パンフルートの管が割れました・・・(つД`)

新しいパンフルートの管が割れました・・・(つД`)
パンフルートの管が割れた


コブクロの「桜」がやっと吹けるようになってきて気分最高潮だっただけに残念。

気候が合わないのだろうか・・・むぅ。

スポンサーサイト

Comment

[2771]

またもやお気の毒です。

どうも写真を見ると接着、あるいは隣の管との膨張率の違いが問題の様に見えます。
竹製のパンフルートの手入れ法は知りませんが、たとえば脂を吸収させる等の方法はだめでしょうか?

ドゥドゥクのリード以外の部分はクルミの油で磨くのですけれど、乾性油のため表面に膜を作るため乾燥や傷から守る効果があるそうです。
水分を油分で置換すると割れにくいのでは?

[2773]

■T.Y殿
残念ではありますが、作ってくださった大束先生も同じ思いであると思いますので、めげずに修理から帰ってくるのを待ちたいと思います。
さらにパワーアップして帰ってくるかもしれませんから。(^^

私自身で出来ることがあれば、いろいと対策をとりたいなぁ~とは思っておりました。
手入れ方法ですか・・・その辺りも先生に助言をうけてみようと思います。
確かに前のパンフルートはニスが塗ってあるので、乾燥やキズから守る効果が出ていたのかもしれませんね。

楽器って難しいなぁって思います。
その数倍楽しいなって思いますけどね!

[2776] 竹は冬に弱い

竹は寒暖乾湿の急激な変化に弱いです。尺八などは乾燥地に持っていくと必ずと言っていいほど割れます。

[2781]

■ じなしふくぞう殿
ありがとうございます。
アドバイスを参考にさせていただきます。

[2783]

竹が割れる原因は

① 油抜き不足
② 竹の年齢が若い
③ 管の本体に乾湿差を与えない(内  外を塗装する)
以上可能性の順序でピックアプしてみました。
27台ほど拵えましたが、3番目に拵えたものに1個所割れが出ましたが、他に割れた例はありません、① 油抜き不足が原因と思いました。

[2784]

■ mmbannbuu殿
油抜きなんていう作業があるのですか?
管の本体に乾湿差を与えないために塗装するというのを篠笛を演奏される方から聞いたことがありましたが、竹という材料にて楽器を作る場合はいろいろ注意しなければならない所があるのですね。

参考にさせていただきます。
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1285-9c3efccf

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する