スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazing Grace 特集!

アメイジンググレイス特集!!ヽ(^∀^ )ノ

という事で、Youtube上にUpされていたパンフルートによるアメイジンググレイスをとりあげてみました。
演奏の参考になるかなぁ~と思って聴いていたけど、どれもこれも上手すぎる・・・。

「演奏する人によって曲の雰囲気ががらりと変わる」
っていう所がとても面白かったですね。

私もこんな風にふける様なりたいものです。
凄く綺麗な音色ばかりですよ!!



Brad White氏によるアメイジンググレイス。

12管パンフルートと思われる小さなパンフルートで奏でられるアメイジンググレイス。楽譜通りはなく多少アレンジされたバージョンは、いつものアメイジンググレイスとはちょっと違って、ポップな感じがしていて、とても面白い!
その上、非常に滑らかでパンフルート特有の
「かすれ音」
を遺憾なく披露してくれています。
こんな音を出せるようになるのが夢ですね。
すごいっ!!Σ(゚Д゚)





29管パンフルートという巨大なパンフルートによるアメイジンググレイス。
一度、大束先生の元でバスパンフルートというのを吹かせて貰いましたが、
「音が出ません」
でした。(つД`)
こんな重低音を出すためには、しっかりとした腹式呼吸に加え、正確なアンプシュア、息の流れ・向きなどが必要なんだろうねぇ。

最後のビブラートがすげぇっ!!Σ(゚Д゚)





これまた大きなパンフルートだなぁ!!
これだけ大きいのになると、音階移動が大変なハズなんだけど、そんなそぶりを全く見せてないのが凄いね。
余分な力がまったく入っていないようで、音も非常にクリアで滑らか。
こういうアメイジンググレイスもいいなぁ。




Artur Thomas氏のアメイジンググレイス。
背景にみえるのは教会かな?凄い所で演奏されております。
アメイジンググレイスの滑らかなリズムと非常にマッチした場面です。
1番と2番で、1オクターブ違った領域でのアメイジンググレイスはとても素敵です。
素晴らしい~。



すごいしっかりとしたタンギングが目立つアメイジンググレイス。
大束先生の言っていたアタック音である
「ポンッ」
っていう音がどういうものなのか?がこの演奏を聴くと、よく分かります。

これまた1番と2番で1オクターブ違った演奏になってます。
素晴らしい音色です。(つД`)




上にあげたJ. Newton氏のもう一つの演奏動画。
どっちのVersionも凄かった・・・



上手い人の演奏動画を見ていると、全員に共通していることが
「音を出す時に力んでいない」
っていうこと。
しっかりとフォルテで音が出せるようになってから、序々に息の量をコントロールして音を出す練習をしていった結果、このような演奏が出来るようになるんだろうなぁ、きっと。

同じアメイジンググレイスなんだけど、こうも違うのかと改めて驚かされました。
凄いなぁ~。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1154-f2742421

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。