スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パンフルート演奏】鹿沼パンフルート同好会練習日(2010/12/15)

毎週水曜日は、鹿沼パンフルート同好会の練習日にしています。
鹿沼市文化活動交流館・多目的工房室にて19:00~21:00まで。
(週末も自主練習と称して練習しています。正式な練習日ではありませんが)


横浜パンフルート愛好会さんの例会に参加して、ますます練習意欲が増しております。
さっそく横浜のO先生に教わったアドバイスを元に、今宵もロングトーンから練習を開始です。

「歌うように吹く」(゚Д゚)b


■本日の練習
・1オクターブ領域でのロングトーン(4拍・6拍・8拍)
・2,3,4,5飛び
・半音、スケール練習
・タブルタンギング
・練習譜7~20
・練習曲
・パンの夢
・カントリーロード
・となりのトトロ
・カノン
・荒野のはてに


■練習について
横浜さんでの基礎練習において
「タンギング」
「ロングトーン」
はやはり大事なものなのだという事を再認識したため、今日はいつもより長めにこの2つの練習に時間を割きました。

これに加え、個人的にO先生よりアドバイスいただいた
「吹く時は喉を広げる感じで吹くと、音が繋がる」
という事をさっそく実践。
喉を広げるようにするのは合唱でも良くやっていることなのですが、これをパンフルートでやると、喉の方に意識が集中するあまり、アンプシュアの形が崩れてしまいがち。(つД`)
なかなか上手くいきません、引き続き練習が必要の模様。

またブレスの際に
「喉を呼吸をしているため、スゥ!という呼吸音が大きく聞こえる」
という指摘をいただきました。
これを回避するためには「下腹を意識的に張る」という事をやると、自然と呼吸が入ってくるんだそうです。
試しに、限界まで息を吐き続けて下腹をへこませたあと、下腹に力をいれて張らせてみると、確かに自然と呼吸ができる。
もしかしてこれが腹式呼吸なのか?と今更ながら理解した次第です。(^^;
合唱でやっているハズなのに、同じ事をやろうとすると、パンフルートではどうも上手くいきません。
なかなか難しいね。


■アメイジンググレイス
新しい事をチャレンジするときは、やっぱり一番慣れたこの曲でやるのが一番分かりやすい。
一応、意識的に「喉を広げるつもりで」「ブレスは腹を意識」でやってみたつもりなのですが、まだまだの模様。



もっと滑らかに流れるようなアメイジンググレイスを表現したいなぁ。

スポンサーサイト

Comment

[2707]

横浜さんたちの影響をとても善く受けているように思います。今日のをきくとうまく流れているように聞こえました。交流はとてもいいものですね。また、再びの交流で腕をあげられるでしょう。
さて、今日、押入れに電気ストーブがあるかないかでゴソゴソ手伝っているとソプラノ笛が出てきました。母のモンですがいらないならちょんだい、ときくといいよというのでもらいました。気軽に吹いて楽しんでみようとおもいます。

[2708]

■ 椿三十郎殿
パンフルートを始めたおかげで、いろんな方々を知り合いになることができました。
もっとたくさんの方々とお会いして、もっといろんな世界をかいま見たい・・・そんな気持ちでおります。
その上でパンフルート演奏がもっと上手くなれると良いですね。

ソプラノ笛とは、リコーダーでしょうか?
リコーダーもあながちバカにできない楽器ですので、練習すればきっと素晴らしい演奏ができるようになるかと思います。
でもまずはおっしゃる通り「楽しむ」ことだと思いますよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1247-f5f5048a

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。