「日光市合唱フェスティバル」に参加してきました。ベートーベンの第九は最高でした!!

バイオリンとチェロによる「歓喜の調べ」が細々と始まる。
でもこれだけじゃとても「歓喜」というメロディにはなりえない。
ホルンやトロンボーンが加わる・・・でもまだ足りない
オーボエやクラリネットも加わってみる・・・また足りない
フルートやファゴット達も音の厚みを加える・・・もうちょっと!!
じゃあ、ティンパニやドラムも加えてこれでどうだっ!!ヽ(`Д´)ノ
「これだ!このメロディだ!!さぁこれで行こう!」
とばかりに、歓喜のメロディの完成型がジャーーーーーーンと会場中に鳴り響く!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


バリトンソロの
「友よ。調べをかえて いざ声 朗らかにあげん 喜びの歌」
のくだりが始まると、会場中がシーンと静まりかえる。
歓喜の調べでうるさいくらいに賑やかだったメロディがやむ中、会場中にバリトンソロの郎党とした声が響き渡る。
この静と動の切り替えの瞬間にある緊張感がたまらない。
ソロの歌声が序々に熱を帯びていき、そして男声合唱と共に
「友よっ!」
という叫びで歓喜の合唱が始まるのだっ!!ヽ(`Д´)ノ


3階席まで埋まった満員の観客席に向かって
「少しでもこの声を遠くに!遠くに!」
ソプラノが!アルトが!バスが!そして、我らがテノールの4つのパートが一体となり、歓喜の調べを会場中の隅々にまで響け!とばかりに爆発的に歌う!!


轟け響け!!歓喜の歌っ!!ヽ(`Д´)ノ



もう持ちうる声の全てを出しきりました・・・
去年の第九演奏会の時よりも、声が出てくるようになってる。
これは凄く嬉しい!!
「自分の声がここまで出るようになったのか!!」
というのを嬉しさ実感しながら、更なる歓喜を求めんがごとく、打ち震えながら、まさに喜びにのたうちながら、第九の合唱を歌ってきました。(≧▽≦)

200人以上もの人間が1つの舞台にあつまって、1つの楽曲を歌い上げるあのパワーは凄いとしか言いようがないね!
全員がそれぞれの持ちうる声を出し切った上で成り立つ歓喜のメロディ。
それだからこそ、やりきった後に得られるあの感動は、本当に言葉につくせないくらいに素晴らしいものでした。
これがあるからこそ、第九合唱を辞められないのでしょうね。


今回の演奏会にあたり、日光市の各合唱団の方々、一般参加の方々は
「2年間に渡って練習を続けてきた」
んだそうです。
その苦労はとても大変なことだったと思いますが、その舞台を完成させるためのお助けとして、今回参加出来たことをとても嬉しく思います。

素晴らしい舞台でした。
またこういう機会があれば、お助けでも全然かまわないので、参加できると嬉しいかぎりですね。

ブラボーーーーー!!ヽ(^∀^ )ノ
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1191-430e4b34

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する