スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇都宮北高校吹奏楽部 第24回定期演奏会」をみてきました。ウエストサイドストーリーが凄すぎる!これ最高!!

本日は、宇都宮市民文化会館にて行われた
「宇都宮北高校吹奏楽部 第24回定期演奏会」
を見に行ってきました。

去年の演奏会はとても面白い内容で、かなり楽しむ事ができました。


今回の内容は・・・・・・


面白かったぜーーーっ!!ヽ(^∀^ )ノ


■プログラム内容
第一部
・貴歌劇「天国と地獄」序曲
・クラリネット小協奏曲Op26
・歌劇「マノン・レスコー」より
 序奏・華やかに着飾っても・間奏曲・フィナーレ

第二部 The Wind Musical
・ウエスト・サイド・ストーリー

第三部
・スプリンキー・スプランキー
・ベイシー!
・ムーン・リヴァー
・ラプソディ・イン・ブルー


去年の記事を参考にして、開場時間より15分くらい前に開場を訪れてみたらビックリ。文化会館内からず~~~~~~っと列が既に出来ていて、館内に入りきらず、東口から公園内に入り込み、更に公園の東口にまで繋がる列が出来ている
(しかも待っていると、次々に列が伸びていく・・・)
「去年より早くきたのに、去年以上に列が並んでる」(゚Д゚)キャー
去年の内容からさっするに人気のある演奏会だとは思っていたけれども、想像以上でした。

文化会館は2000人収容できるというかなり大きなホールなのですが、開演前になったらそのほとんどの席が埋まってしまうという状態。
恐るべし、北高演奏会。



さて、第一部で面白かったなぁと思えたのが、一番最初に演奏された「天国と地獄」

この曲はご存知の方も多いはず!
運動会の徒競走などでは、もはや定番ともいえる音楽。
開始のトロンボーンとトランペットによる
「ダダーーン!!」
っていう合図?と共に元気よくいくか?と思えば、クラリネット・オーボエ・サックス・フルートのソロが思いの外良かったなぁ。
開始の派手さが一転、非常に聴かせるメロディが心地よい。
このメリハリさがいいねぇ。そしてそれぞれのソロが終わり、いよいよメインディッシュ(?)ともいえるあの部分が始まる!!
クラリネットの音からあのメロディが始まり、トランペット・トロンボーンの
「チャチャーンチャチャチャチャンチャンチャチャチャチャ!」
で賑やかになったところに、ティンパニーの「ダダダダダンダンダンダンッ!」、シンバルの<「ジャンジャンジャンジャーーン!」ヽ(`Д´)ノ

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

そうそう!これだよ、これ!
このリズミカルでテンポの良さがこの曲の良さ!
このド派手でめちゃくちゃな賑やかさ!!!
聴いているコチラもおもわずリズムに合わせて身体を揺すってしまうかのようなこのドタバタ感?が好きなんだよね!
「いそげーーー!!いそげーーー!」Σ(゚Д゚}})
と、思わず走り出したくなるくらいです。(笑)



クラリネット小協奏曲や歌劇「マノン・レスコー」も良かったけど、私は第一部では「天国と地獄」が一番好きだったなぁ。
吹奏楽といえば、トランペットやトロンボーンによる派手で賑やかな音に加え、ティンパニーのノリの良い打撃音に、クラリネットやオーボエ達が滑らかに乗る。その結果、派手で元気で賑やかな曲が出来上がるっていうのが、私は好きだなぁ。



さて、第二部。
第一部が終わった時点で、
「天国と地獄は良かったけど、他はあまり好みに合わなかったなぁ」
と、武之介的にはちょっと物足りなさ感が。
第二部はミュージカルってなっているけど、どうなんだろう?と思っていたら・・・なんとウエストサイドストーリーじゃないですかっ?!!!Σ(゚Д゚)
(演目で何やるのかを全然知らない状態で来てました)

シャーク団・ジェット団の抗争を表現したダンスが凄く面白い!
舞台上を右へ左でとステップで動き回り、ジャンプやバク転などを思いっきりとりいれ、所狭しと踊りまくる!!
音楽もダンスにまけじと、リズミカルなものばかり。
ダンスパーティなどの賑やかなシーンなどでは、ティンパニーなどのパーカッションが賑やかにテンポを奏で、それに華やかな管楽器達が「パパーン!」と鳴り響く!
「タンタンタンタン・タタンタタンタンタンタンタンマンボッ!!(゚Д゚)
ここ超大好き!
それだけではなく、愛をかたりあうなどの穏やかな場面には、滑らかで聴かせるメロディーにうっとり。
中でもとくに良かったなぁ~!って思ったのが
「台詞が一切無い」
っていう所。
台詞の代わりに登場人物達が踊ったりして思いを表現するわけだけど、それに加え楽器をソロで演奏するっていうシーンが心憎い!
あれだけバックで賑やかな演奏をしていた楽団の演奏が静かになり、フルートやサックスのソロ演奏が鳴り響くと、否が応でももの悲しさのようなものを感じてしまいます。
場面もちょうど悲しいシーンだったりするわけで・・・
「トニーとマリアの相容れない境遇」
というのをこれでもかっ!とばかりに表現。この演出はかなり凄かった。
動きの激しい所では賑やか演奏でこれでもかっ!!っていうくらいに盛り上げる。
そして悲しいシーンなどではソロ演奏などをふんだんに使って心理描写。
音楽だけでここまで表現できるものなのかぁ~とかなり驚かされました。

