スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫好きは必見!!「にゃんとも猫だらけ展」が京都で開催中!




(゚Д゚)


( ゚ Д ゚ )



(  ゚  Д  ゚  )






ネコ様と戯れたい・・・(*´∀`)

と動画を見て悶えてしまった方には、是非ともオススメしたい展示会情報がございます。

ただ今京都では「にゃんとも猫だらけ展」というスンバラシイ!展示会が開催中なんだとか。Σ(゚Д゚)ニャント!!!
江戸時代の浮世絵師で、大の猫好きとして知られる「歌川国芳」を始め、様々なネコ様の浮世絵が展示されている模様。
うぅぅ・・・見に行きたい。
http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/nyantomo-nekodarake/


残念ながら東京開催は既に終わってしまった後らしい。
さすがに京都まで足を運ぶ事ができません。
せめて、この展示会をご覧になられた方の感想だけでも可能であればお聞きしたいものです。


江戸時代にもし行くことができたら、北斎先生も良いけれど、それ以上に国芳先生のもとに転がり込みたいと思っている今日この頃でございます(笑)
あぁ、ネコ飼いたい・・・
スポンサーサイト

Comment

[2564] 手と手

箱の中のおもちゃの手をひっぱりだしたくてしょうがないのか、助けたかったのか、とにかくかんがえるネコというのが面白かったです。
ネコだらけ展、京都なのでいってみようか、と思っています。京都駅より大阪へ下ること六つか七つ目なのですが、なぜか大阪に出るより電車賃が高いというのがネックです。京都はJR東海、大阪はJR西日本、この違い、なんとかしてほしいだす。

[2567]

■ 椿三十郎殿
もし見に行かれましたら、ぜひとも感想をお聴かせ下さい!!
江戸時代にもこういったネコ愛好家の方がたくさんいらっしゃったようなので、その思いがぎっしりとつまった展示会は、ネコが好きな方にはたまらないと思います。

京都と大阪で、ちょうど区切りが違うのですね。
乗っている人間には距離的なもので金銭を判断しますから、確かにそういった管轄外による金銭面負担というのは、辛いものがあります。

京都とか久しぶりに行ってみたいナァ~と思ってはいるものの、なかなか実行できず幾星霜・・・(つД`)

[2572] 感想

さっそく、いってきました。一時間半かけてじっくりみました。歌川国芳さんの作品が多数をしめていました。有名な6∼8匹の猫で顔の形を構成している、あの絵とか美人絵の着物にネコの柄があったりするだけのモノ、あと化け猫退治の絵で月本因幡の助という役がらの絵などがありました。化け猫の絵は、その当時大当たりの舞台だったのか、スタンダードでメジャーなものだったのかはわかりませんが、それだけで5,6枚の作品がありました。その他、モデルの女性に抱かれたり、ふところに入っておとなしく、などけっこうたくさんありました。
個人的に気になった作品は、揚州周延、尾形月耕という今回、初耳の方々の作品でした。揚州周延は明治の香りがする感じの作品で見た感じとてもハイカラな感じです。大正時代の広告に出てくる美人画のハシリのように見えました。尾形月耕はとても奥行きを感じさせる構成の絵で思うに西洋の遠近法を勉強していたように思える作風でした。
今日は久々にゆったりと電車に乗れて気持ちがよかったです。いつも一人外出の時は食い気飲み気がどっと出てすぐなんか飲み食いしてしまうのですが、今日はなんか気持ちが1/Fの心持でがつがつしてなかったので気持ちの良い疲れを感じました。でも帰りはやっぱり売店でジャムパンを食ってしまいました。

[2574] おおおおおおおおお!!

■ 椿三十郎殿
おおお!!さっそくいかれましたか!
やはり国芳先生の絵が多かったようですね。
猫好きで彼の右に出る者はいないと思っていましたので。(^^
国芳先生の猫好きぶりはかなりのものなので、様々な浮世絵に猫が登場しています。今後、彼の絵をみる機会があれば、ぜひともじっくり眺めてみてください。(^^


揚州周延、尾形月耕という絵師は初耳です。
内容からさっするに、幕末・明治に浮世絵師のようですね。
そのころの絵師ですと、私は月岡芳年という絵師が好きだったりします。彼の絵は一種の凄みのある絵ですので、見るときっとオドロクと思いますよ。
ちなみに国芳先生のお弟子さんだったりします。猫絵はないみたいでしたが。(^^;


たまにはこういった絵画などを参照するのも良い事だと思いますよ?
「芸術」という言葉で堅苦しく表現せずに、もっと軽い気持ちでこういった作品達を堪能できるようになれば、もっと面白さが増してくるんだろうなぁ~って思っています。
浮世絵だけでなく、西洋画や版画といった様々な作品に対しても、どうような気持ちをもって接することができるようになれれば嬉しいものですね。

ご感想ありがとうございました!
私も久しぶりに浮世絵がみたくなってきちゃいました。
広重美術館にでも足を運んでみようかなぁ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1193-bdbc5535

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。