グローリア・アンサンブル・クワイアの演奏会に行ってきました。「レクイエム」って凄い曲だっ!!

本日は、宇都宮市教育会館にて行われた
グローリアアンサンブル・クワイア 第17回演奏会
に行ってきました。




モーツァルトのレクイエムってすげーーーーー楽しそうっ!!ヽ(^∀^ )ノ


出演者の方よりこの度チケットを頂くことができ、楽しみで仕方なかったこの演奏会。
以前からその評判は聞いていたので、自称合唱好きである武之介としては、ぜひとも聴いてみたいと思っていた演奏会でございました。


今回は
J.ラター『子供たちのミサ』
A.コレルリ『クリスマス協奏曲』
W.A.モーツァルト『レクイエム(バイヤー版)』
というプログラム。

『子供たちのミサ』の児童合唱団との共演も面白かったなぁ。
『クリスマス協奏曲』は弦楽器だけの演奏だったけど、予想以上に楽しくも聴き応えのある曲だったのがびっくりした。
特にチェロの演奏に特に惹かれたなぁ。
Youtubeあたりでもう一度じっくり聴いてみたいと思う。

そして何より・・・
『レクイエム』が凄いっ!!


オーケストラとの共演だったけど、
「オケの音量すらかき消すんじゃないか?」
と思えるくらいの合唱の声がホール内に響き渡るから、合唱団の存在感が凄い。
「ここまで出るモノなのか」(゚Д゚)
と終始驚いていたように思えます。。
それでいて単純に声量があるだけではなく、メリハリのきいた合唱だったからよりその声量が強調されるのでしょう。
弱い所は弱く・・・しかししっかりと歌いあげ、強調するところはこれでもかっ!!!と言わんばかりに合唱団が一つにまとまってウワーーー!!と声を上げる。
そのボリュームはまさに圧倒的
これぞ「合唱」!!キタ━━━━ヽ(^∀^ )ノ━━━━!!!!
約1時間にもおよぶ長時間の演奏だったのですが、それにも関わらず歌い続けることができる合唱団の技量・体力・集中力には大変驚かされました。

もう終わった時には感動しまくってしまい、アホみたいに拍手を送っていたと思います。(^^;
すげーーー!
すげーーーー!
めっちゃ楽しかったよ、レクイエム!!
素晴らしい演奏をありがとう!!!ヽ(゚∀゚)ノ


興奮冷めやらずという状態だったので、さっそくYoutubeで検索してみた。

「モーツァルト:レクイエム ニ短調 KV626」

すごいなぁ。
第九もそうだけど、歌っている最中にトランス状態みたいな感覚に陥ってしまうのでしょうね。
それほどまでに魅了させてしまうレクイエム。
またこれを作曲したモーツァルトという人物の凄さを改めて認識したかも。



とても楽しく面白く、そして興奮した演奏会でした。
やっぱり凄いなぁ、この合唱団は。
評判通り、いやそれ以上のものを感じた合唱だったと思います。
来年の演奏会もぜひとも聴きにいきたいね!
スポンサーサイト

Comment

[2352]

合唱業界で言うところのモツレクですな(笑)。
モーツァルトの作品はあまり好きではないのですが、
この曲の荘厳さは別格に好きです。

レクイエムでは、フォーレとか
ベルディの作品も有名ですが、
ベルディはちょっとおっかなそうで
未だ近寄りがたい・・・(笑)。

フォーレのレクイエムは叙情的で好きですが。

[2353] モツレク!!

■ 瑞閏殿
「モツレク」なんて言葉があるのですかっ!?
合唱の世界に入り込んで2年になりますが、まだまだ知らないことだらけだなぁ~と思うばかりです。

レクイエムは、2つのパターンがあるらしいですね。
どういった所が違うのか、聞き比べをしてみると面白いかも。


これでやっと、知ってるモーツァルトの曲が2曲になりました。
(アイネ・クライネ・ナハトムジーク+モツレク)
やっと2曲。(^^;
先はまだまだ長そうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://takenosuke.blog32.fc2.com/tb.php/1066-3babdf86

«  | HOME |  »

プロフィール

武之介(たけのすけ)

Author:武之介(たけのすけ)
悪ノリ大好き!でも小心者ナンデス。
そんな武之介の内なる声を余すところなく書き殴ったブログ!
表の仮面(笑)でもある、「上原半兵衛道場」もヨロシク!!
メールはこちら


follow takenosukenagao at http://twitter.com


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する