時間にして30分ちょっとだったと思うけど
「えっ?もう終わり??」
っていうくらい、夢中になって舞台にぞっこんになっておりました。
ダンスも素晴らしい。
演出も凄い!音楽は最高!
もう言うことないよ、これ、凄すぎ!!!ヽ(`Д´)ノ
高校生達が・・・しかも吹奏楽部の面々にもかかわらず、ここまで高度なミュージカルを作り上げてしまうというあたり、北高の底力のようなものを見せつけられたと思います。
うわぁ、ウエストサイドストーリーを思わず見たくなってしまったよ。
ちょっとDVD探してみようかな?って思ってしまうくらい、とても面白かった。
最高、超最高!
会場中が同じ思いだったらしく、最後に登場人物全員が登場してエンドロールになった時は、幕がおりた後も拍手がかなりの間鳴りやまなかったくらい、拍手大喝采でした。



そして休憩をおいた上でも興奮さめやらぬ状態のまま、第三部へ。
いいなぁって思ったのが
「ベイシー!」

ちょっとどの曲だったかは忘れてしまったのですが、クラリネットのメロディがすごく面白い所があったんだよね。
「おお、こりゃいい!!」(・∀・)イイ!!
っていう感じで、聴いているこちらもノリノリな気分になってしまって、思わず首を振りたくなるような気持ちになってしまった(笑)
トランペットやトロンボーンによる爆発的な賑やかさ、パーカッションの小気味良いテンポもあわさって、すごく楽しかった。
こういうのを聴いていると、ジャズも悪くないなぁ~って思う。


続けて演奏された「ムーンリバー」は、ベイシー!とはうってかわって、おちついたメロディの聴かせる曲。
「ティファニーで朝食を」の主題歌として用いられた曲なんだそうですが、じっくりと聴いていたいと思ってしまうくらいに、心地よかったねぇ。
ど派手な賑やかさの後に、こういった静で落ち着いた聴かせる曲をもってくると、メリハリが本当にきいて、場の雰囲気が良い感じで締まるなぁ~って思いますね。
聴いている観客の方も一休み?的な感じで、聴き入っていたように思います。



いやぁ、今回の演奏内容も、去年に見劣りしない素晴らしい内容でした。
なんと言っても、今回は「ウエストサイドストーリー」が凄すぎる。
欲を言えば、あれを第三部にもってきてもらい、感動した状態のままでフィナーレを迎える事ができれば、演出として最高だったんじゃないか?と思いましたが、まぁそれはそれで良かったということで。
あのミュージカルの出来は素晴らしいを通り越して、もう言葉が出ないくらいに凄かった。
いやぁ、ミュージカルって楽しいなぁ。特に、こんな風に音楽を吹奏楽で演奏してくれる作品は、場の雰囲気が吹奏楽の演奏からも伝わってくるかのようで、とても面白かった。
このミュージカルを作り上げるために、果たして彼らはどれくらい練習を重ねた事だろう?かなりの努力を重ねたのだろうなぁという事が容易に想像できます。
もう凄いとした言葉が出てきませんでした。

素晴らしい作品を見せて貰うことができ、本当に感激しました。
「北高の演奏会が何でこんなに人気があるの?」
って最初は思っていたけど、この内容を見せつけられては返す言葉がありません。

最高でした。
素晴らしい作品でした。
いやぁ、音楽って本当に楽しいなぁ、吹奏楽ってやっぱり面白い!
そんな風に思わせてくれた、とても楽しく、そして見所一杯の演奏会でしたヽ(^∀^ )ノ。

こりゃあ来年もいくしかないね!
今度は指定席を購入して、時間間際にゆっくり行くことにしよう(笑)
開場時刻から開演時刻まで1時間もあったのは、さすがに疲れたので(^^;




スポンサーサイト

Comment

[2518]

巨匠バーンスタインに、巨匠ベイシーに、
巨匠ヘンリー・マンシーニとは、
20世紀の偉大な音楽がてんこ盛りでしたね(笑)。

ムーンリバーはですね、主演のヘップバーンが
とても音痴なので(マイフェアレディでは吹き替えを使っています)、
マンシーニが1オクターブ内に治まる音程で作曲したと言う話がございますが、
それであんなたおやかなメロディが出来てしまうのですから、
巨匠はやはり凄い!(笑)。

[2520] ベイシー!

■ 瑞閏殿
ヘップバーンの音痴というのは初めて知りました。
演技と歌はまた別の才能が必要ということなのでしょうね。

20世紀の偉大な音楽家達が作り上げた音楽を堪能出来たのはとても良かったです。
中でも、ベイシーはかなり面白かった。
いざジャズを聴こうと思っても何から聴いて良いか迷う事がしばしばですが、彼の音楽からこの道に入り込んでみてもいいかなぁ~って思ってます。(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1159-d0716a89

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。