【パンフルート演奏】鹿沼パンフルート同好会練習日(2010/8/4) 久しぶりにいろんな曲を吹いてみた

毎週水曜日は、鹿沼パンフルート同好会の練習日にしています。
鹿沼市文化活動交流館・創作工房室にて19:00~21:00まで。
(週末も自主練習と称して練習しています。正式な練習日ではありませんが)



カフェコンサート後の同好会初練習!!
今日は練習というよりも、久しぶりにコンサート曲以外の曲をいろいろ吹いてみました。
久しぶりすぎて全然吹けなくなっているものもあれば、思いの外音が出てくるようになった曲もあり、上手くなっているのか下手になっているかよく分かりません。(^^;


大束先生よりいただいた「カノン」にも初挑戦してみましたが・・・まったく駄目じゃぁぁああああ!!ヽ(`Д´)ノ


■本日の練習
・2、3、4、5度飛び
・スケール練習
・半音、ロングトーン
・練習譜01~20
・練習曲
・カントリーロード
・千の風になって
・カノン(NEW!)


■練習について
コンサート時の映像を見たところ、
・ブレスがあやふや
・左手にまだ力が入っている(固い?)
というのが目立ちました。
その部分を意識しつつ、ロングトーンが下手くそなのでそれを基礎練習中にも取り込んでいます。

コンサート曲を演奏していてわかったけど、穏やかで優しいメロディの曲は、音を伸ばす傾向なので、ロングトーンが駄目だとせっかくの曲が台無しになってしまうみたい。
基本中の基本なのでしょうが、それだけに難しいです。


■アメイジンググレイス


久しぶりにヘイリーさんのアメイジンググレイスをBGMにして吹いてみたけど、音が細いなぁ。
大束先生に
「もっとフォルテで!」
と良く言われるように、私の音はどうにもこうにも音がか細い
もっと強く吹いて、その上で息をコントロールできるようにしたいのですが、強くすればコントロールしきれず、ピーーー!と出たり、息抜け音が大きくなったりと非常に難しい。

アメイジンググレイスは曲全体がおだやかなメロディなので、こうも音が細いと非常に弱々しく感じられてしまうのです。
弱い音と優しい音は、似て非なるもの。
これじゃあ駄目だよなぁ。



■カントリーロード


約2ヶ月ぶりぐらいに吹いたかもしれません。
おかげでいろんな所がぐちゃぐちゃになってましたが、唯一良かった点は
「前より半音部分が(多少)マシになっている」
というところかな。
といっても、全ての半音が上手くいっているわけじゃないけどね・・・(つД`)

ジブリ曲はお子様受けが良いので、この曲の他にもう一曲吹けるようにしておきたい。
前吹いていた「ナウシカ」「もののけ姫」をやり直してみるのも良いかもしれない。
個人的には「トトロ」「ポニョ」が吹けるとGoodなんだけど、今の私のレベルでは無理。
次のカノンの演奏を聴いて頂ければ、それがよ~~~くわかります(泣)


■カノン

これでも「カノン」を吹いてみたつもりなんだとか。
(最初の4小節は飛ばしました)


どこがカノンじゃぁぁああああああ!!ヽ(`Д´)ノ


と自分自身にツッコミを思わずいれてしまうくらいのひどさです。
っていうか、これ「カノン」って言わないと、誰にも気付いてもらえないよ、とほほ。

この「パッヘルベル/ カノン」は、なだらかな中にも、
「ララララララ~♪」
みたいな感じで、流れるように音が移動していく部分が多々あります。
おまけに1オクターブ移動とかがバンバン出てくるし、使う音域も広い。
これをパンフルートで上手く演奏できるようになるのはとても難しいよう気がするのですが、大丈夫なのでしょうか?Σ(゚Д゚;)

大束先生から練習にと勧められた曲でもあるので、何とか吹けるようになりたいけど、かなり苦労しそうです。



ちなみにこっちが本物。
本当にこんな風に吹けるようになるのかなぁ。(つД`)



次の演奏会に向けての曲を検討中。
パートナーさんが決まらない状態である内は何を言っても絵空事なのですが、やはり地元でのデビュー戦には、それなりの思い入れのある曲で挑みたい。
何の曲をどのように演奏しようか・・・選曲って頭を悩ます事になりそうです。(^^;
スポンサーサイト

Comment

[2614] あっしにもさっぱり

最初のほうを飛ばしたとのことですが、たしかにわかりません(笑)。なにやら合奏の中の一つの楽器の楽譜を演奏しているだけにきこえました。カントリーロード、ちょっとした操作の間違いぐらいであると思えます。そういうわけで次回の舞台には、この曲どうですか?勝手ですが推します。
カノン。個人的にはなんか花が開花している映像を思い出してしまうのです。で、自分もこの曲弾けるようになれたらいいと思っています。アメイジンググレイスは弾いてみましたが、弾いてみてもいまいち実感が持てていません。簡単すぎるから、というのが理由なのです。下手なのですが、下手なりに満足のいく音符の量のある曲があればと贅沢なことを考えています。
弾いてみて実感が持てないのですが一つだけの手掛かりは、右手の主要メロディはいいとして左手のメロディの8小節、9小節を弾いたときにみぎとひだりの違いを意識できることです。このことが意識できるというのは大事なように思っております。
ちょこちょこ進化させていこうと思います。

[2615]

■ 椿三十郎殿
ええ、カノンは確かに分かりません。
なんせ、演奏している本人ですら分かっていない状態なので、逆に分かって頂けたら凄いです!(笑)
今日も練習してきたのですが、相変わらずよくわかりません。
こりゃあ誰かの模範演奏でもないと駄目かも・・・と思っていたりしてます。

アメイジンググレイスはバイエルなどでも簡単な方に選択されているくらいなので、まさに入門用だと思います。とはいえ、これはパンフルートに限ったことではないと思うのですが
「ただ楽譜に書いてある通りに演奏すれば良い」
というわけではないのです。
大束先生からのレッスンを受けることによって私も初めて気付かされたことなのですが、常に自分なりのイメージをもって曲を演奏しないと、
「その演奏で何を表現したいのかが見えてこない」
という風に聞き手にはきこえるそうです。

とはいえ、最初の内は演奏するだけで楽しい!という思いが大切なんじゃないか?と私なんかは思うので、弾きたい曲というのをたくさんみつけて、常に挑戦し続ける事こそ、長続きさせるコツだと思います。
長続きしちゃえば・・・あとはこっちのものですよ!(笑)
がんばりましょう!お互いに!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1204-6f04a958

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する