「第27回宇高・宇女高第九演奏会」での男声合唱に驚いた!!

本日は、栃木県宇都宮市市民文化会館にて行われた
「第27回宇高・宇女高第九演奏会」
をみにいってきました。

(ちなみに去年の記事はこちら


いやぁ・・・高校生でも凄いものだなぁ~(゚Д゚)


去年同様の事を述べてしまいますが、やはりあれほどの合唱人数がいると圧巻ですね。
特に男性合唱の人数の多さにはいつも驚かされます。
うらやましいくらいです。
その上、宇高・宇女高のオーケストラ部、合唱部、2年生の音楽選択生徒をそれぞれ集めての合同演奏だったわけですが、あの広い舞台がとても狭く思えました。

これまた去年も書いた事なのですが、
「第九のメロディが緩やかだった」
というのが毎年気になります。
「栃木県楽友協会第九演奏会の演奏と比べると極端なくらいのテンポだったので、やはり指揮される先生によって、演奏表現が異なるという事なのでしょうね。
そういえば、栃響第九の時に先生が
「昔の第九はメロディをゆったりとさせて聞かせる第九だった。最近の第九は流行からか、やたらと早く(指揮を)振る」
とおっしゃっていたのですが、そういう意味では昔に近いものなのかも。


そして更に驚いた事があるのですが、なんと
「今年はインフルエンザ流行により、合同での練習はこの本番が初めてだった!」
という事です!!
すげーーーーーー!!!Σ(゚Д゚;)
これは本番終了後に指揮者の先生が会場に向かって言っていたことだったのですが、さすがにこれには会場中が驚いたようで、どよめきがあちこちから起こっておりました。
確かにオケの演奏と合唱・ソリストとの連携が
「あれれ?」
という箇所がいくつかあり、練習不足かな?と思えた部分があったけど、
「当日のみの合わせてよく個々までのレベルに仕上げたなぁ~」
という方で、逆に驚かされました。
栃響の時も、オケとの合わせ練習の時は散々苦労したっけなぁ~。(^^;


第九はとても楽しむ事ができました。
素晴らしかったです、あそこまでの演奏をするのは大変な苦労があったかと思いますが、努力の結晶でしょうね。
素晴らしい時間を堪能することができました。
高校生の諸君、ご苦労様でした!


と・・・綺麗に収まるかと思いきや、もう一つ良いな~って思った事が。
『宇高合唱団の男声合唱が素晴らしく良かった』
という事。
今回の演奏会では、これを語らずにはいわれません。(゚Д゚)b
特に斎太郎節の朗々とした重い響きのある男性合唱は最高っ!!
バリトン・バスの重く響き渡る声が発せられると、会場中に「ズンッ」っていう感じに震えが伝わってくるみたいでした。
その上、テノールのボリュームがすげーーー!!Σ(゚Д゚;)
あれほどの声量を維持しながら、あの音域を保ち続けるなんて・・・ちょっと脱帽です、いやはや凄い。
いろいろ勉強させてもらおう!なんて最初は思っていたんだけど、結局終始びっくりしっぱなしで、感激しまくっちゃってて勉強にならなかったなぁ~。
あの合唱には会場中が感動したらしく、演奏が終わるやいなや
「ブラボーー!!」
っていう声が上がったくらい。
まったく同感です。
私にもう少し度胸があれば叫んでいたかもしれません。(^^;


いやぁ、素晴らしい。
男声合唱の素晴らしさここにあり!!という感じでしたね。
ああいう合唱ができるのであれば、ぜひとも男声合唱にもチャレンジしてみたいなぁ。
来年はそっちの方面で新しい合唱団に所属してみようかな?なんて思ってしまいました。


何はともあれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
来年は指揮者の先生が変わるらしいのですが、それも含めて楽しみにさせていただきたいです。
また来年も行くぞっ!!ヽ(^∀^ )ノ
スポンサーサイト

Comment

[2389]

宇高オケ部のものです。

本日は演奏会においでいただきありがとうございます。

来年は今年以上のものをお見せしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

[2390]

■ 4番レフト殿
先日は、素晴らしい演奏をありがとうございました。
私自身が合唱団の人間であるため、どうしても視点が合唱に向いてしまいがちなのですが、オーケストラ側でもハレルヤ・第九を含めた演奏を
「わずか一日」
の合わせ練習であのレベルにまで仕上げた事には驚きを隠せません。
相当練習なされたのでしょうね、本当にご苦労様でした。

素晴らしい演奏あっての第九であると思いますので、来年もぜひとも頑張っていただきたいです。
期待しております!

[2391] 年の瀬ですねえ

ご無沙汰しております。
武之介さんの「第九」の記事を目にすると今年も後少し…と思えてきますね。
ずっと拝見していました。
パンフルートもがんばってますね。

ちょっと面白いことがあって、武之介さんにコメント送ってみようと思ったのです。
昨日最新作の「ゼルダの伝説」で遊んでいたら、アイテムとしてパンフルートが出てきまして、色々なメロディー(すごく短いんですけど)で秘密の情報が聞けたり、回復したりで楽しくて…
パンフルートの筒をペンでタッチして、ふーっと息を吹きかけるだけでパポーっという優しい音がします。
本物じゃないけど、パンフルート奏者ただいま大量発生中ですゾ。
知名度アップしそうですね。
そういえば、江戸検1級に2度目の挑戦をしたのですが、また落ちました。しくしく…
やっぱり頭が悪いのかしら。最初より少しましな点だったのが救いだけど。
なんかだんだんくやしくなってきたりする、今日この頃。
覚えてもザルで水をすくうように忘れるし。老化現象と合格とどっちが早いか競争してみようかなー
っと。

[2392]

■ きちえもん殿
お久しぶりです!
至る所で「第九」の演奏会が開かれていることを目にすると、年末なんだなぁ~と私も感じるようになってきました。
それだけ音楽にそまってきた証拠なのかもしれません。
来年は少しでも江戸の方もがんばらないと。(^^;


>パンフルート
ゼルダでですかっ?!
それはすごい!
確かに牧歌的な楽器でもあり、柔らかな音色ですから、ゼルダの世界観に合う楽器だとは思いますが、実際にアイテムとして使われることになろうとは・・。
メロディ付きともなれば、パンフルートがどういうものなのか?というのがわかるわけですから、確かにこれは一つの宣伝チャンスでもありますね。
どんな風にゲーム内で使用されているのか、ちょっと気になってきました。
だれからのPLAY動画でも見てみようかなぁ~。
>江戸
江戸検1級なんて難しすぎて、私には無理でしょうね。(^^;
今現在であれば、きっと3級ですら、あやしい状況じゃないかなぁ~なんて思っています。
とはいえ、1級の勉強で知り得た知識は無駄にはならないと思いますので、それを元にして、さらなる江戸の探求に挑むことができれば、それはそれで良いことなんじゃないかなぁ~って思いますね。

来年こそリベンジです!
その心意気のまま、来年も頑張ってくださいね!
合格された際には、ぜひともご連絡をお願いします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1079-a45e747f

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する