下野市民合唱祭で「第九」を歌ってきました!

本日は、栃木県下野市の自治医科大学大講堂にて行われた
「市制5周年記念 下野市民音楽祭」
に出場してきました。

武之介は下野市民ではないのですが、合唱お助けの名目で、1年以上前から合唱団に参加しておりました。
今日はその練習してきた成果を発表です!!

歌うは
『ベートーベン交響曲第9番』



2009年の11月頃から練習をしてきた合唱団。
発足当初は
『第九を歌ったことがない』
という方が数多く、それに加えて
『男性が絶対的に少ない』(バス+テノールで10人ちょっと!!!)
『アルトに人数が偏りすぎている』(ソプラノは高いので敬遠されがち)
という事もあって、
「どうなってしまうんだろう?(゚Д゚;)」
という状況でした。
指揮者の先生も編成に大変苦労されたかと思います。

そんな合唱団も一年以上に渡って練習を続けてきた事により、ほとんどの方が第九を暗譜で歌いきれるまで成長。
(すげぇっ!!Σ(゚Д゚))
あれほど不安定だった音程もそれなりにまとまり、出だしの飛び出しやテンポの間違いなども序々に少なくなっていき、そして今日の本番では今までにないくらいの合唱の出来だったと思います。
「一年以上かけてきた練習の成果を全て出し切るぞ!」
みたいな気持ちが、参加者の方々の中にも芽生えてきていたのでしょうね。
すごい熱唱でした。
歌っていてとても楽しかった。
やっぱり長い練習などをして苦労が大きかった分、得られる感動の量も違うね~。


大きなオーケストラや、著名な指揮者、大舞台での合唱といった
「凄い第九」
というのも楽しいけれど、こういったコツコツ積み重ねてきた第九というのは、また違った楽しみ・面白さがあると思います。
皆が一つにまとまって「第九を作り上げる」という、そんな団結力みたいなものを至るところから感じる事ができました。


練習を通して、今回の合唱団からもいろんな事を学ばせていただきました。
指揮者の荻野久一先生、治子先生。
ソリストの方々、下野市民音楽祭管弦楽団の皆様。
会場準備などに奔走してくださったスタッフの皆様。
そして一年以上に渡って、同じ第九の練習に付き合って下さいました合唱団の皆様。
ありがとうございました。
おかげさまでとても楽しい時間を過ごす事ができました。
またこれでより一層合唱を、そして第九を好きになることができたと思います。
また機会がありましたら、このメンバーで第九を歌いたいものですね。


ブラボーーッ!!ヽ(^∀^ )ノ
スポンサーサイト

Comment

[2734] 一兵卒

合唱、合奏、はパートがありそれぞれ各個人が受け持って他と合わせていくところに面白みがあるのだと思います。
で、何が言いたいかというと…
小沢さん、もうあきらめ?火のないところに煙は立たんというよ。職業柄わかってると思うけど。
毎回、武之助さんの合唱の話を読んでいると皆さんの精進の過程が想像できてとても楽しそうな感じがいつもします。そう思うと一個人としてフルに音楽の力を出せる合唱はいいなぁと言いたいわけです。
…検討…

[2737]

■ 椿三十郎殿
合唱は「各パートがハモることによって作り上げる音楽」という全体音楽ですからね。
一人一人が頑張りすぎてもだめ。チームワークが問われるものですので、そういった所に良さを感じるのでしょう。

合唱は極端な話、「声だけあれば良い」というわけですから、入るのは簡単ですよ?音痴な私でも何とかなってますし。(^^;
合唱にはいってからというもの、音楽の世界は確実に広がっているため、今では入って良かったと思っています。
椿さんもよろしければぜひ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1268-6831d550

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する