スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハ長調、ト長調、ヘ長調、変ホ長調・・・・・・Part3

パンフルートを初めて1年4ヶ月。
やっと「長音階」というものを理解することができました。(つД`)イマサラ...


長調というのは、基準音から1音ずつ上がる際に
「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」
という幅で上がっていくもの。
これは
『ハ長調、ヘ長調、ト長調といった「長調」とつく全ての調はこの幅で音が上がっていく』
という事を、今日初めて知りました。



絶望したっ!!!Σ(゚Д゚;)

音楽知識の「超基本」の事すら知らずに演奏していた自分自身に絶望したっ!!Σ(゚Д゚;)


ここ最近「長調・短調」といった事を考えるようになった事で、改めて鍵盤を叩いてみたら、全ての長調がこの音の幅で音が上がっていくではありませんか。
ハ長調、ヘ長調、ト長調がそれぞれ独自の音の幅で上がっていくものだとばかり思ってた。
ハ長調・ヘ長調・ト長調がたまたま同じ幅で上がっていくのだとばかり思ってた。



ハ長調、ト長調、ヘ長調、変ホ長調・・・・・・ヽ(`Д´)ノフンガーーー!!!!
ハ長調、ト長調、ヘ長調、変ホ長調・・・・・・Part2
とかいう記事を投稿して分かった気になってなっていた自分が恥ずかしい・・・。
ボツだっ!
ボツだこのやろうっ!!ヽ(`Д´)ノ



全ての長調は
「基準音(スタート音)が異なるだけで、音の上がる幅が全て同じ」
という、分かってみれば凄く単純な事だった。
小学生でも知っているような事を30過ぎた人間が1年半かけてやっと理解している辺り、武之介の音楽知識のトンチンカンぶりがよくお分かりになったかと思います。
こんな状態でよくもまぁ音楽祭に出場するのを決意したもんだと内心呆れるばかりではあります。

こんな感じで1歩1歩微速前進亀の如く!少しずつ勉強しなおし中。


<ハ長調>

<ト長調>




この本のおかげ。(つД`)
図書館で借りてきて良かった・・・

■やさしい楽典(ポケット音楽ブックス2)■

スポンサーサイト

Comment

[2623] う、わからぬ・・・

長調、短調、長調の全全半全全全半の上がり方の説明、はじめて理解できました。昔音楽の授業でそんな話をしとったように思います。その時はあんまりやる気がなかったので考えもしませんでしたが。
で、何がわからんかというと、
武之助さんが見せてくれたGは自分の持っている本のGとちょっと違います。ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソなんですがファが黒鍵のシャープのファなのです。でこれでいくと全全半全全、のあと、シャープのファは半音?全音?というとこでつまずいてしまいました。
これは図書館にGoですな。頑張って探してみようと思います。
学びの心に火がついた感じでちょっと興奮気味になってしまいました。
よくよく、この文を書いているうちに本を読み返してみると、きちんと図説されております。だけど、文章で書いておいてほしかったですよ。
とにかく、ちょっと勉強になったですよ。武之助さん、感謝でございます。

[2624] ぎゃーーーー!!大間違い!

■ 椿三十郎殿
きゃーーーーー!!
椿さんのおっしゃる通りです!
「全・全・半・全・全・全・半」
ですから、最後はファ#であってます!!

画像は修正いたしました。

パンフルートがG管だったから、ついいつもの癖でF#をわすれてました・・・(つД`)

ご指摘ありがとうございました。
今後もいろいろと大間違いをクリティカルヒットで出し続けるかと思いますが、その際にはツッコンでやってくださいまし。m(_ _)m

[2625] 全全半全全全半

自分があってるとちょっと照れ臭い気もしますが、久々に勉強した気分になれたのでよかったです。この間わかった、短調長調の変化、♭、♯の違いは面白いものですね、連続して変わっていく音階で半音ずらして鳴らすだけでおと的に並びがよく聞こえるというのは。不思議ではありますが自分はピアノなわけですが、この構造とこの並びを考えた人は天才だなぁと思います。

[2626]

■ 椿三十郎殿
>「連続して変わっていく音階で半音ずらして鳴らすだけでおと的に並びがよく聞こえる」
確かにこれは凄いよなぁ~って私も思った事があります。
そういうのを考えた上で作られたドレミ音階だと思うのですが、一体この音階を最初に考えたのは誰なのでしょうかね。
とはいえ文化が違えば音楽理論もまったく異なる所が面白いです。
江戸時代にドレミ音階の音楽を聴かせたところで
「変な音」
としか思わなかったかもしれませんね。(^^

「短調長調の変化、♭、♯の違いは面白い」
っと面白いと言えるようになったのは凄いなぁ~って思います。
これからもどんどん興味を持って貰って、練習もがんばってください!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1209-90426f8a

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。