NHKスペシャル「写楽 ~天才絵師の正体を追う~」をみて、浮世絵熱急上昇中!

NHKスペシャル「写楽 ~天才絵師の正体を追う~」を見てました。
久しぶりに浮世絵を満喫できる時間を過ごすことができて、面白かったなぁ。



個人的には
「写楽は誰なのか?」
というものにはあまり興味がなく、単純に写楽という浮世絵師が描いた独特の役者絵の数々に興味がありました。
「わずか10ヶ月であれほど変わってしまうのか?!」Σ(゚Д゚)
と、驚いてしまうくらいの作風の変わりようには、初めて写楽を知った当時も驚いたものです。


「あまりに真を画かんとして、あらぬさまにかきしかば、長く世に行なわれず、一両年にして止む」
という浮世絵類考の一文にある通り、あからさまに「真実を描きすぎてしまった」(笑)という事で嫌われてしまい、売れずに消えていってしまったという説になるほどなぁと感じてました。
浮世絵や役者絵とかは、芝居の宣伝はもちろんのこと、当時のファッション流行の最先端を取り扱っていたもの。
江戸土産としても喜ばれたという事もあったほどですから、普通に考えれば
「カッコイイ男性や綺麗な女性の方が嬉しい」
となるものです。(例えそれが真実とは違うとしても)
お土産としてせっかくもらっても、いかついお顔をした男性が扮した娘さんじゃぁ喜ばないよなぁ。(^^;
ブロマイド写真みたいな使われ方もあっただろうし。

今風(?)に考えると

『素敵でカッコイイモデルさんがのっているブロマイド写真に、私のようなブサメンが載っていても、誰も喜ばない』(笑)

ということでしょう。
となると、なんで写楽にあれほど書かせたのだろうか?となるわけですが、蔦屋重三郎の目には、とても面白いものに思えたのかもしれませんね。
で、売れないからあわてて修正させた・・・と。


今回の放送で面白かったのは
「写楽の肉筆画があった」
ということ。
北斎や歌麿といった肉筆画は見たことがありましたが、写楽の肉筆画というのは初めて見ました。全然知りませんでした。
やっぱり私程度の知識では、まだまだ素人のレベルだよっていう所なんだろうね。


この「写楽」について、Twitterで検索してみたところ、なんと、東京国立博物館平成館にて
写楽展
なるものが開催されているんだとかっ?!!Σ(゚Д゚)
番組内で紹介されていた「肉筆画」も展示されているのかなぁ。

うわぁ、久しぶりに見たいと思える展示会をみつけてしまいました。
ああぁ、行きたい行きたい行きたいぞぉ。
21日に東京に行く用事があるので、見に行くかっ!!!( ^▽^)
スポンサーサイト

Comment

[2807] 以前聞いた

写楽、ご覧になられたようで。
いつもより遅くまで起きていたので声だけきいておりました。この人の謎はけっこう興味を掻き立てられるのでなぞの部分が好きなんですけども。
以前やはりNHKでやっていた番組の説では、朝鮮通信使に従ってやってきた韓国人絵師だという話でした。これはかなり興味深くみました。ちょうど朝鮮通信使来日の間の活動でそのために忽然と消えたという話でした。しかし最後の真偽は覚えてません。どうだったか…といったぐあいです。

[2808]

■ 椿三十郎殿
「写楽は誰か?」
という話はネタに尽きなかったようで、様々な説が浮上していましたよね。
まぁ今となっては、どの説についても真偽は確かめようがないわけですが、だからこそあれやこれやと想像するのが楽しいのだと思います。
江戸時代だって、全部を知ってしまうと返ってつまらなくなってしまうと思いますからね。
分からないからこそ「調べてみよう」という気持ちにつながりますし、「知りたい」という欲求が出てくる。
研究ってこういう思いがつのった結果なのでしょうね。


というわけで、まぁ個人的には「真偽のほど」については、どちらでもよいかなぁと思っています。
研究者としては失格なのでしょうが。(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1309-7efcda3b

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する