を受けて参りました。


「上手くなってきたかも?」
と少しでも思っていた自分が恥ずかしい。


------------------------------------
■mmbannbuuさんBLOG
無農薬・有機肥料・パンフルート・尺八
------------------------------------


以前にもお邪魔してレッスンを受けさせていただいた時から2年が経ちました。
「多少は成長した姿をおみせすることができるかも?!」
と思っていたのですが、改めて自分の未熟さを思い知るばかりでした。
というのも、ハーモニックスの会長mmbannbuuさんの音と自分の音を比べさせてもらったのですが、一回聴いただけではっきりと分かるくらい、明らかに音色に違いがあるんですよね。
mmbannbuuさん曰く
「パンフルートの音色には、倍音が関係してきます」>
という事なんだそうです。
そこで、実際に出した音を「尺八運指チューナー」というツールを使って、周波数による倍音の出方をチェックしていただきました。


たとえばC(ド)の音を鳴らすと、その基本となる周波数帯があります。
そしてその基本周波数帯の整数倍(2倍、3倍・・・)という音、これを『倍音』というのですが、これが出る・出ないによって、音の響きに違いが出てくるようなのです。
mmbannbuuさんのドレミファソラシドをチェックしていくと、基本周波数帯の他に整数倍の周波数帯にて、グラフに変化が出ています。
武之介のドレミファソラシドだと、基本周波数帯のみ・・・つまり倍音がまったく出ていません。
「パンフルートは閉鎖管なので1倍音と3倍音が出ている。この間の倍音がほんの少しでている楽器。この倍音が上手く出ていると、楽器としての音色が良い」
という事で、この「2倍音」が重要なんだとか。
で、試しに武之介の音を尺八運指チューナーで拾ってみるとこうなります。
20110626_01.jpg
■例:武之介のオクターブ上C
青丸が基本周波数。
赤丸が倍音。
紫丸が3倍音。
緑丸は音圧(70を越えている辺りならOK)

「2倍の倍音」にあたる周波数帯の音が出ていません
悲しいくらいに出ていません。(つД`)
でもmmbannbuuさんのドレミファソラシドだと、この倍音がしっかりとグラフ上に現れているんですよね。

前々から
「単調な音に聞こえる」
と思っていたのですが、この倍音がまったく使えていない事が原因の一つでもあったようです。

ではこの倍音を出すようにするにはどうしたらよいか?というと
「歌を歌う時と同じ事をやる」
というのが基本になるようで
「腹筋を意識する」
「喉仏を下げて喉を広げる」
「口腔・鼻孔で音を鳴らす(共鳴)を意識する」
大束先生も「基本は歌」とおっしゃっておられました。
まったく同じ事を、mmbannbuuさんも様々な試行錯誤の結果から導き出したそうです。

今回のmmbannbuuさんのパンフルート講義においては、
『良い音色を求めるために、口腔・鼻腔を使った倍音を意識する』
を一番強く教えて頂きました。


自分一人で練習をしていると、単に楽譜の音符が吹けるようになれば
「上手くなった!」ヽ(^∀^ )ノ
と思ってしまいがちですが、こういった基本的な事がおろそかになっていると、いつまでたっても中途半端な演奏しか出来ないという事なのでしょうね。

反省。

曲の演奏ばかりに夢中になってしまい、こういった事がおろそかになってました。
今回のパンフルート講義のアドバイスを今後の練習にも生かさないといけませんね。
その為にはどのようにしたら良いか?
これから少しずつ考えていきたいと思います。
mbannbuuさん、貴重なご意見誠にありがとうございました。



所でmbannbuuさんといえば、
「とても素敵なパンフルートをお作りになる」
という事でも有名だったりします。
『楽器は見栄えも性能』
とおっしゃるくらい、性能はもちろんのこと見栄えについても懲りに凝っておられていて、とても美しいパンフルートが一杯ならんでおりました。
試しに何本かのパンフルートを吹かせて頂きましたが、どれも素晴らしいです。
あのような素敵なパンフルートで演奏できると、さぞかしカッコイイのでしょうね!

ちなみに、埼玉県春日部市のサトウ楽器(?)さんなるところにmbannbuuさん自作のパンフルートを卸しているとのことなので、興味がある方はmbannbuuさんのサイトにてご確認した後に問い合わせしてみると良いかと思います。
本当に素敵です!
赤い房がとても印象的でしたね。
まさに「飾っておきたくなる」くらいです。


素敵なパンフルートを吹くことができ、楽器制作にまつわる話を聞くことが出来、そして演奏指導もしていただけたと、とても充実した時間を過ごす事ができました。
往復250kmはちょっと大変でしたが、それに見合う素晴らしい時間でした。
mbannbuuさんには、重ねて御礼申し上げます。
今回も様々な事を勉強させていただきました。
誠にありがとうございました。

まだまだ未熟。
だけど今後もがんばるぞ!ヽ(^∀^ )ノ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1332-b639b4c7

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。