スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビギナー向けの野鳥観察会なるものが開催されるらしいです

瑞閏さんから教えていただいたのですが、5/16(日)に
全国一斉探鳥会
なるものが開催されるそうです。

実はちょっと前から、こういった野鳥観察に興味がありまして、瑞閏さんのBLOGをチラチラコソコソッと覗いていたのですが(笑)、野鳥観察に関しては完全に無知。
何にも知らない状態なだけに、どうすれば良いのかすら分からない状態。
瑞閏さん曰く
「各地で開かれている観察会などに参加してみると良い」
との事なので、ビギナー向けと題してあることでもあるし、これに参加してみようかなぁ~と思っています。


野鳥観察は、サイクリングと組み合わせもできるものだと思いますので、お互いの相乗効果もあれば、より一層趣味を楽しんでいけるかもしれません。
そして、そういった野鳥達がいるような公園で、パンフルートがふければ3重の楽しみとなるはず。


今年の新チャレンジ事項は
「野鳥観察」
にしてみてもいいかもしれません。
双眼鏡を片手に、ビデオカメラをもって、参加してみようかなぁ。

スポンサーサイト

Comment

[2511]

バードウィークがらみで、野鳥の会の全国の支部で探鳥会が行われるようですが、何故か我が神奈川県にはイベントがありません・・・。

9日の地元観察会は野鳥の会が受託する施設の主催になるので同じようなものですが、(私のような)中途半端な経験者を率いる、結局いつものボランティア観察会のスタッフさんなのです(笑)。

とりあえず、双眼鏡(最低限1万数千円程度のものが望ましい)と550円の図鑑(新・山野の鳥)があれば何とかなるのが野鳥観察ですし、貸出機材のある探鳥会も多いので、ご興味がおありでしたらぜひ。仲間が増えれば嬉しゅうございます。

[2513]

私も探鳥会に今年から入りました、龍ヶ崎バードウオッチングクラブ HP URL  http://rbwc.jp/index.html

ですブログにも書庫を設けました、暇な時にどうぞ。

[2514] 楽しみだ♪

■ 瑞閏殿
あらら、神奈川には無いんですか(^^;

双眼鏡は手持ちのものをそのまま持っていこうと思ってました。
また何もよく分からない観察会なので、いきなり高価な道具は買うのはナァ~と。(^^;
とりあえずコレをもっていってみて、後はスタッフさんなどにいろいろ聴いてみようと思います。

野鳥図鑑の方はまったく考えておりませんでした。
そういうのを見ながら、楽しむものなのですね?なるほど、勉強になります。

準備などで分からない点がありましたら、また相談さえて下さい。
私自身も、この観察会を通して、新たな趣味の一つが出来てくれれば?という事を願っていますので。

何だか楽しみになってきました!

■ mmbannbuu殿
mmbannbuuさんもいろいろな会に参加されているんですね~。
パンフルートに尺八、そして野鳥観察もですか、多趣味ですね!

今回の観察会をへて興味をもった暁には、拝見させていただきます!

[2516]

あ、双眼鏡はお持ちなんでしたか。

鳥見用は、コンパクトでかつそこそこの光学性能のものが望ましいですが、スタッフさんに聞けばいろいろ教えてくれるでしょう。

私は最近、スタッフさんのフィールドスコープをいじらせてもらっています(笑)。おそらく探鳥会で覗かせてもらえるでしょうが、遠くの小鳥が拡大されて見えるのは感動的ですらあります。あ、星見の方でフィールドスコープもご存知でしたっけかね。

野鳥の会で出している「新・山野の鳥」「新・水辺の鳥」は、コンパクトで携帯しやすい図鑑で、私が参加している探鳥会ではスタンダードになっています(皆で同じものを使うことで、知識を共有できるわけです)。

ただ、イラストと簡単な解説しかないため(あくまでフィールドでの識別用なのでしょう)、精細な写真を使った図鑑も別に持っています。凝り始めれば、多分図鑑も何冊か揃えたくなると思いますよ。

私が現在欲しいのは下記ですが、ちょっとお高い・・・(笑)。
http://www.birdfan.net/bw/fg/index.html



[2517]

■ 瑞閏殿
双眼鏡は安物のやつなので、たいした性能ではありません。
何も分からない状態ですので、とりあえず今回は勉強がてら
「観察会というのはどういうものなのか?」
「野鳥観察はどういう所が面白いのか?」
というのを少しでも知ることができればと思っています。

コンパクトで携帯しやすい図鑑っていうのはいいですね。
買う・・・のはちょっとおいておいて、とりあえずまずは図書館で調べてみようと思います(笑)


観察会にのめりこんだら、フィールドスコープも欲しくなるんだろうなぁ。
物欲で一杯になりそう(笑)

[2519]

期待に水をさすようでアレですが・・・。

私が初めて参加した観察会ではほとんど鳥の姿が見られず、カラスやトビやヒヨドリなどのありふれた鳥の他はわずかに上空高く飛んでいるノスリを見ただけでした。

だからがっかりしたかというとそうでもなく、鳥の声を聞いたり野草を見たりと言ったことも楽しかったので、探鳥会全体を楽しんできていただきたいですな。

ご参考までに野鳥の会のビギナー向け心得を貼っておきます。
http://www.birdfan.net/bw/field/tanchokai.html



[2521]

■  瑞閏殿
なるほど。
あまり期待を持ちすぎるのも問題ですね。
まぁありふれた鳥たちを見るだけでも、それなりに楽しめるんじゃないかなぁ~って思います。
いつもとは違った視点で彼らをみてみれば、驚きの事実を見つけてしまうかもしれませんから。

ビギナー向けの心得のご紹介ありがとうございます。
さっそく読んでみます!!

[2525]

フィールドスコープで観察させてもらう時の心得ですが・・・(笑)。

小鳥はすぐに飛んでいってしまうものですよね。
スタッフさんがフィールドスコープで鳥を捉えても、
参加者同士で譲り合っていてはせっかくの機会を逃してしまいますので、
スタッフさんから「入りました」とか「どうぞ」とか言われたら、
近くにいる人からすかさず覗かせてもらい、
確認出来たらすぐ次の人に譲るのがよろしいかと思います。

なるべくフィールドスコープご持参のスタッフさんに
くっついているのがチャンスを逃がさないコツでしょうか(笑)。

[2528]

■ 瑞閏殿
野鳥観察って本当に難しいです。
というのは、お客さん(笑)を撮影するときも、当然ながら被写体は動きまくっているので、シャッターをあわせるのが難しい!
おまけにズームなんかを使っていると、手ぶれの影響が大きく出てしまい、なかなか安定しません。
こういうのもコツがあるのでしょうね。

>なるべくフィールドスコープご持参のスタッフさんに
>くっついているのがチャンスを逃がさないコツでしょうか(笑)。
了解っ!!(゚Д゚)b

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1156-ae818100

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。